タフト 新型とハスラー新型 軽自動車クロスオーバーモデルに強烈なモデルが登場

11

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

2020年に大人気となりそうなのがダイハツが発売を計画している新型車のタフトです。これはスズキのハスラー対策ともいわれているモデルだけに、スズキにとってハスラーキラーになりかねないモデルといえそうです。この新型タフトと新型のハスラーの2台を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

◆新型タフト 男性向け!?

東京オートサロン、大阪オートメッセで登場した新型車のタフト。ダイハツの新型軽自動車として期待されたモデルです。ダイハツは市販モデルとしてタフトを年央に発売と発表しています。年央となると2020年の6月、7月あたりになるでしょうか?今回公開されたタフトですが、完成度が非常に高く、このまま市販モデルとして登場してもおかしくないほどです。イベント会場であるダイハツのブースには広報の方おり、その場にいた様々な年代の方へアンケート調査を行っていました。特に内装についてのアンケートを実施していたため、今後市販モデルとして登場する場合は、内装になんらかのテコ入れがされているかもしれません。

このタフトのカテゴリーはクロスオーバーに属するもので、スズキのジムニー、スペーシアギア、ハスラーとライバルはかなり多そうです。ダイハツとしては軽自動車クロスオーバーであるキャストアクティバを2015年に登場させていますが、その中でもスズキのハスラーの独走を阻止することはできずにいました。そこで白羽の矢が立ったのがタフト、というわけなんですね。

このタフトはタントでも採用された新開発のDNGAプラットフォーム車の第二弾となります。エンジンもタントと同じ新開発の658ccの直3ターボとノーマルエンジンが搭載されるということです。そしてダイハツ独自のD-CVTが組み合わされることで、優れたドライバビリティを発揮するということになりそうですね。D-CVTといえば、コンパクトSUVのロッキーにも採用されているもので、とても完成度の高いものとして大人気になっています。

スポンサーリンク

◆新型タフトの内装

2

内装はハスラーに比べると比較的落ち着いた印象を受けます。コンセプトカーでは質感が高いというよりもかなりアクティブなイメージを持たせるデザインになっています。クロスオーバーというカテゴリーに属するモデルだけに、「男の無骨な感じ」という印象が大きかったです。ラゲッジルームについてはフルフラットになるところから、今はやりのキャンプ用の車として重宝しそうなモデルになりそうですね。大きな荷物も積みやすくなっているため、荷室の使い方次第では十分に車中泊も可能となっています。

コンセプトカーの内装はところどころにオレンジ色のアクセントが備わっており、無骨さの中にもおしゃれ感も備わっている感じです。大型のガラスルーフが装備されていましたが、標準装備となることを願います。

利便性についても優れていると思われるタフト。日常生活として活用する場合と、レジャーについても幅広く活用できそうで、アウトドアが好きなユーザーには刺さりそうなモデルになりそうです。

スポンサーリンク

◆ハスラー 独走を止められない?

20190927-20105597-carview-001-1-view

ハスラー人気が止まりそうにありません。軽クロスオーバーといえば、スズキが世に送り出したハスラーがそのパイオニア的存在ではないでしょうか?かわいらしいスタイリングが人気のモデルですが、室内空間は広く使い勝手もいいもので、最低地上高は1800mmとかなり高めに設定されているため、SUVとしても利用される場面が多いのではないでしょうか?

初代でその地位を確立させたとも言えるハスラーですが、2代目となりさらに広くなった室内空間や、新世代のプラットフォーム、新エンジンの採用と安全性能の大幅な向上など、大きな改良がなされています。新型ハスラーの外観は、丸型のヘッドランプがユニークなフロントや、基本的にボディスタイルは初代を踏襲しつつ、グリルやフェンダー、サイドウインドなどがスクエアになったことで、初代よりも少しタフな感じになっています。

室内空間やシートは、ワゴンRがベースになっていますが、前席は床と座面の間隔に十分な余裕が備わっており、ヘッドクリアランスも広くとられています。フロントシートは、ドライバーの体重が加わる背もたれや後ろ側にもしっかりと作りこみがなされており、座り心地は十分といえそうです。

新型ハスラーのホイールベースは先代よりも3.5センチ拡大していることから、広がった分は後部座席の足元の広さへ活かされました。後部座席に座る人は前席の下に収まりやすく、膝先の空間もかなり余裕が生まれるくらいに広さを取ることができます。窮屈さはなさそうですね。さらに4人乗車してもラゲッジルームはしっかりと確保されていることから荷物を載せることができます。

新型ハスラーは収納設備も豊富に供えられています。インパネアッパーボックスや、インパネトレーなどもあり、さらに、助手席の下にもアンダーボックスが装備されているためハンドルがついていて車外に持ち出すことができることもウレシイ装備です。

新型ハスラーはピラーの角度が立っているため、ピラーの断面やトリム形状に改良がなされたことがわかります。そのため視認性を大きく向上しており、視界は良好といえそうです。エンジンは燃焼効率を向上させた新開発のNAとインタークーラーターボの2種類が用意されています。このどちらにも燃費向上をさせるマイルドハイブリッドが搭載されています。タフトの登場でハスラーの牙城を崩せるどうか、このカテゴリーは非常に注目されるところだと思います。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク