新車情報2020 トヨタ 新型ヤリスとフィット 比較すると走りの性能に差!?コンセプトが明確に分かれた。

004_o

2020年2月に新型の登場が予定されているヤリスとフィット。コンパクトカーというジャンルでは2大巨頭と呼ばれているだけに注目度はかなり高くなっています。登場する月が重なっていることで、その対決にはかなり期待している人も多いのではないでしょうか?ヤリスとフィットはコンセプトこそ違いますが、比較する情報などがすでに公開されてきています。

スポンサーリンク

◆新型フィットとヤリスの走りはどうなのか?

11

新型フィットとヤリスが同じ時期にフルモデルチェンジするということで、ずいぶんと市場をにぎわしていますね。。室内スペースの広さや使い勝手がどうということはいろんな情報媒体で明らかになってきています。ヤリス、フィットもその走りについてはこれから出てくると思われますが、今わかっている情報だけでも共有したく思います。

デザインを見ただけでもわかるかもしれませんが、フィットのデザインはどちらかというと、男女ともに、またファミリー向けのデザインといえるでしょう。インテリアの広さは外観からすぐわかる通り、従来型から引き継がれるセンタータンクレイアウトで広々な設計になっています。対するヤリスは1人、もしくは2人までのパーソナルな人向けのコンパクトカーとして思い切ったパッケージングです。デザインからも走りに振ったデザインと感じるかもしれませんね。今回の新型モデルの登場で両車はっきりとコンセプトが分かれました。

ヤリスはAピラーを手前に持ってくることで、前方から側方への視界を確保しています。一方のフィットは超ハイトワゴン軽自動車やミニバン系にもみられる2本のAピラーを備えています。一般的にはフロントガラス側をフロントピラー、その後ろをAピラーと呼んでいます。これは衝突入力を太くしたAピラーで支えます。フロントピラーをフロントガラスを支えるだけの細いものにしたことで、側方の視界をしっかりと稼いでいるといえるでしょう。どちらも、ハンドリングを楽しむための安全性はしっかりと確保されており、視界確保は問題ないという認識です。

スポンサーリンク

◆新型フィットとヤリス ポジションが気になる

22

ドライビングポジションはどうでしょうか?どちらもチルト&テレスコピックの調整幅はしっかりととってあり、それぞれにベストはポジションが作れるようです。特徴となっているのは、ヤリスのステアリングはよくある3本スポークに対してフィットは少しレトロな2本スポークとしているところです。フィットの2本スポークはデザイン性を重視した採用ですが、過去にはポルシェ911にも2本スポークデザインが採用されていました。主には視覚的に走りに向いていないと感じられることがあります。小径となりましたヤリスの3本スポークのほうが走りに適しているということでしょうか?2本すぽーうのフィットのほうがリラックスを重視した設定になっているということもあり、そこでもヤリスとフィットに大きな差があると思われます。

今回重要なのは走りについてのことで、ヤリスの場合は、シートの特性に対して特別なアナウンスというのはなかったのですが、座った時のフィット感やコーナリング中のサポートについては走りに振っているだけあって、特に問題は感じられないと思われます。シートといえば今回ヤリスにはターンチルトというものを設定しています。これは乗り降りをする場合、シートが回転をし外側に少し出るような感じになります。しかも、これまでのものより安価で助手席にも設定が可能となっているのです。シートに座るのが苦手!?とか腰痛持ち、妊婦の方にも歓迎される機能ではないでしょうか?これまでは福祉車両にしか設定されていなかっただけに、それよりも安く設定できるということで、うれしい装備の一つといえます。走りについてはそれほど関係がないということも付け加えておきましょう。

一方の新型フィットは、ボディスタビライジングという新開発を搭載しています。シートフレームを、これまでのSバネ構造からMAT構造と呼ばれる座面および骨盤から背骨にかけて板バネのようなベース構造に変更しました。さらには座面のクッションの厚みも+3センチにしています。ヤリスは+2.4センチということです。これまでフィットのシートは座面の形状が少し平らすぎてブレーキング時などは、安定性に欠けているということがあったのですが、今回のシートはそのような問題はなくホールド性もしっかりとしてきました。

走りについてもコンフォート性についてもかなりレベルの高いシートに仕上がっているといえるでしょう。ヤリスとフィット、どちらもシートは従来型よりレベルアップしていることは間違いありません。よりスポーティに振っているのがヤリス、ゆったりとリラックスしたものがフィット、といえるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク