エルグランド 新型 登場と思いきやただのカスタムモデルという期待はずれ

1

オーテックが公開したエルグランドオーテックコンセプトですが、今更エルグランドの改良版みたいなものを出されてもなぁという気もするのですが、実際に見てみると、色が専用色であったりするので、案の定現行型から何も変わっていないんだなという印象を受けました。

スポンサーリンク

◆エルグランドオーテックコンセプト

1

オーテックのシリーズとしては、さまざまなカスタムカーを世に送り出している会社でありますが、通常のモデルよりスポーティであり高級感をまとったスタイリングが特徴なブランドといえます。そして今回登場したエルグランドの色合いですが、湘南ブルーと呼ばれるブランドカラーをまとったモデルとなっているんですよね。

今回エルグランドを登場させた理由としては、マイナーチェンジをしたセレナオーテックをベースとして、休憩や車中泊ができるベッドシステムを搭載したコンセプトカーであるセレナと合わせて、オーテックブランドのフラッグシップモデルとしてこのエルグランドオーテックコンセプトを特別に展示したといいます。

今回のエルグランドオーテックジャパンに搭載されているカスタムパーツについては、専用のフロントグリルやメタル調のフロントプロテクター、サイドとリアのプロテクター、フォグランプフィニッシャー、オーッテクエンブレム、オーテック専用シグネチャーLED、オーテック専用ダーク金属調18インチアルミホイールとなっています。

実は今回展示されているエルグランドオーテックコンセプトの内装は全く見ることができませんでした。かなり濃いめのスモークガラスとなっているためです。従来モデルとそれほど変わらないと思われるのであえて触れませんが・・・。

本当のところ、エルグランドオーテックコンセプトを出してもらってもこのカテゴリーはアルファード、ヴェルファイアの独占であるということは変わらない事実でありますし、するならば、いっそのことe-POWERを搭載したモデルにすればよかったのにと思えてなりません。登場して10年を超えるエルグランドなだけに、フルモデルチェンジをする必要があるのは日産もわかっていると思われるのですが・・・。ただ、フルモデルチェンジしてこのサイズのミニバン市場のシェアを上げることができるかというと、それもまた不可能に違いような気がします。今の日産では軽自動車のフルモデルチェンジがやっとでしょうか。

スポンサーリンク

◆セレナe-POWER オーッテクマルチベッドコンセプト

2

そしてそのエルグランドの横に転じしてあったモデルこそが「セレナe-POWER オーテックマルチベッドコンセプト」です。これは車中泊を中心にしたセレナなのですが、ここまで車中泊するかというくらいに車中泊を優先したモデルになっていました。

特に驚いたのが、3列目シートを取っ払って、ベッドとなるボードを置いているんです。2列目、3列目を使って広々とする室内は車中泊には便利ですが、室内に入ろうとすると相当高いため、なかなか入りにくいことが難点でしょうか。ベッドとなるボードを置くためかなり補強されているようで、重さにして150㎏ということですので、それにしっかりと耐えることができる仕様になっているようです。

ここまで車中泊にこだわったモデルとしてはミニバンの本領を発揮しているようにも思えますが、収納するのがめんどくさそうです。昨今、アウトドアがブームになっているだけに、このようなモデルを登場させたと思われます。ただ単に旅行で車中泊をするということ以外に、海に出かけたり、ウインタースポーツを楽しんだりとその利用度は多岐に渡るといわれています。

自分がこのような車がほしいかといわれると必要ないのですが、よくお出かけをするユーザーにとってみると「こんなセレナが欲しかった」と思われる仕様なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク