S660 新型 無限モデルは運転してさらに楽しい車に大きく改良。ミニスーパーカーか!?

pic_styling_02

管理人も以前S660を購入したことがある者として今回の新型S660について思うことは、今だS660は人気のモデルであるのか!ということです。登場前から相当に注目が集まっていたモデルだけに、現在もこうして改良され続けていることが嬉しく思います。ノーマルモデルでも相当な完成度を誇っているS660ですが、無限パーツが装着されることによりさらにミニスポーツカーとしての性能を大きく発揮できるのだろうと思われます。

スポンサーリンク

◆S660は小さなスポーツカー

pic_styling_02

まさにスポーツカーと呼ぶに相応しい出で立ちであったり、雰囲気、装備など小型ミドシップ車としてはこれ以上ない完成度ではないでしょうか?その小さなボディにこれほどの戦闘力があるのかというくらいに高いものを持っています。無限といえば、S660ではハードトップがモデューロとは違うものでありますが、実際のところ、光沢もよく、ノーマルの車体剛性のバランスなど大きく変えるものではありませんが、その味付けはしっかりと”素”のS660を味わうことができる装備であるのかもしれません。

カスタマイズする必要のないS660ですが、無限のS660パーツを装備することでS660の性能を遺憾なく発揮していることがポイントであると思われます。高速走行でもしっかりと走行安定性は発揮されますし、S660の性能を極限に感じるのはコーナーでのライン取りではないでしょうか。無限ではさらにバランスのいいハンドリングからダウンフォースの効果も得ることができ、いつよもり力を抜いてリラックスしてステアリングを握れそうです。

専用のサスペンション(5段階減衰力調整機構付き)を装備することで幅広い走行ショーンで高い接地性をもたらし、ダンパーの減衰力を5段階に可変できる機構が追加されています。足回りが衝撃を吸収してくれて、さらに接地性も高く、軽自動車とは思えないくらいに上質な走りを感じることができます。限界領域でのコントロール性と同時に、常用域での柔らかさやしなやかさによってカテゴリーを超えた乗り心地も両立しています。

ブレーキパッドにも放熱性や摩擦粉の除去をしてくれるディスクローター&コントロールしやすいブレーキフィールと耐フェード性を実現してくれるブレーキパッドを装備し、タイヤは15インチ、もしくは16インチのアルミホイールを装備します。S660のタイヤは太さも登録車並みであり、高速走行でも安定できるのは、そのタイヤの太さ故でもあるのです。

スポンサーリンク

◆S660のインテリア

design_image_01

S660のインテリアは、ノーマルでは黒一色となりますが、モデューロXには無限にはないボルドーレッドのカラーコーディネイトによって少しオトナで上質なスポーツモデルとして感じさせる高い質感と官能性を備えています。アルカンターラ素材を採用することで、他にはない特別感を感じることができるでしょう。

実はこのS660のMTシフトノブは、操作性への妥協に拘るあまり、最適な形状を検証しながらたどり着いたものとなっています。市街地走行や高速走行、ワインディングなどあらゆる場面で車から人へ細部にまで伝わるように、拘り抜いたシフトフィールを実現するカーボンシフトノブが採用されています。

無限のS660には小さな車体に様々な要素が凝縮して詰め込まれているモデルです。ノーマルでも完成度が高い中で、そこからさらにカスタム化された無限のパーツを装着することで、運転を楽しむということ以上に、S660に乗っていること自体が楽しいと思わせるものになっていると思います。

スポンサーリンク

◆コペンGRスポーツ

0

軽自動車のスポーツモデルというとS660のライバルともいえるコペンがありますが、コペンにもGRスポーツというGAZOO レーシングがチューニングしたミニスポーツカーが存在します。まさかトヨタからコペンが登場するとは!?と驚きを隠せないところですが、ダイハツがトヨタの子会社となっているからには、可能性は否定できませんでしたね。ダイハツがトヨタへOEM供給しているモデルがコペンGRスポーツですが、今回のコペンについては大きく変更されていないのもポイントではないでしょうか。

トヨタからライトウェイトスポーツが登場する!ということで当時はSR-Fが登場するという話もあったくらいですが、2017年には開発が中止になってしまっています。2015年の発表から2年で開発が中止になってしまったのですが、この情報を聞いたときにはライトウェイトスポーツの存在はないかもと思っていた矢先にコペンGRスポーツの情報がでてきたのでした。

トヨタ、ダイハツにとってみると相互に相当なメリットがあることは確実でトヨタではラインナップの充実、ダイハツではコペンの存在感アップということになります。登場したのが2019年11月ですが、その時にすでに販売台数は1万台を超えています。販売台数もS660とは大きくは変わらない様子です

コペンGRスポーツは専用のチューニングのサスペンションや電動パワステなど、ボディ補強を行い車両の剛性を高めています。コペンGRスポーツは限定販売ではなく、通常の販売で購入が可能となっています。今回登場したコペンGRですが、日常での愉しさを向上させるモデルで、公道を普通に走行する分には問題ないですが、サスペンションもがちがちにしているわけではないので、凸凹道などの衝撃はかなり響いてきます。それはS660も同じで、この小さなボディには大きく衝撃を吸収するにはあまりにも小さ過ぎるということがいえるのかもしれません。

それでもステアリングの反応や、ボトムからトップまでの加速の乗り方というのは普通の軽自動車ではない愉しさがあります。エンジン自体はノーマルなので、64psとパワーは従来モデルと変わらないところはありますが、それでも十分に発進から加速までおこなってくれます。

コペンGRスポーツに採用されている安全性能はVSC&TRC、ABS、ブレーキオーバーライドシステム、エマージェンシーストップシグナル、エアバッグというもの。このVSCというシステムは滑りやすい路面でのコーナリング時に横滑りが発生した場合、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントールして車両の安全性を確保してくれます。TRCは発進や加速時にタイヤの空転を抑えてくれてアクセル操作に貢献してくれます。ABSのアンチロック・ブレーキ・システム、ブレーキオーバーライドシステムというのは、アクセルペダルとブレーキペダルを一緒に操作した際にはブレーキ側が優先されるというシステムであったり、クラッチスタートシステムは、MT車専用ですが、エンジンを始動する際に、クラッチペダルを床まで踏み込まないとスタートキースイッチを回してもモーターが作動しないというものです。

それに対してS660については、シティーブレーキアクティブシステム、クラッチスタートシステム、クルーズコントロール、などが搭載されています。高速道路など走るときには、クルーズコントロールがあると、アクセル操作なしでも車が自動でスピードを一定に保ってくれる機能なでの楽ちんかもしれません。スポーツモデルにクルーズコントロールをつけてもあまり使わないということが多いかもしれませんが・・・。

安全装備にしてみると、コペンGRスポーツ、S660と大きな差はなさそうです。もっとも大きな違いはルーフにあるといえそうで、このルーフはコペンが自動で開閉可能、S660は手動となっています。このあたりのめんどくささはS660にはありますよね。

どちらにしてもS660とコペンGRスポーツは軽自動車としては本格的なスポーツモデルということで晴れの日にはオープンにしてお出かけしたい一台といえるのは間違いありませんよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク