新車情報2020 トヨタ 新型ヤリスはアクアユーザー取り込みで爆発的人気の可能性。

これは宿敵と言えるのか?同じコンパクトカーとして共存共栄はできないのだろうか?ついに登場する新型フィットと新型ヤリス。ネット上では「どちが売れる?」と「宿敵対決」とか言われていますが、ヤリスにはヤリスの用途があって、フィットにもそれは同じく言えることです。

スポンサーリンク

◆新型フィットは感性を重視

7

新型フィットの特徴は、数値上のよさではなく感性を重視していると言えます。それは4つの心地よさを目指しているところにあり、数値では計りきれないところがあるからです。4つの心地よさとは、心地よい視界、座り心地、乗り心地、使い心地です。燃費が36km/Lだから凄い!とかいうわけではなく生活の中心の中で心地よく使える車としての”よさ”といえます。幅広いユーザーのライフスタイルと合致させるように5つのグレードが用意されています。スタイルとでもいいましょうか。

シンプルなデザインのベーシック、リラックスできるホーム、軽快なネス、SUV風のクロスター、上質な感じのリュクス。ハードウェア的には燃料タンクをボディの中央に設置する、初代から踏襲されているセンタータンクレイアウトを採用しています。パワートレインんは、2モーターのハイブリッドの「e:HEV」と1.3リッターのガソリンを採用します。

未だにハイブリッドの燃費性能などのスペックは公表されていませんが、クラス最高レベルであることは間違いないでしょう。ホンダの2モーターのハイブリッドは現行のインサイトにも搭載されており、静かでスムーズなことが特徴です。これも新型フィットの魅力の一つになることいえます。こうした内容に自動ブレーキや渋滞時追従機能おつきアダプティブ・クルーズ・コントロールを備えるホンダ・センシングとコネクテッド機能が備わっています。ホンダセンシングには、ブレーキとアクセルを踏み間違えた時に作動する、近距離衝突軽減ブレーキが追加されます。コネクテッド機能には、車載通信モジュールが搭載され、万一の交通事故などでの緊急サポートや、スマートフォンなどでのリモート操作などのサービスが用意されています。

スポンサーリンク

◆新型ヤリスは走りを中心に開発

2

一方で新型のヤリスは、今回のフルモデルチェンジを受けて名称を変更しました。日本国内向けのヴィッツから、グローバル市場の名前に変更してきたのです。トヨタではクルマに相当大きな変化をかけてきた場合には車名変更をするときがあるということを聞いたことがありますが、ヤリスそれほど大きな変革をもたらしたモデルといえるのでしょう。新型ヤリスのもたらすものはスポーティさそのものといえます。軽快なハンドリングという強みを活かしているということも説明されている通りで、とにかく走りを中心に改良が加えられました。

欧州でのヤリスはWRC、世界ラリー選手権チャンピオンというイメージがありますし、1月の東京オートサロンでは2ドアのハイパフォーマンス版であるGRヤリスも発表されています。ヤリスを名乗るならば、スポーティであって当然というわけです。その走りの実力を裏付けるものとして、採用されているのが新世代のTNGAプラットフォーム。現行のプリウスから採用が始まったトヨタのクルマ作りの考え方で、どれも非常に評判がよく、コンパクトカー向けの新らしいモデルにはかなり期待がもてます。

ホイールベースは先代よりも延長されていますが、その伸びた分は前席に使われているのが特徴といえます。家族4人で使うというよりも、前席重視のパーソナル色の強いクルマとみていいでしょうか。新会派洲の3気筒1.5リッター・エンジンと組み合わせたハイブリッド・モデルはWLTCモード燃費で36.0km/Lという驚異的な数値を誇ります。この燃費性能はコンパクトカーとしては世界最高レベルと言ってもいいくらいのものです。キビキビとよく走るというだけではなく、燃費性能も優れているのです。その一方で、スポーティな走りを楽しめる6MT仕様も用意されているというのも特徴です。

安全面では最新の運転支援システムとなるトヨタ・セーフティセンスを搭載しており、交差点を左右するときに対向車直進の危険性や、右左折時の横断歩道上の歩行者検知など、新たな機能も追加されています。またナビ系はディスプレイオーディオが標準装備しており、ドライバーの自前のスマートフォンを活用するのが基本となっています。もちろんオペレーターによる支援サービスの使えるコネクテッド機能サービスも用意されています。

スポンサーリンク

◆フィットとヤリスのキャラ設定の違い

3

コンパクトカーというカテゴリーの中にあるこのヤリスとフィットですが、キャラクターとしては相当に違いがあります。心地よく、ユーザーのライフスタイルに寄り添うのがホンダのフィット、とにかく走り、走り、走りを貫くヤリス。使い勝手や広さといった実用性を重視して家族4人をベースにすると、新型フィットがオススメになります。独身の方や夫婦で二人、といった方にはヤリスがいいのかもしれません。パーソナル色の強いモデルがヤリスといえそうです。

発売後には人気はどのように出ているでしょうか?2台のキャラクターは相当に異なっていると言えますので、同じ客層を奪い合うということはあまりないかもしれません。お互いが棲み分けをきちんとしていることもあり、しっかりとターゲットを絞ったマーケティングを行っていると思われます。欧州の市場ではストレートにスポーティを謳うクルマの人気が高いのですが、欧州市場での新型ヤリスは販売がかなり期待できるということがいえるでしょう。

よく言われるのが、若者の車離れですが、若い世代にスポーティを訴えてもどれだけの反応が返ってくるでしょうか?そのため新型のヤリスの販売目標は7800台/月としているところもあり、案外控えめな数字といえそうです。新型フィットの販売目標はまだ明確にはなっていませんが、スタート時には3万台の大台に乗せるとも言われています。事前の予約では1万台を超えており、2万台を突破する勢いなのかもしれません。

◆管理人の独り言

アクアは一体どうなるんでしょうね。2011年にデビューして以来ビッグマイナーチェンジは今だに行われていないことから、今後はヤリスとの差別化はどうなるのだろうと思われるのです。燃費性能としてはヤリスの方が上、走行性能も上、となるとアクアの存在意義がなくなって来ている感じがしないでもないです。アクアの一番のポイントは燃費性能ですが、それがヤリスの方がよくなってしまっているのが現状でしょう。アクアのユーザー層をヤリスが取り込んでいった場合は相当販売台数を見込めると思われるのです。毎月7000台をコンスタントに販売しているアクアだけに、フィットの販売台数を上回る可能性が出てきています。

まぁ、どちらが売れるかというのはともかくとして、クルマを購入するときに選択肢が増えるのはいいことと思います。ヤリスとフィットは相当にキャラ設定が違うので、ユーザーははっきりと決めてくるかもしれませんね。さすがにファミリーの方々はヤリスを選択肢に入れることはないでしょう。ヤリスはヨーロッパ市場が主戦場で、そちらの嗜好をくんだモデルといいます。実際に現行モデルでもヨーロッパ全体で20万台売れていることもあり、Bセグメントでトップとなるフォルクスワーゲンのポロで29万台、フォード・フィエスタで22万台に次ぐ3番手に位置している、相当善戦しているといえます。

それにタイしてフィットは4から5万台程度であまり人気がなく、欧州ではBセグメントをパーソナルユースに割り切る傾向が強いといえます。キャビン容積を欲張った構成はさほど訴求力がないのかもしれません。フィットは日本や途上国では売れますが、言い換えればそちらの嗜好に振ったクルマになるといえます。これで国内でもヤリスに遅れをとることがあれば、ホンダはいよいよ窮地に立たされるのかもしれません。

ひょっとすると販売力の差でヤリスが売れそうな感じです。ただし、燃費競争に関して求めるのはもはや間違いかもしれません。システムの差がある上に、ホンダは4気筒でトヨタは3気筒。効率を求めたら後者であるのだが、質感を鑑みれば4気筒であるというセオリーであるといえます。フィットの燃費が噂では32キロ、ヤリスが36キロということであれば、後部座席に広いフィットを選ぶ人も多いかもしれません。しかし燃費信者がいて少しでも燃費のいいモデルに、というユーザーいることも確かです。それにしてもヤリスの燃費は36キロは驚異的で、高速巡航だと40キロを超える可能性もでてきますね。ヤリスも捨てがたいですよね。結局はふたを開けてみたいとわからないということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク