カローラクロス 日本発売されれば確実にヒット間違いなし!導入はヤリスクロス後か?

2

突如として発表されたカローラクロス。日本では2018年にカローラスポーツが、2019年にはフルモデルチェンジされたカローラセダンとツーリングがシリーズとしてかなり人気となっていますよね。シリーズだけでも月に10000台の販売をを超えることもあり、やはり国民的自動車と言えるのはカローラの強みでしょうか!?

カローラはトヨタのグローバルカーであり世界150以上の国と地域で累計4800万台以上を販売してきた世界を代表する車です。カローラは時代に合わせて進化してきた特徴あるモデルで、世界的なSUVブームに合せてカローラシリーズにもSUVのカローラクロスが登場。2020年7月9日にタイで世界初公開され、それと同時に販売も開始しています。

スポンサーリンク

◆カローラクロスのボディサイズは!?

1

カローラクロスのボディサイズは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mmでホイールベースは2640mmと発表されています。人気のカローラツーリングが全長4495mm、全幅1745mm、全1460mmということで比べて見ると全幅は80mmほど大きくなっています。トヨタのSUVラインナップから見るとC-HRとRAV4の間にあたるでしょうか。

また8月31日から販売を開始するといわれているヤリスクロスのボディサイズは全長4180mm、全幅1760mm、全高1590mmとなっていますので、トヨタのSUVラインナップとしては、ライズ、ヤリスクロス、C-HR、カローラクロス、RAV4、ハリアー、ランクルプラド、ランクルという順番になり強烈なラインナップが誕生することになります。

・エクステリア

カローラクロスのエクステリアのデザインコンセプトは”力強さ”と”機能性”の高い次元での融合にあるといいます。そのような意味でもトヨタのSUVではC-HR、ハリアーよりもライズやRAV4に近いキャラ設定なのかもしれません。ポイントとしては、スペースと車格を感じる伸びやかなサイドビューをもっており、堂々として力強さを感じさせるフロント、リアのデザイン、さらにアクティブ感を演出しており、リアディフューザーで精悍さがアピールされているといったところでしょうか?

・インテリア

インテリアは既存のシリーズの流用ではなく、カローラクロス専用のデザインが導入されています。SUVとして十分な車高による見晴らしのよさと、ゆったりとしたヘッドクリアランスによって快適性を充実させています。機能性に拘ったのはデザインだけではなく、インテリアも同様で、ラゲッジへのアクセスのよさを考慮すると同時に、クラストップレベルの荷室容量を実現しています。

荷室容量は、パンク修理キット選択時が487リッター、テンパータイヤ選択時が440リッターとなっています。さらに子供やお買い物で両手がふさがっている場合でもリアドア、後席の間口を広くしているとこや、足をかざすと自動で開くことができる仕組みも備わっています。

・パワーユニット

パワーユニットは、1.8リッター直4DOHCのダイナミックフォースエンジンと、1.8リッターハイブリッドが設定されています。1.8リッターハイブリッドはエンジンが98PS/14.5kgm、モーターが72PS/16.6kgmというものでシステム出力は122PS、1.8リッターガソリンエンジンは140PS/18.05kgmというスペックになっています。日本のカローラと比べて見るとガソリンエンジンの方は約0.7kgmほどアップしているようです。

パワーユニットに組み合わされるトランスミッションは、1.8リッターハイブリッドが電気式無段変速機、1.8リッター直4DOHCがスーパーCVT-iというもので、それも日本のカローラに準じて設定されているのです。

スポンサーリンク

◆走行性能は!?

2

カローラクロスは全高が1620mmということで、現在ラインナップされているカローラシリーズで最も背が高いのですが、シリーズ同様にTNGAプラットフォームを採用しています(GA-C)。このために背は高くなってもセダン、ツーリング、スポーツで評価の高い走りのよさ、静粛性、快適性などを実現しているということなので非常に楽しみなモデルと言えそうです。駆動方式はFFのみということですが、今後は4WDの投入にも期待したいところですね。

最小回転半径は全幅1825mmですが、5.2mというクラス最小レベルに留めています。取り回し性にも優れているといえるでしょう。

安全装備は日本で導入されているカローラシリーズに準じているということです。パッシブセーフティ、アクティブセーフティともに最新のものが搭載されます。

・日本導入あり得るのか!?

カローラシリーズ最新作であるカローラクロスの日本導入は今のところなしと言えそうです。リリースには順次導入国を拡大していくということなのですが、日本にはヤリスクロスの導入が決まっているだけに導入をするとしても少し時間をおいてからになりそうです。ヤリスクロスの日本導入での反応を見てからカローラクロスの導入を検討するということになるのかもしれません。

2020年8月31日に日本で販売を開始するヤリスクロスですが、カローラクロスが日本で発売される場合には、SUV業界の動きも大きく影響してきそうですね。

スポンサーリンク

◆カローラクロスのスペック

3 4

・ガソリンモデル

全長:4460mm
全幅:1825mm
全高:1620mm
ホイールベース:2640mm
車重:1325kg
最小回転半径:5.2m
定員:5名
駆動方式:FF
エンジン型式:2ZR-FBE
排気量:1798cc
最高出力:140ps/6000rpm
最大トルク:18.05kgm/4000rpm
サスペンション:ストラット/トーションビーム

・ハイブリッド

全長:4460mm
全幅:1825mm
全高:1620mm
ホイールベース:2640mm
車重:1385kg
最小回転半径:5.2m
定員:5名
駆動方式:FF
エンジン型式:2ZR-FXE
排気量:1798cc
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター出力:72ps
モータートルク:16.6kgm
システム出力:122ps
サスペンション:ストラット/トーションビーム

このカローラクロスですが、やっぱり日本導入に期待してしまいます。トヨタのSUVラインナップとしてはあるほうが断然有利になるのは間違いなく、ラインナップとしても被ることはないみたいなのでぜひとも検討してもらいたいですよね。タイで世界初公開ということですが、タイは日本の自動車市場と同じように、ファミリー向け、カスタマイズユーザー、など多くの自動車ファンがいると言われています。タイで先行で発売させることは市場の動向を見る上でも十分信頼に値するデータが取れると思うのです。

90年代に入ると、自動車産業政策は保護・育成策から輸出奨励策へと徐々にシフト。これは88年のASEAN域内の自動車部品相互補完協定(BBC)の調印を契機に、域内水平分業の進展が期待されたことにもよるものだ。

91年、部品輸入関税についてCKDでは112%から20%、完成車では2300cc超の輸入関税は300%から100%、2300cc以下は180%から60%にそれぞれ大幅に引き下げられた。92年には自動車産業の競争力の強化を目指して、事業税の廃止(付加価値税の導入)が決定。93年には自動車メーカーの新規参入が解禁され、モデル数・車種数制限の廃止、完成車輸出への税制優遇制度も実施されるなど(税率20%から2%への大幅削減)、自動車産業に関する各種規制はほぼ撤廃となった。

こうした自由化推進により、ホンダやトヨタを始め日系メーカーは相次いで新工場を建設、日系メーカーの生産設備拡張により自動車部品に対する需要も高まっていく。これらの動きもあり、タイの自動車生産台数は90年の30万5000台から、96年には55万9000台へと大きく増加した。しかし、97年にアジア経済危機を迎えることになる。
この経済危機は自動車産業に大きな影響を与える。97年の生産台数は24万8000台とと前年の生産台数を大きく下回る結果となった。

これに対してタイ政府は自由化政策を一時停止。付加価値税を引き上げる(7%から10%)と同時に、自動車関連では完成車の輸入関税率を一律に引き上げ(80%)、乗用車・商用車の物品税を5%引き上げる税制改革を実施した。99年には、CKDの輸入関税を再び20%から33%に引き上げている。

資本移動については、外資導入政策を積極的に推進したことは外資メーカーにも有利に働いた。完成車の輸入制限は国内生産車の販売台数の増加に貢献し、弱い内需に対処するために強化された輸出奨励策も新たな販路拡大という結果をもたらし、自動車産業の回復を
側面から支えることになった。タイの自動車部品産業は99年を境に2000年には予想外のスピードで回復する。

通貨危機から回復し、2000年代に入るとタイを取り巻くASEAN地域の環境は大きく変わっていく。ASEAN自由貿易地域(AFTA)の発効に伴うASEAN域内貿易の自由化が進展し、タイが自動車の輸出生産基地として重要な役割を果たすようになった。

タイ政府は「タイ自動車マスタープラン」のなかで、11年のビジョンに「タイがアジアの自動車生産基地としての地位を確立し、自動車の生産台数を少なくとも100万台以上とし、その40%以上を輸出すること」を目標とした。

自動車産業はタイの産業クラスター政策で、スーパークラスターに指定されている重要産業だ。インドやインドネシアといった自動車生産国が台頭してくることは、年間300万台生産を目指すタイにとっては驚異となる。タイと日本、そしてCLMVが同じ方向を向いてASEANでの存在感(プレゼンス)を高めていけるかが鍵となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク