新車情報2020 ダイハツ タフト コンセプト ダイハツから新しい新型軽クロスオーバー仕様モデルでハスラーを追撃

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

東京オートサロンでダイハツから新型の軽自動車であります「タフト」コンセプトが登場しました。今回世界初公開となります。2019年に引き続き、遊びごころをみんなのものにというテーマのもと、ダイハツのブースからタフトコンセプトが発表されたのです。

スポンサーリンク

◆新型タフト 車名が復活したタフト

1

タフ&オールマイティー ファンツールの頭文字を車名としたもので、2020年の中ごろに発売を予定しています。日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーモデルとして、解放感あふれるガラスルーフや、フラットで使いやすい勝手の良い荷室空間など、毎日を楽しくしてくれるアイテムを数多く採用しています。ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1630mmと660ccの3気筒ターボエンジンとCVTの組み合わせで前輪を駆動します。

今回発表された新型のタフトは、オリーブグリーン塗装のボディカラー、ブラックのホイールアーチ、四輪に装着されたオールシーズンタイヤなどがタフさをイメージさせており、グレーをベースとしたオレンジのアクセントカラーを配したインテリアには、見やすい2眼メーターや大き目のアナログボタン類が取り付けられており、とても使いやすさを強調しています。今回の新型タフトはイメージカラーをグリーン系とすることで、安心感もあり、さらにはどこか遊び心も持ち合わせているような、そんな印象のあるモデルになっていますよね。

タフトコンセプトのエクステリアは、2019年東京モーターショーでダイハツから参考出品されました、ワクワクというボックス型のモデルを市販版へと改良されたもので、同じブースに展示されていた小型SUVモデルが11月に登場したロッキーであったのと同じパターンなのか、まもなく市販化が決定しているモデルでもあります。

スポンサーリンク

◆新型タフト ハスラーへ対抗するか

1

このジャンルはすでに人気モデルであるスズキのハスラーが出ており、同じようなイメージのモデルということから、激しいライバル争いが繰り広げられそうです。この点についてダイハツは、ハスラーとは同じカテゴリーになりますが、タフトコンセプトはよりタフでワイドなイメージが強く、まだまだ人気のあるジャンルなので2台はライバルとしてどちらも販売台数を増やしていくチャンスがあると思っています、と説明しています。

スポンサーリンク

◆新型ハスラーは1月20日に登場する

XT_XBK

新型ハスラーもまけずに登場を予定していますよね。12月24日にはすでに発表を済ませており、1月20日から発売となります。2013年12月24日にデビューした初代ハスラー。日本では若者の車離れが加速しているという中で、愛くるしいエクステリア、ポップな色使いなどにより車に興味のない人たちからも注目を集めています。2019年11月までに48万台を販売する大ヒットモデルとなり、鈴木にとってはワゴンRやスペーシアに続く基幹モデルになっています。ハスラーはブランニュー軽自動車としては異例の大ヒットモデルで、年齢、性別を問わず乗って違和感がないということも理由に人気のあるモデルといえるでしょう。

スズキは日本にアウトドアアイテムを日常的に使い、楽しむスタイルが浸透してきていることに着目して新型は大ヒットした初代のコンセプトを踏襲しつつ、もっと遊べる、もっとワクワク、もっとアクティブな軽クロスオーバーをもとに開発を進めてきました。スズキは新型ハスラーを登場させるにあたり、旧型からは5つのポイントを掲げています。

1、タフで力強いスタイルと個性的なデザイン

2、広くて使いやすい室内と進化したパッケージング

3、さらに充実したスズキのセーフティサポート

4、徹底的に鍛え上げた走行性能と快適性能

5、大きい、楽しい、カラフルなインフォテイメント

新型ハスラーは全方位で進化を遂げている遊べる軽自動車であるハスラーの魅力に迫るために、どれくらい進化をしているのか見ていきたいと思います。

◆新型ハスラーの進化したポイント

img01

新型ハスラーのボディサイズは全長3395mm、全幅1475mm、全高1680mmでこれは旧型から高さが15mm高くなっただけなのですが、見比べてみると少し大き目に見えたりします。この理由としては、新型ハスラーにはエクステリアデザインに大きな秘密があるのです。新型のデザインでは機能性やSUVらしさを強調することに主眼が置かれており、タフで力強いということを徹底的に追求しています。このタフさ、力強さが最も表現されているのがサイドビューで、力強いスクエアな基本骨格を採用しています。ルーフを延長して、バックドアを直立させ、クォーターガラスの追加により6ライトキャビンをしたことで伸びやかさも感じることができます。

初代ハスラーからはピラー類のブラックアウトが装備されていましたが、新型ではすでにピラーのボディと同色にすることで力強いデザインへと仕上げているのです。ハスラーはツートンカラーの人気が高いのですが、初代モデルがルーフのみの塗り付けだけに対して、新型ハスラーはL字型のツートンを新規で採用しています。サイドビューで目に付くのは、キャラクターラインが強調されている点で、ボディに抑揚を与え、力強さを一層引き出しています。

フロントマスクは、丸2灯ヘッドランプは旧型から踏襲するもので、ヘッドランプや、グリルを分割したデザインとしています。これはリアコンビランプも同じなのです。グリル回りにメッキパーツをあしらうなど、質感も大きく向上しています。ちなみに、ボンネットを高くすることでフロントマスクの位置も高くなっており、似て非なるものになっています。新型ハスラーは、力強いスタイルと個性的なキャラクターを融合させた、新たな一面をもったモデルへと成長しました。

・新型ハスラーの室内は広々と

エクステリア同様にタフさにこだわったインテリアは非常に機能的で、遊び心を刺激するワクワクするデザインへと仕上がっています。インテリアで一番に目を引くのが、機能部品をプロテクトするフレームを採用することで、新型ハスラーのインパネの最大の特徴となっています。メーターパネル、センターパネル、テーブル機能付きグローブボックスを囲んでいるフレームによって3眼タイプへと仕上げています。

インパネ上下に配置された2本の太いバーにはディンプルシボを採用するなど、タフで強いイメージ作りを徹底していますう。メーターが旧型のホワイトだったのに対して、新型ではカラー液晶を採用し、立体的なリング形状とグラフィックでアウトドアアイテムの楽しさを表現しています。センターパネルにはカラー液晶を使った楽しくてわかりやすいインフォテイメントを装備しており、車両情報、走行モードなどのほかに停車時にはアニメーションが流れるなど、停車中もワクワクできるエンタメが満載に準備されているのです。今回の新型ハスラーはホイールベースを35mm延長したことで、広くなった室内のスペースはより快適に広がっています。

・新型ハスラーは走行性能もすごい

新型ハスラーは全車マイルドハイブリッドとなり、NAエンジンとターボをラインナップすることになります。NAエンジンは新開発のR06D型で、デュアルインジェクションシステム、クールドEGRというスズキの軽自動車初採用技術のほかに、急速燃焼、高圧縮比化などにより動力性能を維持しながら広範囲の熱効率を向上させています。

スペックはNAが49ps/5.9kgmで、ターボが64ps/10.0kgmとなり、NAは低速域から中高速域まで優れた実燃費、ターボ車はゆとりの動力性能と長距離移動の快適性がそれぞれセールスポイントとなっているのです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク