新車情報2020 ホンダ 新型フィットの価格・グレードが暴かれてきた。買得グレードを検証する

26

ホンダは2020年2月14日から新型のフィットを登場させます。その同じ時期に新型ヤリスも登場するのですが、どちらも2019年12月から事前に予約を開始しています。新型のヤリスは2019年12月20日に価格やスペックなど詳細を発表しているのですが、新型フィットについては価格こそ発表はありましたが、スペックなどの詳細は未発表のままです。その新型フィットの価格が様々なサイトで公開されていることから、一度まとめてみました。

スポンサーリンク

◆新型フィットの価格は安いのか?

10

新型フィットのエンジンラインナップは、直列4気筒の1.3リッターガソリンエンジンと新開発の1.5リッターハイブリッドの2種類が用意されます。1.5リッターハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムはすでに公開されています「e:HEV」と呼ばれるもので、ステップワゴンやインサイトなどと同様に、2モーターを搭載するi-MMDというものになります。

新型フィットは高性能はハイブリッドシステムを搭載しているのですが、価格はそれほど高く設定されていないことがわかります。クルマの価格はエンジンで決まる、というくらいエンジンありきの価格となるからです。新型フィットの価格は下記の通りとなります。

■ホンダ 新型「フィット」の価格

-1.3Lガソリンエンジン[2WD]-
・BASIC(ベーシック):1,557,600円
・HOME(ホーム):1,718,200円
・NESS(ネス):1,877,700円
・CROSSTAR(クロスター):1,938,200円
・LUXE(リュクス):1,977,800円

-1.5Lハイブリッド[2WD]-
・BASIC(ベーシック):1,997,600円
・HOME(ホーム):2,068,000円
・NESS(ネス):2,227,500円
・CROSSTAR(クロスター):2,288,000円
・LUXE(リュクス):2,327,600円
※価格はすべて税込

例えばクロスターやリュクスでハイブリッドとガソリンエンジンの価格を見てみると、ハイブリッドはガソリンエンジンから35万円のアップということになっています。ステップワゴンのハイブリッドとガソリンエンジンの価格を比較してみると、ハイブリッドは約50万円ほど高くなっています。そのために新型フィットはステップワゴンなどと同じくらいのメカニズムを備えたハイブリッドは15万円ほど安いと言えるのです。

この価格差はトヨタのヤリスのハイブリッドと1.5リッターガソリンエンジンとの価格差と同じなのです。ヤリスはハイブリッドの価格が37万円ほど高いのですが、バックガイドモニターなどの一部の装備が充実しているため、この金額を差し引いても約35万円には収まる計算です。

日産の人気モデルであるノートのe-POWERと1.2リッターガソリンを比べて見ると、装備の違いを鑑みても50万円ほどは高くなります。e-POWERの人気は高く、ノートの売れ筋モデルといえますが、機能や装備と価格とのバランスは1.2リッターガソリンのほうが割安なのです。そのために、ノートのガソリンエンジンは新型フィットよりも安く、e-POWERは高めの設定になっています。

スポンサーリンク

◆新型フィット ハイブリッドは相当買得?

新型フィットのハイブリッドの価格についてはガソリンエンジンに比べて約35万円ほど高いのですが、購入時の税金などはガソリンエンジンに比べて4、5万安くなります。最終的なハイブリッドとガソリンエンジンの差額は30万円前後に縮まるのですが、11~13万kmほど走ったとしたら、燃料代の差額で30万円前後の実質価格差を補えるということになります。そこまで考えて購入される方も少ないと思いますが、要は燃費がいいか悪いかということ、ハイブリッドにしては価格が安いか高いか、という違いになるのではないかと思うのです。一旦新車を購入するとかなりの人は10年ほどは乗り続けると思われますので、10年も乗れば十分でしょう。

スポンサーリンク

◆新型フィット グレードは5つの展開に

pic_basic_styling_bodycolor_06

新型フィットで最もベーシックなグレードとなるのが、まさに「ベーシック」というグレードになります。実用志向のグレードになりますが、安全運転支援システムのホンダセンシングやサイド&カーテンエアバッグ、電子制御パーキングブレーキなどが標準装備されます。ベーシックに採用されている装備は実用的で十分とも言えます。

pic_home_styling_bodycolor_01

ホームは新型フィットの中心的グレードになりそうです。ベーシックに対して、本革巻きステアリングホイールやプレイムスムースが使われた上級なシート表皮や、ソフトバッドの入った内装などが加わります。ホームとベーシックの価格差については、ガソリンエンジンではホームが約16万円高いのですが、ハイブリッドでは約7万円の差になっています。ハイブリッドの場合はベーシックでもLEDヘッドライトやフルオートエアコンなどが標準装備されるため、価格差は結構縮まっています。

pic_ness_styling_bodycolor_14

ネスはアクティブな雰囲気を持つスポーツグレードっぽいです。16インチアルミホイールや撥水波高が施されているファブリックシートなどが加わります。ホームと価格を比べるとネスの価格は約16万円高いです。

pic_crosstar_styling_bodycolor_14

クロスターはSUVテイストのグレードです。最低地上高はほかのグレードに比べて見ても30mmほど高く設定されています。サスペンションは20mm、タイヤサイズの違いで10mm上がっています。クロスターはフロントマスクのデザインが多少異なり、ルーフレールがオプションで設定されています。内装には専用の撥水ファブリックシートが採用されており、価格はネスよりも6万円ほど高いのですが、実用的な装備内容としては似たり寄ったりなところがあります。

pic_luxe_styling_bodycolor_09

リュクスは豪華志向の最上級グレードです。内外装ともにメッキパーツが豊富に使われているグレードとなり、シート生地は本革で、アルミホイールは専用デザインとされています。リュクスは小さな高級車、というグレードに位置づけられており、3ナンバー車などからダウンサイジングされた方も取り込んでいけるようにしている、ということです。

オプションのパーツはグレードに応じてLEDヘッドライトやアルミホイールなどが用意されていますが、従来型に比べると種類が少なくなっています。これは新型フィットではベーシックやホームなど5種類のグレードを予め用意することで、オプションの数を減らしているのです。その背景としては、グレードとオプションの組み合わせを抑えることで、販売会社とメーカー間の発注をシンプルにしているということが言えます。

◆新型フィット グレード選びはどれがいい?

新型フィットの気になるグレードはどれになるでしょうか?購入する方は予算があると思われるのですが、価格を安くしたいということであれば、ベーシックの1.3リッターガソリンエンジンになるでしょうか?安全装備が進化している今の時代にあって、150万円台で手に入るコンパクトカーというのはかなり重宝するのではないでしょうか?歴代のフィットは、燃料タンクを前席の下に搭載することで後席や荷室が広く使い勝手がよく、ベーシックの1.3リッターガソリンエンジンは機能や装備の割には安いと言えるでしょう。この価格帯はホンダのN-BOXやダイハツのタントなどのスーパーハイトワゴンと言われる部類に入りますが、軽自動車を購入するくらいなら、コンパクトカーを購入します、という方にはこちらのグレードの方がいいでしょう。

新型フィットのベストグレードはホームの1.3リッターガソリンエンジンとなりそうです。価格は172万円。メーカーオプションではアルミホイールも準備されており、内外装の質や装備をさらに充実させることもできます。もしくはグレードではホームのハイブリッドもいいかもしれません。コンパクトカーとしての機能や装備としては十分なものを搭載しています。

フィットでももっとかっこいいものと考えている方はなんといってもクロスターを選んでみてはどうでしょうか?最低地上高も30mmあり、悪路走破性も高めに設定してます。もしよければ4WDも考えてみてはどうでしょうか?

フィットに高級感を求めるのはナンセンスとはいえません。最上級のリュックスも歓迎します。新型フィットは全グレードを通して居住空間が広く、上質な内外装や本革シートを組み合わせると、ミドルサイズセダンのような満足感を得ることができるでしょう。新型フィットは乗り心地を上げており、ハイブリッドについては機能を大刷新して静粛性と加速の滑らかさもアップしています。たぶんこの大きな改良の変化を一番感じるのはリュクスではないでしょうか?最高レベルのコンパクトカーを手に入れることができるでしょう。

◆管理人の独り言

新型フィットがやっと登場してきますね。2019年10月に登場するとかいいながら、だいぶまってしまいました。その甲斐あって、ディスクブレーキを装備しての登場となりますから、その時点でフィットは他のコンパクトカーとは一線を画すモデルになっているはずです。今回5つのグレードがあるということで、選択に迷ってしまう人も多いかもしれませんが、5つのグレードそれぞれにテーマがありますので、そのテーマにあった選び方をしてもいいかもしれませんね。特に今SUV人気もあり、やっぱりクロスターなのかな?と考えてしまいますが、皆さんはどのグレードを選択するのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク