新車情報2020 ホンダやトヨタ新型コロナウイルスで新型はどうなる?F1開催は?

キャプチャ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

中国を中心に発症が広がっている新型のコロナウイルスによる肺炎で、日本にも感染が広がっています。国内でもすでに4人の感染者が確認されています。それに伴い日本の企業も対応に動き出しています。

スポンサーリンク

◆ホンダ 再開を延期する

1

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、ホンダは旧正月、春節の休みで停止しているバイクの生産について、中国の一部の向上で操業の再開を延期すると発表しました。ホンダによりますと、中国の天津市と江蘇省にあるバイク事業の2つの向上で操業の再開を当初予定していた2月3日から9日に延期するという発表をしたのです。この2つの工場はホンダの中国におけるバイクの生産を約4割を占めるのです。さらに、上海市の当局が市内の企業に対して2月10日以降に延期するように通達したことで、再開を2月10日に延期するということを決めています。

トヨタでは1月28日に中国の武漢市を含む湖北省全域への出張を禁止するなど社内の通達を出したことを発表しています。今のところはトヨタから湖北省への出張者はいないといいます。

湖北省に工場を置く自動車メーカーは、プジョーやシトロエン、ルノー、ホンダ、中国の東風汽車など合計9の自動車メーカーが武漢にあるといいます。週末にかけて、プジョーやシトロエンといったブランドを抱えるフランスのグループであるPSAは、従業員とその家族を武漢から退避させて、フランスに帰国するまでの間、中国の別の都市で隔離するということを発表しています。

この武漢は人口1100万人を超える中国最大の都市の1つで、工業都市であり交通の要衝であるといわれています。今回のコロナウイルスの影響で中国の国内総生産の伸びは1.2ポイントほど下がるといいます。中国経済への打撃は常に連鎖反応を呼び、コモディティ市場はその影響を大きく受けるといわれています。

スポンサーリンク

◆大打撃となる自動車メーカー

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、武漢市を含む中国の湖北省は世界の他の地域と切り離され、封鎖状態にあります。それによって世界の自動車産業が深刻な影響を受ける可能性が出てきています。自動車メーカー各社は中国中部のこの地域に大きな拠点を置いていることが理由です。感染拡大により中国での自動車生産の一部が中断されています。大手メーカーは出張を制限しており、従業員が自宅にとどまるように求めています。少なくともドイツの自動車部品メーカー1社で28日には社員4人の感染が確認されています。

中国の自動車産業は30年前、ほぼゼロの近い状態から出発したのですが、2009年には北米を抜き去り、今では世界最大の新車販売市場になっているのは否定できません。新型ウイルスの発生源とみらえる湖北省の武漢は、その間に自動車製造ハブとしての地位を築き、国有自動車エーカーの東風汽車が拠点を置くほか、ホンダや、フランスのPSAグループ、アメリカのゼネラル・モーターズなどの多数の組み立て工場を持っています。この感染拡大を受けて、自動車産業に与える潜在的ダメージを推定するのは時期尚早だという人もいます。ですが、2013年に中国で流行したSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)の短期的影響とは比較にならないと指摘されています。当時、中国の自動車市場ははるかに小さかったからだといいます。

中国の自動車販売は過去10年間の大半でブームを経験してきたのですが、消費者の需要は現在弱まりつつあるといわれています。業界全体の販売台数は2019年2年連続の減少となっています。アナリストはウイルス感染がさらに広がった場合、自動車セクターを一段と減少する可能性があるのです。今後数か月は自動車を買い控える人が増えるといわれており、市場がさらに低迷する可能性があります。危機に対する市場に反応が明確になれば、メーカーは生産を縮小する計画に変えるかもしれません。

ホンダは1月28日に感染拡大を踏まえて武漢の合弁自動車工場の3か所でいつ操業を再開できるかはわからないいとしています。武漢の郊外のオートバイ工場の2か所では再稼働を延期すると発表もしました。そしてCR-Vやシビック、などを製造する3工場は合計で年間60万台の生産をする能力があり、ホンダの中国における生産能力の半分近くを占めています。ホンダの話では、武漢に駐在する約30人の日本人とその家族は日本政府がチャーターした航空機で帰国させ、若干名を残すといいます。日産自動車も同じくチャーター便で日本駐在員と家族を避難させるとしています。

アメリカの最大手であるGM(ゼネラル・モーターズ)は武漢に上海汽車と合弁の自動車工場を持っています。GMは春節の休みに入った1月24日以降に、工場の操業を停止していますが、現在の予定では2月3日に従業員が戻ってくるという発表をしています。この工場は中国市場向けの4車種を製造しており、GMの中国生産の約20%を占めています。そして欧州の自動車業界は中国で数百万台を製造しており、中国国内工場は数十か所、従業員は数万人いるといいます。ドイツの自動車部品メーカーのベバストも28日には、中国在勤の従業員がストックドルフにある本社を訪れて、従業員4人が新型ウイルスに感染しています。

スポンサーリンク

◆欧州系自動車メーカーが感染拡大

ドイツの高級車メーカーであるアウディやBMW、ダイムラーは中国の自動車生産や流通に与える影響については答えることはなかったそうですが、中国では移動禁止によって物流が止まっていますよね。フォルクスワーゲングループは外国メーカーの中では群を抜くメーカーですが、中国で年間400万台を製造しています。フォルクスワーゲンは従業員に対しても不要不急の出張を控えるようにしています。フォルクスワーゲンは北京に社員を3500人抱えており、旧正月の1月25日から2週間の間、自宅で仕事をするように指示しています。新たな通知があるまで国内外の出張を中止しました。そして、アメリカのフォードの中国子会社も湖北省に隣接する重慶に複数の工場を持っています。ホンダと同じように2月10日まで通常業務を延期するかどうか判断するということです。

◆F1開催も危ない!?

キャプチャ

4月には中国でF1開催を予定していますが、今回の新型コロナウイルスによる肺炎の流行で、開催が中止になるかもしれないということを発表しています。2019年12月から、中国の湖北省を中心として新型コロナウイルスによる肺炎が人から人に移る可能性があるということが明らかにあり、中国での感染者も増えてきています。中国の国家体育総局が発表した内容の中に、スポーツイベントを中止・延期するという決定を下したという中に、4月17日から19日で開催される予定で上海インターナショナルサーキットで開催される予定のF1第4戦中国GPへの影響が懸念されています。現時点ではまだ変更のスケジュールはありませんが、今後の感染拡大のありかたで、中止になることも考えられます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク