カローラクロス 日本発売にも期待!ヤリスクロスとの棲み分けは!?スペックを比較

1

トヨタ自動車は、コンパクトSUVの新型「カローラクロス」を2020年7月9日にタイで世界初公開し、販売を開始しました。ついにカローラシリーズにもSUVが登場したことになりますね。新シリーズとして追加されたカローラクロスですが、一体どのようなモデルなのか気になりますね。

スポンサーリンク

◆カローラから初のSUV

1

2020年7月9日にタイでトヨタの新型SUVであるカローラクロスが世界初公開されました。世界150以上の国と地域で累計で4800万台以上販売されてきましたカローラシリーズ初のSUVとなります。同じクグローバルで販売されているヤリスシリーズからもコンパクトSUVとなりますヤリスクロスが登場しますが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

カローラが登場したのは1966年のことで世界中で人気を博してきたモデルですが、常に時代のニーズや地域のニーズに合った進化をしてきました。

今回新型カローラクロスが導入されたことでトヨタとしては「世界的に需要が高まっているSUVを新たにカローラで設定し、これまで以上に充実したラインナップをすることで、ユーザーのライフスタイルやライフステージに合せた選択をできるようにしました」と話しています。

その一方で新型ヤリスクロスは、2020年2月10日に日本市場に登場させたヤリスと同じTNGASプラットフォームのGA-Bプラットフォームを活用するカローラクロスとはひとつ下のサイズとなるSUVです。

ヤリスは、カローラ同様にトヨタのグローバルモデルとなりますが、日本では先代モデルはでヴィッツという車名で販売されてきましたが、国と地域によってはベース車が異なっているようです。ちなみに北米ではマツダ2のOEM車として販売されています。

タイでは先代のヤリスをベースにしたヤリスクロスがすでに販売されているのですが、今回の新型ヤリスクロスとは全くの別モデルということで、グローバルとしては少し複雑なシリーズ設定になっているようにも思います。

スポンサーリンク

◆カローラクロスとヤリスクロスの違いは!?

タイで発表された新型カローラクロスは、カローラシリーズをはじめとてプリウスやC-HRと同じTNGAプラットフォームのGA-Cを採用しています。新型トーションビームサスペンションによる安定したフラットな走りとともに、快適な乗り心地や静粛性を実現しているのです。

ボディサイズは全長が4460mm、全幅が1825mm、全高が1620とワイドなスタンスとなっており、力強さの中にも艶やかな質感や、洗練された気品に満ちあふれたスタイルとしており、現行のカローラシリーズとはどこか一線を画すテイストを持っているように思うのです。

新型のヤリスクロスはGA-Bプラットフォームをベースにしたヤリスブランドが築いてきた走る楽しさへのこだわりやクラスを超えた質感を継承しつつ、都市型コンパクトSUVを再度定義させることを目指して開発されています。

見た目のデザインはシンプルながらも、SUVならではの力強さが表現されているほかに、強調されたフェンダーによって踏ん張り感を演出しています。ヤリスと同じく2トーンルーフの仕様が設定されていることも特徴となっています。

新型ヤリスクロスのボディサイズは、全長4180mm、全幅1765mm、全高1560mmとなっており、ヤリスの全長である3940mm、全幅1695mm、全高1500mmよりはひと回り大きなサイズとなっています。

トヨタのコンパクトSUVでは、ライズが販売されていますが、ライズのボディサイズ全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmやその上のクラスのモデルであるC-HR(全長4385mm、全幅1795mm、全高1550mm)のちょうど中間の位置に設定されているともいえそうです。

カローラについて、日本での展開は2020年7月現在でコンパクトハッチバックのカローラスポーツ、カローラセダン、カローラツーリング(ワゴンタイプ)や先代モデルとしてはカローラアクシオ、カローラフィールダーがビジネスユーザー向けに併売されているのです。

ヤリスシリーズとしては、すでに販売されているヤリスに加えて、2020年8月末にヤリスクロスが発売。さらには2020年9月にはトヨタから20年振りにスポーツ4WDを自社で開発したことで話題となりましたGRヤリスが登場します。

スポンサーリンク

◆カローラクロスとヤリスクロスのパワートレイン

2

タイで新発売となりましたカローラクロスのパワートレインですが、1.8リッターガソリンと1.8リッターのハイブリッドを設定しており、日本で販売さえるカローラセダンやカローラツーリングと同様の仕様となります。

日本のカローラシリーズには1.2リッターガソリンや欧州向けのカローラシリーズには2リッターハイブリッドも準備されていることから、今後導入される国や地域によっては異なる可能性もあります。

駆動方式は、新型カローラは2WDのみですが、日本のカローラシリーズの駆動方式は2WDのほかに、セダンとワゴンのハイブリッドモデルには電気式4WDシステムである「E-four」、カローラスポーツのターボモデルには4WDが設定されており、これも導入される地域によっては異なるのかもしれません。

ヤリスに設定されている1.5リッター直列3気筒エンジンのガソリン車と同じエンジンにハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車をラインナップしています。さらに高い走破性を可能とする「AWD-i intelligent」を設定しており、通常時は前輪で駆動するものの加速時には後輪にトルクを配分して、そして悪路などでは全輪で駆動する仕組みになっています。

◆カローラクロスとヤリスクロスの安全性能は!?

新型カローラクロスの安全装備は、タイ仕様のハイブリッドHighグレードにトヨタセーフティセンスが標準装備されています。タイ仕様のハイブリッドHigh/Midグレードにはブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートも搭載されています。

室内空間は見晴らしの良い空間と十分なヘッドクリアランスを確保しており、子供を抱えて乗り降りすることも想定して、後席のドア開口部を広くすることで乗降性を向上させるとともに、ラゲッジスペースはクロストップレベルの487リッターを確保しています。

さらにリアバンパーに足をかざすと開閉可能なパワーバックドアなど、あらゆるユーザーのニーズとライフスタイルにマッチしている使い勝手を実現しました。

新型のヤリスクロスの安全性能や快適性では
トヨタの予防安全パッケージであるトヨタセーフティセンスが採用され、カローラクロスと同様に、手がふさがっていてもリアゲートが開閉できるパワーバックドアを採用しています。

ラゲッジスペースは、調節可能なデッキやトランク下の収納スペースの活用によって、自由な使い方が可能となっています。さらにデッキボードをふたつに分割できるほかに、トランク内にはフレックスベルトシステムも装備されています。さらに折り畳み式後部座席システムは、3分割が可能となっています。

現在トヨタが日本で展開しているSUVのラインナップは、新型ヤリスクロスをはじめ、ライズやC-HR、RAV4や新型ハリアー、ランドクルーザープラドやランドクルーザーなど大から小まで用途も様々なモデルが用意されています。そのためか、新型カローラクロスが日本に導入されるのは現在は未定となっています。

今後トヨタの国内のラインナップは減らしていくという方針を明かにしていることから、カローラクロスが導入されたときには、その代わりになにかのモデルがラインナップから消えることになるのかもしれません。日本のユーザーとしてはぜひともカローラクロスを日本市場に投入してほしいということはありますでしょうから、2021年あたりのモーターショー関連で登場した場合、切に希望すれば反響しだいでは投入もありえるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク