日産 新型車 発売予定をしているIMQ、IMxがe-POWERターボを搭載して登場

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

日産の不信度は半端ないようだ。極度の業績不振によって傾きかけているが、反撃の起爆剤になるかもしれないのが電動SUVだ。EVとe-POWERをパワーユニットにした2台のSUVが、これからの日産の命運を握る。1台はピュアEVのIMxで、もう一台がe-POWERターボを搭載するIMQ。ともに前後2モーターの4WDで走る電動SUVとなる予定。両車ともに早ければ2021年中には姿を見せるかもしれない。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆新型ピュアEVのIMx

NI_mainvisual01

IMxの特徴はピュアEVであること以外に先進の運転支援技術やコネクテッド技術が満載されていることで、コンセプトカーの段階ではドライバーの脳波を運転サポートに活かす技術も搭載されていると説明されているが、市販時には、そこまでは無理だろうという話もある。コンセプトかのボディサイズは全長4700mm、全幅1880mm、全高1620mmとなっている。

IMxからスタートする電動プラットフォームが今後の日産の主力技術となる。前後2モーター、前か後かの1モーターなど組み合わせは自由らしい。

ピュアEVのDセグメントSUVとして登場予定のIMxは、日産がこれからコアも出るとして力を入れている車で、最先端の運転支援技術、コネクテッド技術も満載なのだ。

スポンサーリンク

◆e-POWERターボ搭載のIMQ

20190115-10375899-carview-002-1-view

一方のIMQは3気筒、1.5リッターターボエンジンを発電専用に使い、IMxと同じく前後2モーターで駆動するeーPOWERターボとなる。IMxよりも一回り小さいCセグメントのSUVとなるだろう。

両車に採用されるモーターは2つ合せて435ps/71.4kgmの強大なパワーを誇り、日産はこのツインモータープラットフォームをベースに、電動化を推し進めていくことになる。価格はIMxが600万円前後、IMQが400万円前後になるという。

IMQはe-POWERターボのCセグメント電動SUVで、1.5リッターターボエンジンを発電専用に使い、合計435psの2つのモーターで駆動する4WDで、欧州初のe-POWER搭載車になる。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク