次期シビック ハッチバック 登場は2020年1月に決定!内外装には変化なしに見えるが!?

1

2017年9月29日、8代目の販売終了以来7年ぶりに投入された現行シビック。2020年1月には約2年半ぶりにマイナーチェンジが行われます。新型シビックのティザー映像が公開されています。メーカー主義のホンダが販売店の意見はほとんどと取り入れられないほどでした。商品力は高いホンダの新型シビックが気になりますね。

スポンサーリンク

◆新型シビック デザイン変化なし!?

2

新型シビックのティザー画像が公開されていますが、ホームページにはハッチバックとセダンが映っているようです。発表は2020年1月で発売は1月23日になるということ。今回発表されるのはセダンとハッチバックのみでタイプRについては3か月あとに登場するという話もあります。そのためにタイプRだけ画像が公開されていないのかもしれません。セダンとハッチバックの改良内容についてはソフト面のみの改良なのかと思わせるほど、見た目には変化を感じさせないところがあります。具体的には内外装のデザイン変更、グレードの再編、ボディカラーの設定、安全対策の強化、価格設定の見直しなどと言われています。

エクステリアデザインはヘッドライトが新型のデザインになっているっぽいところ、ホンダ車のシンボルとなっているウイングタイプのフロントグリルのデザインを変更します。フロントバンパーに設置しているフォグランプハウジングも形状を変更してフロントマスクのイメージチェンジを行っています。エアインテークの形状が変更されておりLEDデイタイムランニングランプの位置も変更。ヘッドライトは今ではしっかりおなじみとなりましたLEDタイプが標準化されることになります。

フロア、トランク、フロント&リアフェンダーに遮音材を追加することにより静粛性を高めていきます。グレードの再編については従来設定されていました標準のホンダセンシング・レスのグレードが売れ行き不振のため廃止となり、ホンダセンシング付きの標準仕様とレザー、サンルーフが選べる上級バージョンのみとなりそうです。

カラーの設定も新しくなり、プラチナホワイトパール、ソニックグレーパール、オブシダンブルーパール、プレミアムクリスタルブルーメタリックの4色を追加します。ソフトウィーブトプライムスムースを採用します。このソフトウィーブとプライムスムースというのはステップワゴンにも採用されているもので、しっとりとした質感の素材で、上質な室内を演出するとともに、汚れやしわに強い機能性を誇ります。そして2.0ETC車載器も搭載。サンルーフはトップロードサンルーフと呼ばれるものを搭載し、手動で天井部をスライドさせて室内に光を入れることができます。これはハッチバックのCVT車にオプションで設定されます。ガラス部分は電動で開閉ができ、チルトアップ機能も装備しています。

スポンサーリンク

◆次期新型シビックの安全性能・価格

sedan_02

安全性能についてはホンダセンシングのラインアップで歩行者との衝突を避けるためのハンドル操作において回避装置、前方を走行するクルマへの追随機能を新たに追加します。価格についてはハッチバックの標準車が294万8000円。レザー&サンルーフ仕様が321万2000円になるということです。セダンについては276万1000円、標準レザー仕様が295万3500円となり、従来モデルからは5万から15万程度のアップとなりそうです。すでに従来モデルの生産は打ち切られており、在庫はほとんどなしという状況のようです。次期シビックの予約については事前予約が開始されているホンダカーズもあるということです。

今回のティザー画像で気になったのはシビックのタイプRがまだ表示されていないということです。2019年8月にホンダのウェブ上で間もなく販売終了となりますというアナウンサがなされました。すでに現行モデルについては完売しており、シビックシリーズについては2019年モデルはすでに販売が終了していますというアナウンスがなされています。シビックタイプRとハッチバックについてはイギリスのスウィンドン工場で製作されており、またセダンについては日本の寄居工場での製作になっています。2021年にはホンダのイギリス工場は閉鎖するということですが、これはホンダのグローバル戦略の一環での閉鎖といわれています。表向きにはイギリスのEU脱退が関係しているのではないかということですがそうではなさそうです。

イギリスの工場が閉鎖された場合、シビックタイプRとハッチバックはどこで生産されることになるのでしょうか?それはセダンを製作している寄居工場かまた別の日本での工場になるといわれています。実際にはNSXの開発拠点はすでに日本に移っており、今後タイプRを含むパフォーマンスの高い車両については開発を日本に集約しつつあり、シビックタイプRの生産も日本で行われる可能性が高いといいます。シビックシリーズの生産台数は少なく、合計でも500台弱といわれています。そうなるとコストも高くなり既存の工場での生産を考えないと利益の確保も難しいのではと考えられます。生産を集中させコストを下げ高価格帯のモデルとして利益を確保させる、というのがホンダの狙いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク