キックス 日産 新型の日本発売は夏ごろ!?実は3代目となるキックスには初代モデルがあった

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ジュークの後継車として国内市場に投入されるキックス。すでに南米などで販売されているキックスが新ブランドのコンパクトSUVとして登場しますが、日産には以前KIX(キックス)というモデルがあったのをご存じでしょうか?

スポンサーリンク

◆新型キックスはKIXの後継モデルなのか?

2

KIXは日産が1995年および1998年に発表したコンセプトカーで、2008年から2012年まで販売していた軽自動車のSUVです。1995年に発表されたコンセプトカーは、ノッチバックセダン型のピックアップトラックで、1998年に発表されたものはハッチバク型です。この両モデルはとくに関係しているということはなくアルファベット表記も異なるということになっています。

2008年にキックスという車名が使われだしたのですが、これは三菱自動車が生産販売していたパジェロミニのOEM供給として日産が販売していたモデルになります。2012年にはパジェロミニの生産が終了したことをきっかけにキックスも生産・販売が終了となりました。

2代目は2016年に登場しています。初代とは打って変わり自社製造でジュークとエクストレイルの中間のコンパクトクロスオーバーSUVとして海外で販売が開始されました。特にエクステリアについては、最近の日産のデザインアイデンティティである「Vモーション」を核として、V字型グリルやブーメラン型のヘッドライト、フローティングルーフなどを積極的に取り入れることで、力強さとスポーティさを高いレベルで両立させています。

・1995年登場のKIX

3

1995年に登場したKIXは東京モーターショー時に出展されたコンセプトカーでした。使い慣れた道具のように、使える車としてコンセプトを打ち出しています。特徴としては、広く使えるビッグなトランクで2mほどの長尺物でも積載できるということです。

ボディサイズは全長4650mm、全幅1695mm、全高1500mm、ホイールベースは2580mmでフルタイム4WD採用の最高出力は150ps、最大トルクは19.0kgmとなっています。

・1998年に登場したKYXX

こちらはパリ国際モーターショーにて出展されたコンセプトカーで、アルファベット表記は今では見かけないものでKYXXとなります。このモデルは当時最新のモジュール式燃焼システムを採用し、2005年当時の欧州にて導入されるCED4に完全に対応していたことでも知られていました。

ボディサイズは全長3650mm、全幅1680mm、全高1480mm、ホイールベースは2550mmでエンジンは4気筒、コモンレール式直噴ターボディーゼルを採用していました。

スポンサーリンク

◆初代パジェロミニのOEMキックス

2008年のことですが、パジェロミニのOEM車として日産は三菱自動車から供給を受けることになります。キャッチコピーは「すべての道を走りつくせ!日産ミニ四駆 KIXデビュー」というもの。調べてみるとテレビCMもされており、ナレーターは野沢雅子さんだったということです。

グレード構成としてはRSと上級グレードのRXの2つのグレードでいずれも5速MT車と4速AT車がラインナップされています。2代目、前期型のエクストレイルに似た専用グリルが備わっており、ボディカラーはチタニウムグレーメタリック、デニムブルーパール、ラズベリーレッドパール、クールシルバーメタリック、ブラックパール、ホワイトパール3コートコートパールの計6色を展開しています。

パジェロミニのOEM供給ということですが、その違いは外観ではフロントフェイスやスペアタイヤハーフタイプハードカバーなどで、メカニズムの面ではカーナビを標準装備したモデルの登場もありました。

2代目の登場は2016年になります。2012年に行われましたサンパウロモーターショーにて、コンセプトモデルである「エクストレム」を発表。より市販車に近いキックス・コンセプトを2014年のサンパウロモーターショーで登場させました。そして正式に発表したのが2016年です。その後、2017年には上海国際モータショーで中国にて初公開したり、2017年には北米市場に導入と続けて販売を強化しています。

スポンサーリンク

◆3代目として登場する次期キックス

4

日本国内へ投入されるモデルはジュークの後継モデルとしての登場といわれていますが、すでにキックスが登場していたため、そのような感じはなさそうです。正常に進化するモデルといえるのではないでしょうか?比較対象として必ずジュークが用いられることもあるので、ジュークと比較しながら説明をしていきたいと思います。

ジュークの弱点でもある居住性とラゲッジルームのスペースについては、大きく改善される点がポイントです。アウトドア派のユーザーでもしっかりと満足するほどの空間がもたらされます。ルーフやリアドアのウインドガラスは、後方まで水平に設計されていることもあり、後席でも十分なヘッドクリアランスと、開放感を得ることができそうです。

あの影響もあり2020年に国内で発売するということですが、もう少しずれ込む可能性もありますね。欧州で2019年9月に発売された新型のジュークですが、この大きさのSUVを投入するというところには、トヨタ、ダイハツへの対抗策とも考えられます。

キックスの全長は4295mm、全幅1760mm、全高1590mmで新型のジュークよりも若干小さめな設定になっています。欧州にて発売された新型ジュークのボディサイズは、全長4210mm、全幅1800mm、全高1595mmで高さが少し低くなっているようです。ボディのサイズとしては若干小さめといえど、ほぼ変わらないくらいのサイズになっています。

キックスが日本へ導入される中でもっとも注目されているのはe-POWER導入についてです。キックスは1.5リッター、1.6リッターのガソリンエンジンが搭載されるということもありますが、搭載が濃厚なのではないかといわれています。

e-POWERには基本1.2リッターのエンジンを発電専用として、リチウムイオンバッテリーに貯めた電力でモーターを駆動させ走行します。EVのようなスムーズな加速感と優れた燃費性能を備えており、コンパクトカーであるノートやミニバンのセレナにも搭載されていることから、両モデルの人気は高いレベルで安定しています。日産の戦略の1つにe-POWERをグローバルで展開していくということが掲げられていることから、キックスにもe-POWER搭載は濃厚となっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク