新型フィット フルモデルチェンジがやっぱり気になる。

やっぱり気になる!ホンダの新型フィットの世界初公開。2モーターハイブリッド搭載に。発表は東京モーターショー2019にて行われます。今回、ホンダブースでは、「自分を、もっともっと連れ出すんだ」をメインコンセプトにし、2輪車では3台のワールドプレミアと4台のジャパンプレミア、4輪車では1台のワールドプレミアと2台のジャパンプレミア、ライフクリエーションでは1台のワールドプレミアを行う予定です。その4輪車のワールドプレミアが新型フィット、というわけですね。

ブースでは可動式の大型スクリーンを用意し、ホンダの製品やサービスを視覚や聴覚で体感できるような臨場感のある映像を投影できたり、家族全員で楽しめるいろんな体験型企画を準備しているといいます。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆気になる!?新型フィット

0

4輪車では、フルモデルチェンジを控えている新型のフィットを世界初公開します。4代目となる新型フィットは、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間や、多彩なシートアレンジなどを継承し、ハイブリッドモデルではより小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載します。「従来の使い勝手の良さはそのままに、乗った人が心地よいと感じるような、日常をさらに豊かにする車として生まれ変わる」というのです。

北米市場で導入され、日本では2020年初めに発売予定をしている新型のアコードや、9月のフランクフルトモーターショーで量産モデルが発表された後輪駆動モデルの新型EV、電気自動車であるホンダeをジャパンプレミアします。それに加えて10月18日に発売予定の新型のフリードや、スーパースポーツモデルのNSX、軽自動車のN-BOXシリーズという市販車の展示も行われる予定です。

スポンサーリンク

◆2輪車の世界初公開

00

2輪車では、スーパーカブシリーズのコンセプトモデルである「CT125」を世界初公開します。かつてのCTのコンセプトを踏襲したモデルで、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広で大型のキャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナーなどを装備し、シンプルでほかにないスタイリングを実現しているのです。

ビジネス用では電気コミューターの「BENLYe:」や「GYROe:」の2モデルも世界初公開します。ガソリンエンジンモデルで培った優れた積載性や耐久性、さまざまな場面で取り回しに優れるボディサイズ、配達ボックスの装着を考えた広く平らなリアデッキなど、業務用車両に求められる商品力はそのままに、電動化によって環境性能と静粛性を高めているといいます。

そのほか、市街地から郊外の荒れた路面まで走行可能なサスペンション、タイヤ、ライディングポジションを採用した、タフでアクティブなアドベンチャースタイルを追求したADV150もジャパンプレミアする予定です。このモデルでは2段階可変スクリーンやスマートキーシステムなどの採用によって日常シーンでの使い勝手の良さや快適性能も追及したといわれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク