ヤリス クロスオーバーとスイフトスポーツのBセグメント対決が面白そう。

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ヤリスクロスオーバーについて現実味がだいぶ高まってきていますが、そのライバルになるのはどんなモデルがあるのか、気になり調べてみました。このヤリスクロスオーバーはBセグメントに属するモデルになるということで全長4170mm、全幅1765mm、全高1550mmというサイズなので、そのカテゴリーはエンジンの総量は1.0リッターから1.5リッター、3気筒、もしくは4気筒のエンジンを積んでいます。スズキのクロスビーやスイフト、輸入車ではアウディQ2が対象になります。Bセグメントの雄といえば、スイフトではないでしょうか。このヤリスクロスオーバーとスイフトについて比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆ヤリスクロスオーバー

1

ヤリスクロスオーバーはトヨタが2020年9月に登場を計画しているBセグメントのクロスオーバーモデルになります。2020年2月には新型ヤリスが登場しましたが、ヤリスをベースによりクロスオーバーの要素を盛り込んだモデルです。全長は4170mm、全長1765mm、全高1550mm、ホイールベースは2560mmというサイズです。

現在分かっている情報は、エンジンは直列3気筒DOHCハイブリッド搭載、最高出力は91ps、最大トルクは12.2kgm、モーターは前80ps、リア5.3psということです。

このヤリスのクロスオーバーモデルですが、トヨタとしては「高度な地上高とインテリジェントな全輪駆動システムと、トヨタの最新のハイブリッドテクノロジーを組み合わせる」ということと、「コンパクトでダイナミックなデザインと独自の個性を持ち、全く新しい独自のB-SUVモデル」ということを話しています。

インテリジェントな4輪駆動システムというとBMWのxDriveを考えてしまいます。このシステムはは常に走行状況を検知してオーバーステアやアンダーステア等の不安定な挙動を事前に察知し、瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを最適に可変配分するインテリジェント4WDシステムです。常に安定したロード・ホールディングと最大限のトラクションを確保することで、2WDモデルに対し、優れたコーナーリング性能と走行安定性をもたらします。

RAV4でも新しく搭載されました「ダイナミックトルクベクタリングAWD」では、低負荷時に後軸側への駆動を完全に遮断し、走行負荷を低減するディスコネクト機能も備わっています。

GRヤリスでは新開発のスポーツ4WDシステムである”GRーFOUR”を搭載してきました。ヤリスのクロスオーバーモデルには、全く新しいシステムが搭載されるという期待も十分にあり得そうですね。

スポンサーリンク

◆スイフトスポーツのよさ

49197871153_3b265200f9_c

Bセグメントのモデルの中でもスイフトスポーツは高いスポーツ性能をもったモデルといえます。それくらいスポーツ性の高いホットハッチモデルと言えるのではないでしょうか?新型プラットフォームで開発されたボディは、ワイドトレッド化されて全幅が1735mmとされています。実はスイフト初の3ナンバーということなんですね。

スイフトスポーツには新開発のK14C型ブースタージェットエンジンが採用され、トランスミッションはショートストローク化によりしっかりと決まる操作感を実現した6MT、スムーズな変速と鋭い加速が得られるスポーティなセッティングの6ATが採用されています。動力性能が旧型よりも飛躍的に向上しているのです。

このK14C型ブースタージェットエンジンは、軽量コンパクトなスイフトスポーツの魅力を最大限に引き出すために、直噴ターボのK14C型ブースタージェットエンジンを新たに開発しています。直噴ターボ採用により最高出力、最大トルクともに向上させ、大幅なトルクアップにより、低回転域から力強く、どこまでも加速していくような特性を発揮しているのです。さらに燃費性能も改善されています。

スイフトスポーツのボディサイズですが
全長3890mm、全幅1735mm、全高1500mm、エンジンは水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ、DOHC16バルブVVTを採用しています。なんとガソリンは無鉛プレミアムガソリンということなんですね。

そんな中でも最高出力は140ps、最大トルクは23.4kgmと高い性能を誇ります。このボディで23.4kgmはかなり高いトルクではないかと思われます。

ヤリスクロスオーバーとスイフトスポーツですが、SUVとスポーツ性能の高いモデルということで比較にならないのかもしれませんが、同じセグメントのモデルとしてはヤリスクロスオーバーの新規システムの期待と、スイフトは走行性能のよさでまだアタマ一つでるような感じでしょうか?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク