新車情報2020〜2021 トヨタ GRヤリスの人気爆発!460万円が飛ぶように売れる事態に。

10

GRヤリスが相当な人気を博していますね。1月10日から始まったウェブでの先行予約にてすでに2000台の受注をされているという発表がありました。その8割はなんと、最上級グレードのRZハイパフォーマンスファーストエディション。456万円です。すでに30億円ものお金が動こうとしています。いやらしい話ですが、でも事実なのです。それほど人気のGRヤリスですが、なぜこれほどまでに人気なのでしょうか?

スポンサーリンク

◆GRヤリス WRCで勝ち抜くために

7

新型GRヤリスはFIA世界ラリー選手権を勝ち抜くために生まれたホモロゲーションモデルで2020年1月10日に開催された東京オートサロン2020で世界初公開されました。ホモロゲーションモデルとは簡単にいうと、公道で走れるスポーツカーみたいなものです。その1月10日からGRヤリスの特別仕様車である2つのグレードがウェブにて先行予約が始まっているのですが、東京オートサロン開催中の3日間でまず1000台の受注をとることに成功しています。そして1月23日時点では2000台。

新型GRヤリスはTNGAに思想に基づくスポーツ4wdのプラットフォームを採用しており、WRCの現場からフィードバックを得てバランスの取れた高剛性ボディを実現しています。この際に実際活躍しているWRCドライバー4名ほどにテストドライバーになってもらい、WRCでも通用するモデルへと改良するために、多くのフィードバックをもらっていたということです。このGRヤリスがそのままでもWRCで走れるくらいにまで性能を高めているということなのです。さらに、前後のサスペンションジオメトリを最適化することによって、スポーツ4wdシステムであるGR-FOURとの組み合わせで、高次元での動的性能を追求しています。

アッパーボディには、アルミ素材のエンジンフード、トランクリッドおよびドアパネルに加えて、形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用し、軽量化を図りながら優れた空力性能を示す強固な3ドアタイプのキャビンとしています。小型で軽量なハイパワーユニットである新開発の1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンが、バリエーションの一つとして搭載されているのです。

TNGAエンジンの高速燃焼コンセプトに加えて、軽量な運動部品採用によるエンジンの高回転化、ターボチャージャーなどの吸排気系の最適化によって、3気筒エンジンとしては世界最高レベルといわれている272psを発揮するワイドなトルクレンジを追求しています。さらにリズミカルな変速を可能とした6速マニュアルトランスミッションとの組み合わせで圧倒的な加速と気持ちの良い回転数の伸びが感じられるエンジンに仕上げられています。

スポンサーリンク

◆GRヤリス 高額でも人気のモデル

pic_primary_media_pc

このようなコンパクトなスポーツカーは確実に需要があるということなのでしょう。ホンダもデカくて高くなってしまったシビックではなくフィットくらいのコンパクトカーでタイプRとかS2000のような車を作ればこのくらいの値段でも確実に売れるということかもしれません。一昔前はコンパクトカークラスのスポーツカーはホンダの専門領域であったと思うのですが、今となっては寂しい限りです。確かにGRヤリスはほしいモデルの一台ではありますよね。大きさも駆動系もエンジンも、シャシーと、本気で作りこんだモデルであるということがわかります。NAロードスター以降で本気でほしくなった車が出てきたといえるかもしれません。価格的に手の届くところではありませんが、このGRヤリスであれば20年くらいはしっかりと乗れるはず。

ハンドリングもよさそうなショートホイールベースでニュルブルクリンクという名のターマックはベスト10に入れるくらいのポテンシャルを持っているかもしれません。

スポンサーリンク

◆GRヤリスはモンスターモデルへと

年明けから注目度の高いモデルがトヨタから登場しました。GRヤリスはトヨタにおけるスポーツ車両部門のGAZOO Racingが手掛けるWRC参戦ベース車両です。お披露目と同時にグレードや装備内容、価格も公開され、この夏に第一弾となるファーストエディションが登場します。GRヤリスは1.6リッターターボ+4wdで、エンジンのスペックは272ps/37.7kgmなので、いまどきの車としては珍しいリッター170馬力のモンスターモデルと言えます。スペックを見ただけでも強烈ということがわかりますよね。

登場時点のグレードはRZの396万円とRZハイパフォーマンスの456万円。GRヤリスは日本で発売されない新型ヤリスの3ドアをベースにしたコンペティションホットハッチとであるといえます。1.6リッターターボを搭載し、WRC直径の4wdシステムが組み合わされています。GRヤリスの車名からもわかるとおり、GR、GAZOO Racingが開発したモデルとなります。ボディサイズは全長3995mm、全幅1805mm、全高1460mm。コンパクトなボディに272psの高いパワーを持ったエンジンということで、パワーウエイトレシオは驚異的な数値で4.706/psをマークしています。GRヤリスはハイスペックながらも、限定モデルではなくファーストエディション発売後はカタログモデルとして販売することも大きなポイントとなります。今回登場している特別仕様車は6月末までの期間限定で手に入れなければなりませんが、エントリーモデルはカタログモデルとして登場するという噂もあります。

◆GRヤリスはショッピングサイトで

GRヤリスのファーストエディションの予約はウェブ上で行います。GAZOOショッピングのサイトからできるというのです。方法としてか簡単なもので、

1、グレードをRZもしくはRZハイパフォーマンスのどちらかから選ぶ

2、先行予約には10万円の手付金が必要となり、支払はクレジットからとなります。キャンセルや成約がなされなかった場合は手数料5000円を差し引いて返金となります。その際クレジットカード会社からの返金になるということです。

3、先行予約の際には地域や販売会社も選ぶことができます。予約は1月10日から6月30日の0時までということで、7月からは実際に商談と生産が始まっていきます。このためにGRヤリスを先行予約するならばグレードを先に決めておいたほうが、流れはスムーズになるでしょう。ですが、予約の時点でRZかハイパフォーマンスかのどちらかを選んでいると思いますので、迷いはないと思います。

・RZファーストエディションの特典は?

今回ファーストエディションを購入された方には特典もついてきます。

それは、フロントグリルとサイドのディフューザー、リアスポイラー、リアディフィーザーがマットブラックになるということ、RZのハイパフォーマンスグレードではホイールもマットブラックになるということに。全体的には大きな差ではないのかもしれませんが、ファーストエディションとわかる仕様になっているのは、ちょっとした優越感を得ることができるかもしれません。

◆GRヤリスのCVTコンセプト これが本命?

11

GRヤリスで先行予約が始まっていますが、RZの2グレードは価格も高くなかなか手が出ないと思っている方も多いのではないでしょうか?管理人もその一人です。東京オートサロンに出展されたGRヤリスの中には、「GRヤリスCVTコンセプト」というモデルがあったのです。これが市販モデルとして登場するのではないだろうかといわれています。

このGRヤリスCVTコンセプトですが、カーボンルーフ、アルミのエンジンフードや左右ドア、バックドアを使い軽量化しています。大きく膨らんだフェンダーを持つ3ドアのボディは、GRヤリスとほぼ共通のものになるでしょう。そして後輪に駆動力を伝えるプロペラシャフトと後輪のドライブシャフトはないため、駆動方式はFFということになりそうです。リアサスペンションは標準のヤリスのトーションビームとは異なる、GRヤリスと同じダブルウィッシュボーンを採用しているようです。

注目のエンジンは、標準のヤリスと同じ1.5リッター、3気筒のNAになると考えられています。トランスミッションは車名の通りでCVTを採用し、ハード的には標準のヤリスと共通になるでしょう。CVTは、アクセル操作に対してダイレクトに反応し、スポーツモードをオンにすると高回転域をキープするスポーツモードと10速MTモード付となっているのではないかと思われます。RZのようなハイグレードまでは必要ないけど、内外装や硬質な走りといったヤリスGRの雰囲気を楽しめて、さらにちょっとだけ本格的なスポーツモデルに乗たい、という方向けに登場するのではないかと考えられます。

このCVTコンセプトは標準のヤリスではできなかったことを盛り込んだモデルである、という開発者の方の話もあるくらいで、ドアロックされた車内をガラス越しに見てみると、GRヤリスCVTコンセプトのパーキングブレーキは標準のヤリスやGRヤリスの手で引くレバー式なのに対して、どうやら電動式になっているというのです。このために市販化された場合、確実に設計されるであろう先行車追従クルーズコントロール付きのCVTであれば、停止までも対応してくるかもしれません。実現すればこの点も標準のヤリスとは一線を画すモデルとなり、プレミアム感のあるスポーツモデルになりそうですね。

GRヤリスCVTコンセプトが市販された場合の価格ですが、標準のヤリスの1.5リッター、NAエンジン車の最上級グレードが約200万円というところを見てみると、手が込んでいる車である点や、6速MTの設定も含めて、価格は250万円~という設定になるのではないかと思われるのです。車重はボディの材質置換によって軽量になる可能性と、ワイドボディやダブルウィッシュのリアサスペンションといった重量増を差引しても、標準ヤリスの1.5リッター、NAエンジンモデルと同じくらいの1000㎏強の重さになるのではないかと思われます。

◆管理人の独り言

まさにモンスターレベルのGRヤリスのスペック。エンジンの性能を見るとやはり目に付くのが差高出力と最大トルク、圧縮比ではないでしょうか。排気量が大きいとエンジンパワーも大きくなってくるということはわかるのですけどもね。GRヤリスはGRスープラに続く、トヨタGAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズGRのグローバルモデルの第2弾です。GRヤリスの1.6リッターターボ4wdは、ダイヤル操作で前後トルク配分を変えて、ノーマルで前後が60:40、スポーツで30:70。おそらくセンターデフではないのでしょうか?ランエボやスバルWRXのようなセンターデフは無く、従来使用されている電子制御カップリングにより前後をクラッチで結合、開放するタイプと思われます。これはジェイテクトのカップリングのようにクラッチ圧+ボールカムで直結レスポンスを確保できるタイプでしょう。

構造的にはフォーカスRSと似たようなものと考えられ、センターデフは無く電子制御カップリング方式で、リヤ駆動を多くコントロールするドリフトモード付きかと思われます。このタイプでも前輪と後輪側のデフ側減速比を変えることで前後可変トルクも可能となり、おそらく30:70のトルク配分の時は直結時リア車輪速が多く回るような構造になっているのでしょう。

その代わりに、センターデフ方式のようなダイレクト感はやや薄れて、前後回転差を供するデフがないので旋回性はやや低下し、安定した駆動配分をキープするのは難しいのかもしれませんが、それでも車両を振り回せるところまでリヤ駆動を伝達するところまで持っていけるかと思われます。センターデフを使用せずに、クラッチで後輪で駆動を伝達する仕組みはトヨタがWRCでも採用していた仕組みで、同時はハングオンクラッチと呼ばれていました。当時セリカのトランスミッションが小さく、フロントのアクティブLSDを入れるスペースがなかったため、この機構を入れるためにセンターデフを廃止し前後を直結化します。そしてリヤデフ直前に設けられたハングオンクラッチにより後輪のトルクをコントロールしてしまいました。センターデフなしなので前後トルク配分は最大でも50:50でしたが、最悪はロスが出たとしても前40:50にすることも可能と当時のTTEのエンジニアがコメントしていたことがありました。

そのように考えると、トヨタがWRCで使用したハングオンクラッチシステムが、ラリーを意識した市販車のヤリスに採用されてきた、トヨタがモータースポーツをしっかりと考え、重要視しているということがわかってくるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク