新車情報2020 スバル レヴォーグ 新型 STI スポーツ プロトタイプの完成度はスバル史上最高の出来だという。

012_o

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツの登場で注目度が上がってきている次期レヴォーグ。愛車にするなら次期レヴォーグにしたいなどの声もあるくらい非常に関心度が増していますよね。今回の発表で盛りだくさんであった新型レヴォーグのスタイリングが気になるところですね。

スポンサーリンク

◆新型レヴォーグSTI スポーツ気になる点

011_o

2019年の東京モーターシー2019にて世界初公開された標準仕様とのスタイリングの違いは、ホイールのほか、フロントグリル、フロントバンパー左右のエアインテーク、車体下部のスポイラー、マフラーエンド、そしてSTIエンブレムなどが変更されています。新型レヴォーグは6つの新機能を搭載しています。新世代アイサイトに始まり、SGP+フルインナーフレーム構造、そして1.8リッター水平対向直噴ターボエンジンなど。現行モデルのSTIスポーツ同様に、さりげなくスポーティなテイストになっているのも可愛げがあるってもんじゃぁないですか。内装に関しては濃いスモークフィルムが貼られていたので確認は難しかったといわれているレヴォーグですが、東京モーターショー2019の時にスバルのブースにて公開された内容で、新型レガシィの内装に似ているという印象を受けました。大画面ディスプレイに、茶色のシート、新型レガシィよりも、よりスポーティにしたデザインになったと思われるのです。余分な乗客スペースと便利な技術のアップグレードで再設計された、まったく新しい2020年のスバルレガシィの詳細は非常にスポーティでありとても上質感のあるものです。

スポンサーリンク

◆新型レヴォーグから始まるスバル初システム

009_o

今回の新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツでは、標準モデルにないふたつのスバルとしては初のシステムが搭載されることになっています。一つは電子制御ダンパー、もう一つはドライブモードセレクト。いずれも標準の新型レヴォーグにはない機能なのです。ドライブモードセレクトは、これまでのスバル車に搭載していたSIドライブを発展させたもので、従来のSIドライブは変更内容をパワーユニット制御だけとしています。それに対してドライブモードセレクトはパワーユニットに加えてステアリングやダンパー、さらにはAWDシステムまでも特性を切り変えることができる統合セレクターとしているのがポイントで。今ではSUV車をはじめとしていろんな車に搭載されていることから、スバルにもやっと搭載されることになったということですね。ここまで新システムや機能の搭載をしてきたのには、スバルとSTIが開発を初期の段階から協力して行ってきたことが上げられます。今まではスバルの新車開発は、スバル本体が標準モデルを開発し、標準車が完成してからSTIが手を加えるということが通例でした。

しかし新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツでは、まだ量産車の仕様が決まる前の開発段階からSTIが量産車開発に参加しているのです。モータースポーツ活動などからフィードバックされた知見を活かすことでより高い走行性能を作り上げることができているのですね。それも走りのエンジニアのみならず、商品企画の担当までSTIのスタッフが携わっているということから、今までのスバル車にない新しい取り組みとして実に興味深いことであると思われるのです。

スポンサーリンク

◆新型レヴォーグ 2Lターボはラインナップなし

005_o

2020年から実施される新規の燃費規制の関係もあり現行の2リッターターボのようなスポーツターボがラインナップから落とされるのはさみしいものですね。これは温室効果ガス・エネルギー起源CO2の排出の現状からきめられたことなのです。地球規模での改革ともいえる内容なので、これはどうしても改善しなければならない項目として、ダウンサイジングターボの活用が積極的にどのメーカーでも行われてきています。

そうはいいつつも、新型レヴォーグプロトタイプSTIスポーツに関しては開発担当のエンジニアがみな口をそろえて話しているのは、歴代のスバル車の中でも最高のドライブフィールだ、ということから完成度が相当に高いということがうかがえます。現時点ではまだ未公開である燃費性能がどこまで向上しているのか、というところですね。CAFE対応の20.3㎞/Lの燃費性能まで出せているのでしょうか?またCAFE対抗で、レヴォーグはこれまで1.6Lと2.0Lのエンジン容量製品のラインナップでしたが、今後は1.8リッターと1.8リッターSTIの2本で製品ラインナップしてくる可能性もありますよね。詳細は気になるところですが、今までにない最高のデキであることは間違いなさそうです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク