ソフトバンクグループもついに倒産になってしまうのか?孫氏窮地に立たされる。

0

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ソフトバンクグループ、ついに株式を放出し始めたようです。現在最大の危機に直面しているソフトバンクグループですが、2兆円規模の株式を手放すことになったようです。それはTモバイルで保有する株式の3分の2を売却するほとといいます。

海外メディアからは、今回の株式売却についてドイツテレコムとの協議の結果にかかっているということですが、これについてはソフトバンクグループは売却できなければ存亡の危機直面するのではないかともいわれています。ですが、Tモバイルを保有したときのきまりで、1年以内の売却は禁じられているという制限の項目があるために、現在協議を行っているということです。この協議次第では、売却制限を解除することができるほかに、売却も一定の比率以下であればできるということがいわれています。

さて、ソフトバンクグループがTモバイルの資産売却に乗りだしたのは創業以来の最大の赤字を出したため、現在において過去最大の危機に直面していることが挙げられます。最大の危機とは、2020年1月から3月期の赤字が1兆4381億円で、日本企業としては四半期では過去最高の赤字額です。今までの1-3月期で一番の赤字であったのは、2011年の東日本大震災にて東京電力が1兆3800億円を超える金額です。

◆ソフトバンクが赤字に転落した理由

ソフトバンクがこれほどまでに大きな赤字を出してしまったのは投資事業であるビジョンファンドが1兆9000億円の損失を出してしまったからです。ビジョンファンドは投資先が88社あるのですが、そのうち50社の企業価値が大きく低下してしまったためといわれています。この投資の中で特に40%ほどを占めているうーばーでは43億ドルもの含み損を生じています。

2019年11月16日の連結決算報告において、ソフトバンクグループは2019年7月から9月で最終損益は7000億円ほどの赤字を計上しており、グループ創業以来の大きな赤字にもなったことが大きな話題となりました。その影響もあり、かなり赤字を引きずっていることがソフトバンクグループが窮地に追い込まれているということがいえますね。

◆ソフトバンクの赤字っていつから!?

2019年の3月期の決算においては2.3兆円の黒字を見込んでいたといわれています。それが半年後には7000億円もの赤字に転落するということですから、えらい短期間で大きな損失を出すことになったなと思われますよね。

ソフトバンクグループといえば、携帯会社のイメージがかなり強いですが、実は自社で運営している投資ファンドがあり、これが大きく業績にかかわっているといわれています。ファンドというのは、どこかの企業にお金を投資して、投資先の企業の業績が伸びれば投資したリターンを得ることができ収益を上げることができるということになるのです。このファンド事業が他社の業績からダイレクトに自社に影響を与えることになり、短期間で収益を増減させる理由になるのです。

2019年3月の決算で2.3兆円もの大きな黒字を見込んでいたということからファンド事業の営業利益はグループ全体の大部分を占めることになるために、投資としての目利きはかなりさえているといえたでしょう。

しかしながら、投資においては勝ち続けることはかなり困難で、半年後には結果的に投資が失敗に終わってしまったともいえることから投資とはあまりにも博打に近いところがあることを知るわけです。ソフトバンクグループの場合、なぜ投資がうまくいかなかったかといいますと、オフィスシェア企業であるWEWORKに対する投資が大きな割合を占めていたといいます。WeWorkとはアメリカのニューヨークを拠点とするワーキングスペースを運営しているオフィス事業を展開しており、日本でも事業を展開している外資系企業です。

2019年3月の時点ではすでに1兆円以上の投資をWeWorkに対して行っていたのですが、2019年9月30日時点で当初予定していた新規株式公開を見送る方針となり、その後大炎上を経てCROが退陣するという事態にまで発展しています。

ソフトバンクグループはもともと中国のアリババ株が大きな利益をもたらしたことから、中国からの恩恵が厚いグループでした。ですが、ついにアリババグループの株も売却することを決めその金額は1兆2500億円ほどといわれています。孫会長はこれから人生観を振り返りさまざまな選択肢を持って乗り切りたいと話しているということです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク