カローラ 新型 ツーリングを中心に販売台数を9000台超を目指すトヨタ

20190917-10446831-carview-016-1-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

セダンのカローラが7年ぶりに全面改良し発売をします。新たな設計思想であるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用し、グローバルモデルとプラットフォームを共通化しました。車体は現行の小型乗用車から普通乗用車サイズとなります。1966年の発売以来、初の大型化としたカローラは現在の低迷するセダン市場に一石を投じることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆新型カローラ SUVブームに一石

20190917-10446831-carview-000-1-view

カローラは世界150以上の国と地域で販売されているトヨタの看板モデルと言えます。その販売累計台数は4750台を超えており、これまで地域ごとに作り続けてきました。日本仕様の現行モデルは車台を小型車ヴィッツと共有し、5ナンバーサイズを貫いてきたのです。新型車はTNGAの採用により、普通乗用車の3ナンバーサイズとなりました。ただ、日本の道路事情に合わせて、2月発売の海外モデルに比べてコンパクトにしています。

9月17日の発表会では、カローラがベストセラーカーであり続けるため、良品廉価にこだわったと力を込めて話をしています。車体価格は税込みで193万6000円から設定しており、ランプやフロントをスポーティにするなどデザインを一新しました。スマートフォンと連携した音声操作ができるコネクテッド機能を搭載するなど、若者層に訴求をしつつ、足元の多目的スポーツ車のSUVブームに何とか一石を投じたいところでしょう。

今回はセダンとともにワゴンのツーリングもラインナップされました。これら2車種に発売済みのカローラスポーツを加えてシリーズ全体で月販売台数9400台を目指して販売をしていきます。ガソリンエンジンは1800ccとターボチャージャー搭載の1200ccを用意。両車ともにハイブリッド車の設定もされています。

安全装備にもこだわりました。予防安全パッケージであるトヨタ・セーフティセンスを全車種に標準搭載するなど安全技術を充実させました。TNGAで車両原価を抑えつつ、安全性や利便性を高めました。トヨタは世界販売台数1000万台を超える規模を活かしつつ、TNGAによる設計や部品の共用化で開発の効率化を進めています。16年に導入したカンパニー制とともに車の開発・設計手法を抜本的に改革してきました。4年間で15播種、累計300万台を切り替えています。

TNGAのコストメリットはカローラに対しても大きく貢献しており、車格の拡大と先進安全装備を標準化した上で、価格を前のモデルと同等レベルに抑えることに成功したといわれています。今後もカローラと同様、TNGAのメリットを生かしつつ、地域ごとのニーズを吸い上げた車両開発を加速していきます。小型車や商用車を含めて、2021年末までに18種類の新モデルを投入するという計画があります。これにより650万台もの新型車に置き換えます。

トヨタとしては多くの顧客に選ばれてきたカローラは本当に大事な車名であるとともに、街にたくさんあふれる大衆車になってほしいとコメントをしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク