新車情報2020 スバル レガシィB4とBRZがついに販売終了へ。WRX S4への期待が大きく。

photo7

2020年4月10日に東京スバルからレガシィB4とBRZの注文の受付終了のアナウンスがなされました。国内での現行型モデルの受注をそれぞれ終了することが明らかにされたのです。1989年の誕生から続いたレガシィのセダンモデルはついにその歴史を終了することになったのです。

スポンサーリンク

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆レガシィB4が6月22日に終了

photo16

すでにアメリカでは新型が投入されているレガシィB4ですが、日本への新型の投入の予定はなく、国内での31年の歴式終止符が打たれました。日本市場での国内セダンの低迷が理由とありますが、上級セダンの道を選びましたが、生き残りをかけた戦略はいい方向に向かうことはありませんでした。

日本でのレガシィの系譜はアウトバックがその任を担うことになります。現行型の販売は継続されるということです。将来的には海外仕様のアウトバックをベースとしたフルモデルチェンジが実施される見込みです。

新型のアウトバックは、海外仕様を右ハンドル化した法規対応だけではなく、日本のユーザーのために、一部専用仕様として改良されているということです。今後のレガシィB4の受け皿はWRX S4が担うことになります。現行型は輸入車ユーザーからの乗り換えもされており、スポーツセダンとしての評価は高まってきています。現に年の若いユーザーも増えているということです。

WRXは新型の開発を進めており、スポーツセダンとしての進化も加えて、レガシィB4のユーザーも受け入れるフラッグシップセダンとしての存在にも期待されています。レガシィB4を終了させるということはその分WRXには大いに期待が持てそうです。

スポンサーリンク

◆BRZがついに新型へ改良

01

86とともに開発されてきたBRZ。今の時代とても貴重と言われるスポーツクーペですが、このBRZも7月20日で注文が終了されるということです。2020年3月に、ドイツでは現地の販売終了を惜しむ限定車であるファイナルエディションが発表されたのですが、日本市場ではこのような特別仕様車は登場させないということです。

すでにトヨタとスバルが次期モデルの共同開発を進めていることを公表しているのは間違いありません。次期86/BRZについての情報は今のところ情報は詳しくは出てきていませんが、現行型と同じような2ドアのスポーツクーペであることは間違いないということです。

日本市場の特徴というべきか、MT比率の高かった発売当初に比べて現在はAT比率が高まってきているとのこと。クーペが好きなユーザーも増えてきているという現れと思われます。AT車が出てきたということは2シーターモデルに乗りたいというユーザーの心理を捉えているかもしれません。

受注が終了となるレガシィB4とBRZですが、今であれば値引きや自分の好みに合わせたオーダーも制限なくできることでしょう。コロナウイルスの影響で営業時間も短縮されているディーラーもあるかもしれませんが、販売については継続されています。今のうちに購入しておくのがお得かもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク