新車情報2020 マツダ2 新型 2020か2021年には燃費、エンジンを大幅刷新に!フルモデルチェンジを実施

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダ2が2019年9月に改良されて登場しました。その2年後の2021年にはついにフルモデルチェンジを予定しているといいます。次期マツダ2は一体どのような技術が搭載されるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆マツダ2 改良型はパーソナル利用に?

2

2019年9月の改良でデミオからマツダ2へと車名が変更になりました。エクステリアやインテリア、乗り心地、運転支援システムなどが改善されています。ガソリンエンジンで4つのグレード、ディーゼルエンジンで3つのグレードが用意されており、グレードに応じて安全装備や内装などが異なってきます。全グレードで2WDと4WDが選択可能となっており、WLTCモード燃費では17㎞~25㎞となっています。アクセラから車名が変わったマツダのニューモデルたち。アクセラはマツダ3、アテンザはマツダ6、そしてデミオはマツダ2と一体どれがどのモデルなのか、わからなくなってしまいますね。今回はデミオ=マツダ2の話となりますので、覚えておいてくださいね。

マツダ2は「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトにしており、普段の生活の中で感じる質感にこだわったマツダの量産モデルとなります。エクステリアデザインは、余計な要素はかなり落とされ、さらに研ぎ澄まされたことでシンプルかつ豊かさのある深い造形を作り出しており、路上で見かけた際にはマツダ2と一目でわかるようなデザインになっています。ひょっとするとマツダ3と間違えるかもしれませんけどね。インテリアは上質さを遊び心を両立させた色合いと、厳選した素材で多用なライフスタイルにマッチするように作り込んでいます。

マツダ2としてスタートを切ることになった。デミオを改めマツダ2。マツダの中でも最もリーズナブルなモデルであり、マツダ2がはじめての愛車、はじめてのマツダ車という人も多いと聞きます。だからこそ、人とのつながりを感じさせるということで人が関連した写真がよく使われているといいます。コンパクトカーのフィットやヤリスとは違う雰囲気をまとった印象があり、コンパクトカーの中ではやや上質感を漂わせたモデルとみられているようです。デミオがここまで上質さをまとったことになどうやら訳があるようですね。

スポンサーリンク

◆マツダ2 ライバルとの差は?

4

コンパクトカーといえば、フィット、アクア、ヴィッツ→ヤリス、ノートなどが思い出されますが、デミオ改めマツダ2といえばどんなイメージを持たれるでしょうか?ただ安いだけのコンパクトカーでしょうか?値引きをたくさんしてくれるコンパクトカーでしょうか?今回の大幅な改良を受けて、その変更項目はマツダ6(アテンザ)にも似た雰囲気となったフロントマスクをはじめとしたデザインだけではなくメカニズムにも改良は及んでいます。

ヘッドライトはLEDユニットを20分割した構造とすることで、アダプティブヘッドライトの機能を向上させています。また追従型のクルーズコントロールは低速域でも作動する全車速追従機能付きへとバージョンアップされています。車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートするレーンキープアシストシステムも新たに設定され、運転補助機能に関しては刷新されたと考えてもいいでしょう。さらにシートやサスペンションはマツダの最新世代であるマツダ3と同じ「スカイアクティブビークル・アーキテクチャー」の考え方を盛り込んだ味付けを採用しており、サスペンションは滑らかな車の動きと快適な乗り心地を実現しており、さらには、G‐ベクタリングコントロールもマツダ3やCX-5、CX-8などに搭載されているG‐ベクタリングコントロールプラスへとアップグレードされています。

今回のフロントシートの進化が大きなトピックといえるでしょう。車との一体感が高まり、運転のしやすさを実現する、頭がぶれない新構造のフロントシートへと進化しているといいます。これは基本骨格は従来から大きく変わっていないのですが、骨盤をしっかりとたたせて保持することを重視したという意味合いになります。骨盤を絶たせるためのサポートを背もたれに追加したほか、座面後方に骨盤を支えるプレートを、座面前部では着座位置が前にズレないようにサポートを強化しているといいます。マツダは運転姿勢にこだわり、ドライバーの身体に対してフットレストとアクセルペダルが左右対象となる位置として、このクラスでは珍しい支点を下とした通称「オルガン式」のアクセルペダルを採用しています。今回のシートの改良によって、マツダの運転環境に対するこだわるはますます深化したといえるでしょう。

スポンサーリンク

◆マツダ2のフルモデルチェンジはいつ?

9

2019年5月に登場したマツダ3から始まったマツダの第7世代商品群。続けてCX-30が登場したが、2020年は特に新型などの登場はないといいます。夏にピュアEVとなるMX-30が登場になるものの、量販モデルとしては新型がでる予定はありません。しかし、2021年にはマツダにとって重要なモデルであるマツダ2がフルモデルチェンジを実施します。台数を稼げるコンパクトクラスだけにその成否は大きなポイントといえるものです。

マツダの第7世代商品群とは、スカイアクティブテクノロジーをもう一度見直して生まれる車たちのことです。新世代ユニットとしてガソリンを圧縮着火させる新エンジンであるスカイアクティブーXが目立っていますがそれだけではなく、ボディ、シャシー、サスペションからシートに至るまですべてを改善し、深化させていきます。新型マツダ2もそのルールに則って一新されます。エンジンはマツダ3の直4、2Lを1気筒減らして1.5Lに排気量をダウンさせるスカイアクティブーX+マイルドハイブリッドが搭載され、ほかに通常燃焼のガソリン15Lと1.5Lクリーンディーゼルになりそうです。そのほかはマツダ3のスケジュール仕様というイメージでしょうか。価格との兼ね合いが重要ですが、マツダ3同様、圧倒的な質感を備える内外装が新型マツダ2の大きなウリになり、国産コンパクトカークラスの中では群を抜いたクオリティを発揮することは間違いなさそうです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク