新車情報2020 ホンダ フィット 新型 クロスターはコンパクトカー市場のスタンダードになる。

新型フィットには5つのグレードが設定されています。その中でもクロスターはフリードにも設定されたグレードということもあり、登場前から気になるモデルでありました。近年SUVが人気を得ている中で、このクロスオーバースタイルのモデルが人気になっているのも、コンパクトカー市場でも同じようです。

スポンサーリンク

◆新型フィット クロスターが人気モデルとなる!?

037_o

たくさんの外で遊ぶための道具を載せたり、フィールドで家族と過ごしたりする週末など、行動を起こすときには、何かしら車が欠かせないということはないでしょうか?それも、荷物のかたちや量に合わせてアレンジできるラゲッジを備えて、かつ経済的で、長時間のドライブでもストレスを感じない運転のしやすい、快適な乗り心地を備えた車が理想といえるでしょう。

車の使い方はパーソナル、ファミリー、お年を召し方など大きく変わってくるでしょう。求められる条件はさまざまある、ということをフィットは感じ、開発されています。車選びで特に重視することはスタイリングを含めた個性と思っている方は少なくないはずです。それこそ新型フィットともなればコンパクトカー市場でかなりの量販モデルとなることは間違いありません。街を見渡せばいたるところに新型フィットが走っている。それはいいことですがどこか個性に欠けているとも思ってしまいます。

せっかく楽しい週末を過ごすためにも、車はフィールドに馴染むデザインやカラーのほうが気分は断然あがりますよね。特にキャンプとなると、タープやテントと同格、それ以上に目立つのが車ではないでしょうか?だからこそ”絵”になるスタイリングのほうが楽しいでしょうし、子供をお持ちの方であればカッコいいパパ、ママとして少し優越感に浸ってみたり。多機能で自由な印象を主張できる車は、ドライバーを普段以上によく見せてくることは間違いないでしょう。新型フィットには、5つのグレードが設定されていますが、今回はよりアウトドア遊びに使えるクロスターをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

◆新型フィット クロスターのカッコよさ

009_o

クロスター専用のエクステリアであるフロントグリルやフロントバンパー、リアバンパー、ホイールアーチプロテクターなど、バンパー下部にもSUV的な力強さを感じさせる塗装が施されています。LEDフォグランプもついており、都会を離れた場所でのドライブは安心感も高くなるはず。キャンプ道具をはじめとするアウトドアのギアが、近ごろは機能だけではなくデザイン性も求められるようになってきました。車にもアウトドアが似合うデザイン性がほしい、と考えている方は多いはず。新型フィット クロスターは一見してわかるSUVテイストをまとい、フィールド映えすることは間違いなし!?

2台持ちならともかく、普通は1台で普段使いと週末の外遊びをこなすので、スタイリングは都会的な雰囲気とアウトドア感の両方を兼ね備えているほうがいいに決まっています!その点、新型フィット クロスターは”THE アウトドア”というべきキャラクターで、とてもバランスが取れていると思われます。

週末のキャンプならば1泊くらいになるでしょうか?そんな時にも新型フィットはしっかりと荷物をしまうことができます。3人分のシュラフやマット、テントも収納し、座り心地重視で選んだ大きなチェアもきれいに収まります。かさばるように見えるかもしれませんが、チェアの足の空間にも隙間なく入れることができ、効率よく荷物を積めるのです。積載量を重視するあまりに、車そのものが大きくなると、障害物が多く、細い道も走ることのあるアウトドアでは不便を感じることもあるでしょう。新型フィット クロスターは取り回しがしやすいジャストサイズで、積載量も文句なしのベストバランスを誇っています。登山用のバックパックが2気室だったら便利なように、新型フィット クロスターも荷室にはしっかりと詰め込んでしまえるんです。低床ラゲッジのおかげで積み下ろしも楽々できるところがうれしいですよね。

ホンダ独自の低床フロア設計による積み下ろしのしやすさを実感できることでしょう。一人の時は登山などで道具はミニマムにまとめるでしょうけれども、家族で快適に過ごすことを考えるとおのずと重量のある道具になることも。その分ラゲッジの積み下ろしは力仕事になりますが、新型フィット クロスターは床が低いので作業がはかどります。

広い室内空間や使い勝手はそのままに、グローバルで通用するコンパクトカーのスタンダードを目指して開発された新型フィット。心地よい視界、座り心地、乗り心地、使い心地の4つの心地よさを追求しています。クロスターは街にもアウトドアにも似合う専用のエクステリアと大径タイヤを採用。他のグレードにはないブラックのフロントグリルが目を引きます。インテリアにはシートとインパネにソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用するなど、コンパクトでありながらタフなイメージを高めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク