ヤリスとフィット 後部座席の広さはこれほどの違いがある!広さではフィットに軍配。

今回は新型ヤリスと新型フィットの内装について比較してみたいと思います。同じ時期に登場して注目を集めているヤリスとフィットですがコンセプトは全く別物でした。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆新型ヤリスの内装

1

新型ヤリスの内装の特徴としては、新たに採用された「ターンチルトシート」が主なポイントになるでしょう。乗り降りする際にシートを回転させて乗ることができるシートで、これは主に女性の使い勝手を向上させたものと考えていいかと思います。特にタイトなスカートや着物なんかを履いている方には乗り降りしやすい仕様となっております。

そしてディスプレイは大型画面のものが採用されています。ハイブリッドX、X、XBパッケージには7インチのディスプレイが搭載されています。ハイブリッドZ、Z、ハイブリッドG、Gには8インチのディスプレイが搭載されています。見た目にもかなり大型の画面で操作もかなりやりやすそうです。

トヨタはこれからディスプレイだけを搭載し、スマートフォンで利用されているアップルカープレイや、アンドロイドオート、ラインカーナビなどを使える仕様へと変えていくといいます。ナビを搭載するということが古い、という時代が来るのかもしれません。もちろん、必要であればオプションでナビを搭載することも可能です。

シート自体はふんわりとしており座りやすい仕様になっていました。ヤリスの一番の特徴としては、後部座席の”狭さ”なのかもしれません。ドライバーの座席を一番後ろに設定していない場合でも、後部座席は膝前が窮屈でした。シート自体は長時間座れるようなものと感じたのですが、膝前の狭さ故に後部座席に乗っている人はストレスを感じるかもしれません。

スポンサーリンク

◆新型フィットの内装

2

新型フィットの内装の特徴としては、フロントガラスが大きく開かれている点と、後部座席の広さが大きなポイントと言えるかと思います。シートの座り心地については、ヤリスとそう大きく変わらないと感じました。フィットもシートを従来よりも3cmほど厚くしているということですが、実際に乗ってみるとそう大きく変わったという感じはありませんでした。それよりも室内の広さが特筆して良いといえそうです。

インパネについてもシンプルではありますが、スッキリしていてごちゃごちゃした情報ではなく情報が整えやすい仕様になっていました。なんといっても「ボディスタビライジングシート」の採用で体をすっぽりと包み込んでくれる感覚があります。

新型のフィットはどの席についてもかなり広々としている室内空間を誇っているため広さについてはヤリスよりもストレスを感じることなく乗ることができます。長時間乗ると室内の広さゆえにストレスを感じることが時間の経過とともに強くなってくるためフィットは長時間のドライブでも心地よく乗ることができます。

ついでにラゲッジルームについてはヤリス、フィットどちらも同じくらいな感覚があります。シートを倒さない状態ではヤリスが約290Lほど、フィットが約320Lほどでしょうか?劇的に変わるわけではありませんが、使い方が大きく変わってくることは間違いなさそうです。

具体的に言いますと、新型フィットの場合、ガソリン車FFで308L、四駆で308L、トランクの下に少しスペースがあるのですが、そこはFFが22L、四駆が10Lとなります。ハイブリッド車ではFFが292L、四駆が227L、トランク下スペースがFF、四駆ともに14Lとなります。これはリアシートを倒していない場合の容量です。

新型ヤリスの場合、ガソリン車、ハイブリッド車ともに同じ広さで、209L、アジャスタブルデッキボードを搭載しているもので、270Lまで広がるということでした。容量についてはこちらもフィットに軍配が上がるようです。

0
スポンサーリンク
スポンサーリンク