新車情報2020 スバル レヴォーグ 新型 STIスポーツのプロトタイプに初搭載する電子制御ダンパーともう一つのシステム

007_o

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

早くも登場した新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツ。スバルの現行レヴォーグは近年低迷気味なステーションワゴンにおいても、根強い人気があり、走るに拘るユーザーからは多くの支持を得てます。そのため2019年10月に開催されました東京モーターショー2019で世界初公開されました新型レヴォーグは多くの人を魅了したのです。

スポンサーリンク

◆新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツ

005_o

SGP、スバル・グローバル・プラットフォームのラフルインナーフレーム構造や、新世代アイサイト、新開発の1.8リッター水平対向直噴ターボエンジンなど、多くの新技術が搭載される予定です。デザインは今回発表となりました新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツそのままに、日本市場での正式な発表は2020年後半を予定しているということですよね。その新型レヴォーグですが、STIのノウハウと技術、知見すべてが投入されたモデルが今回発表となった新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツなのですが、一番のトピックはなんといっても電子制御ダンパーをスバルとして初めて搭載することではないでしょうか?外観を見ただけでは違いがわからないところですが、クルマの制御関連で大きく革新したのは間違いないでしょう。スポーティな走りはもちろんですが、上質な乗り味を高次元で両立させています。

さらに初採用はまだあります。「ドライブモードセレクト」を搭載し、初めて搭載する電子制御ダンパーやパワーユニット、電動パワーステアリング、さらには4WDシステムをコントロールできる車両制御システムといわれています。最近はロッキー、ライズなどのSUVが大きく目立ってきていた中で、スバルが得意とするステーションワゴンのレヴォーグは2020年の新型車ではかなり注目を集めるモデルになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

◆新型レヴォーグにフレキシブルドロースティフナーリア初搭載

2019-s209-01

新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツに初めて搭載されるのは電子制御ダンパーだけではありあません。フレキシブルドロースティフナーリアは北米仕様のS209にも搭載されていたシステムですがそれも今回初搭載ということなのです。S209は、STIがWRC STIをベースにエンジンや足回りを専用開発し、内外装にも専用装備を追加したSTIが考える速さの究極形態といえるでしょう。ドライバーの意のままに操れる速さを実現すべく、大幅な性能向上を達成した北米向け専用モデルです。北米向けのSTIチューンドモデルとしては2018年に発売をしたWRX STI タイプRAとスバルBRZ tSに次第3弾として登場しました。STIのコンプリートカーである最高峰の”Sシリーズ”はこのS209が北米としては初めての発売となりました。

エンジンは北米仕様のWRX STI専用のEJ25をベースに、あらゆるシチュエーションで安心して気持ちよくアクセルを踏むことができる最適なパワーを目指し、専用チューニングを実施しました。吸気系統には、専用の大型エアクリーナーや専用の吸気ダクトを採用することで吸気抵抗を抜本的に低減し、効率的なエアインテークシステムを作り上げました。また、専用開発の大径ターボチャージャーや排気系にも大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラーを採用しています。これらを専用のECUで制御することで、最高出力は歴代STIモデルの中でも最高となる341hpを達成しました。熱による性能低下を抑制するインタークーラーウォータースプレイも装備しています。

足回りには歴代のSTIモデルで最大の幅を持つダンロップ製の265/35R19ハイグリップタイヤを履いたBBS製19インチ鍛造ホイールを装備し、専用開発をしたビルシュタイン製ダンパーと専用のコイルスプリング、強化ブッシュと組み合わせ、オーバーフェンダーで広げた専用ワイドボディに収まっています。さらには、ニュルブルクリンク24時間レース車両で実証されたストラットタワーバーやドロースティフナーといったSTI独自のフレキシブルパーツに加えて、軽量かつ車体剛性を最適化するカーボンルーフを採用しています。フロントアンダースポイラーやフロントバンパーサイドカナード、ドライカーボン製大型リヤウイングといった空気の流れを整え、ダウンフォースを増やす数々のエアロパーツも装着することで、高いハンドリング性能を実現しているのです。

・S209スペック

変速機形式:6MT
エンジン:EJ25水平対向4気筒
排気量:2457cc
圧縮比:8.2
最高出力:341hp/6400rpm
最大トルク:330lb-ft/3600rpm

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク