ヤリスクロス 後部座席 狭いはずはない!ゴルフバッグが2つ丸々入る広さを実現。

トヨタから発売する新規モデルのSUVであるヤリスクロスですが、名前の通りヤリスをベースにしたSUVということで今もっとも注目されているモデルです。ですが、ヤリスとは全く違う中身ということですが、いったいなにが違うというのでしょうか?ハリアーやカローラクロス、そしてRAV4などSUVの攻勢を仕掛けてきているトヨタのラインナップがついに出そろいます。

スポンサーリンク

◆ヤリスクロスはヤリスとは全く別物

2

ヤリスクロスという名前からしてヤリスをベースにした車という認識になってしまいますが、実はそうではないようです。この2台は兄弟車とも呼べるものですが、ボディ外板のほとんどは新たに設計されており、ヤリスの面影はないというのです。

エンジンのラインナップもヤリスと同じもので、1.5リッターガソリンと1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド仕様の2種類で、それぞれにFFと4wdがラインナップされます。最高出力や最大トルクは今だ不明ですが、ヤリスと同様のスペックが搭載されるということは否定できないでしょう。

運転席に目をやると基本的にベースのヤリスと同様としながらも、ヤリスクロスはさらに高級感を付け加えてイメージを持っています。グレード別設定になるということですが、カローラスポーツやRAV4などに採用されている7インチのTFT液晶ディスプレイと物理メーターを組み合わせたメーターが採用され、車両設定や先進安全装備の作動状況などが確認できます。

ヤリスと比べて一番違うというところが、ヘッドアップディスプレイで、表示されるのはスピード計やナビの情報などの基本的な情報から、長距離運転時には重宝しそうな情報ばかりです。

そしてヤリスには”ないもの”というのがラゲッジスペースで、4000mm弱の全長に、その広さはかなりのもので、荷室容量は390Lを超えてきます。2列目シートを倒した場合、対外の車は積載できますが、ユーザーの中にはシートレンジをせずに載せたいという人も結構いると思うのです。そんな方々に朗報で、フルサイズのゴルフバックが入るスペースが確保され、さらに110Lのキャリーケースもシートレンジなしで積載できるほどの容量を持ちます。

それに加えて、トヨタのコンパクトSUVとしては初めてハンズフリーパワーバックドア機能が搭載され、この機能を使ったことのある人は想像しやすいと思うのですが、パワーバックドアはかなり便利なのですが、開閉に少し時間がかかるというところが難点で、ヤリスクロスはこの開閉のスピードを2倍速にしているということですから、さらにストレスなく使い勝手のいいモデルとなっているでしょう。

スポンサーリンク

◆ヤリスクロスの最新装備

1

新型車といえば安心・安全の先進安全技術ですが、もちろんヤリスクロスにも搭載されています。基本的な装備はヤリスと同様で、プリクラッシュセーフティ機能はもちろんですが、車線中央を維持するレーントレーシングアシスト機能やレーダークルーズコントロール、標識の見過ごしも見逃さないロードサインアシストなど、結構な装備が充実されています。

特に今回トヨタ史上コンパクトクラスに初めて搭載されるといわれているアダプティブハイビームアシストやトヨタ自動車では初の強い横風でも適格にサポートしてくれるS-VSCなど、クラストップレベルの先進安全装備が搭載されます。驚きはこれが標準装備ということです。

一般的にコンパクトSUVの悪路走破性は、なんちゃって四駆ともいうべきものですが、トヨタにはランクルという世界に誇るべき伝説の車があります。ヤリスクロスには悪路走破性についてはライバルを圧倒する性能を誇り、4wdモデルにガソリン、ハイブリッドに共通しているのは、降坂時の車即を一定にキープしてくれるダウンヒルアシストコントロールや雪道でも活躍してくれるSNOWモードが設定されます。

ガソリンモデルにはノーマルモードのほかにも、MUD、SAND、ROCK、DIRTのモードを選択できるマルチテレインセレクトが設定され、路面状況によって駆動力や4wd、ブレーキ制御を最適化してどんな路面状況でも難なく走破するというものです。

これってひょっとしたら、新型のレヴォーグにも搭載される性能なのでは・・・。

一方のハイブリッドにはTRAILモードが用意されます。これは空転するタイヤにブレーキをかけて、反対側のタイヤに駆動トルクを掛けるというもので、悪路からのスムーズな脱出に大いに活躍してくれる機能です。ガソリン、ハイブリッドのどちらの4wdモデルでも万が一の際には悪路を安心して走れるということですね。

ヤリスクロスはヤリスをベースにしながらも半分ほどは新たに設計されているところがあります。これは売れないわけないだろうと思うのですが、肝心の価格はいまだ未発表。発売は2020年秋ということですが、8月中旬から下旬あたりには何かしらの動きがあるはず・・・はよ価格発表せな!

スポンサーリンク

◆ヤリスクロスへの期待度は!?

2

廃盤になるであろうアクアクロスオーバーの後釜として穴埋めにきたのがヤリスクロスとも考えられます。トヨタのお家芸であるSUVのフルラインナップ。他の自動車メーカーは戦々恐々として様子を見ていることと思います。

これだけの装備ということもあり、絶対に高くなるだろうと予測もされるのですが、コミコミ300万円を切る価格ということであればバカ売れしそうですね。

そうなると、もうC-HRは用済みになるのでしょうか・・・。

ついにコンパクトSUV市場へ投入されるトヨタのヤリスクロス。9月初旬の正式発表から予約商談が実施されており、かなり活発に動いているといわれています。実際の販売状況はというと、反響もよく問い合わせが殺到しているといいます。

 

◆ヤリスクロス 人気は好感触?

11

ヤリスクロスはトヨタが投入するコンパクトSUVですが、事前の予約では以外にも実車を見てから決めたいという人が多いといいます。その理由としては、新型ハリアーや新型レヴォーグの発売が関係しているようです。

実際に見に行った感じでは、内装の質感がとても残念なことになっており、ライズより上のクラスといいつつもライズより内装が劣っているという声も多かったりします。コンソールボックスがないのも残念なところのようです。最上級のZの内装もなんとかならなかったのかという声もありました。先進の装備を搭載しているだけに、そこには力が入っているということはわかるのですが、内装にももっと力を入れてもらいたいということが正直なところです。

全くのブランニューということもあり、ヤリスという名前は外してもよかったのかもしれません。一番の売れ筋と思われるハイブリッドのZに普通にオプションを付けていくと乗り出し価格が300万円を超えてくることも「ヤリスに300万円か・・・」と思わせる要因になっているようです。

少し冷静に考えてみると新型ハリアーやレヴォーグも選択肢に入っているということがよくわかります。

◆ヤリスクロス パンフレット情報

2

さて、今回ヤリスクロスが登場するということで、事前に簡易パンフレットを依頼してみました。トヨタのサイトから登録して3,4日で到着したのはよかったです。パンフレットを見てみて、やはりトヨタ初、トヨタのコンパクト初というものが目を引きましたね。

1:ビッグ オープン ラゲッジ

ヤリスクロスのポイントとしてはクラストップレベルの大きな収納があります。容量は390リッターとコンパクトSUVのクラスとしてはかなり大きい設定になっています。リヤシートの真ん中が倒せて便利になっており、上下前後左右を賢く使って、いろいろなものが搭載できる仕様になっています。

後席については4:2:4の可倒式になっており、長尺物も楽々搭載できます。

2:ダイナミック パフォーマンス

路面状況にあった4WD性能を最大限に引き出してくれるシステムが搭載されています。

・マルチテレインセレクト

オフロード走行において、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できるシステムを搭載しています。(MUD&SAND、NORMAL,ROCK&DIRT)

・E-FOUR(電気式4WDシステム)

無駄なく、賢く、そしてスムーズに、発進時や雪道などの滑りやすい路面で、スムーズに4WD状態へ切り替えることができ、利便性、走行安定性をアシストしてくれます。

・TRAILモード

空転したタイヤにブレーキを掛けることで、反対側のタイヤに駆動トルクがかかるように制御し、悪路からのスムーズな脱出を実現してくれます。

・SNOWモード

アクセル操作に対するトルクを制御し、雪道など滑りやすい路面でのスムーズな発進や走行に貢献してくれます。

33

3:セーフティ&イージードライブ

新型ヤリスクロスは進化し続ける安全性能を掲げて、その最新技術を惜しみなく搭載しています。

交差点事故への作動範囲を広げて、進化をし続けている予防安全パッケージのトヨタセーフティセンスが搭載されます。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト

などの予防安全パッケージが搭載されます。

今回トヨタのコンパクトSUVとして初搭載となるプリクラッシュセーフティ。

その内容は、交差点の右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から来る横断歩道者検知機能がついています。

交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し衝突回避または、被害軽減をサポートしてくれます。

さらにドライバーによる回避操舵と車線逸脱抑制をサポートしてくれます。これは歩行者と衝突する可能性が高く、駐車状態に回避するための十分なスペースがあると、システムが判断した場合、運転者の回避操舵があったときに、操舵支援を行い、車両安定性の確保と車線逸脱制御に寄与してくれます。

・レーダークルーズコントロール

これは全車速対応で実用性が大幅にアップしています。車速に応じた追従で、高速でのロングドライブや追従時のノロノロ運転が快適になります。

・S-VSC(横風対応制御付)&ACA&TRC

これはトヨタとしては初となるシステムで、高速走行中に強い横風を検知してS-VSCが作動します。車線から逸脱を制御することで、安全な走りをサポートしてくれます。

・アダプティブハイビームシステム

トヨタコンパクトSUVとして初のシステムで、先行車や対向車に光が当たる部分だけ自動的に遮光できるので、ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めてくれます。

4

4:パーキングサポート

高度運転支援のAdvanceドパークで、駐車における負荷をさらに抑えて、スムーズにしてくれます。

・トヨタチームメイト

これはトヨタのSUVとしては初のシステムで、駐車したいスペースの横に停車後、アドバンストパークスイッチを押して駐車位置を確認し、その後開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了してくれます。

アドバンストパークにパノラミックビューモニターが付いたことで、さらにスムーズな駐車が行えるようになった、ということですね。

・インテリジェントクリアランスソナー

ソナーが前後信仰方向にある壁などの静止物を検知して、アクセルを踏み間違えたりやりすぎたときには表示とブザーでお知らせし、さらに静止物との距離が縮まると自動ブレーキをかけて、衝突の緩和、被害の軽減をサポートしてくれます。

・電動パーキングブレーキ

シフトレバーをPポジションにすると作動し、ブレーキを踏みながらPポジション以外にすると解除されるオート機能付きです。

*運転支援機能のため、検知範囲、作動速度には限界があります。必ず安全を確認しながら運転をしましょう。道路状況や交差点の形状、車両状況、天候状態、夜間およびドライバーの操作状況などによってはシステムが正しく作動しない場合があります。

安全システムを支援するシステムは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任をもって周囲の状況を把握し、安全運転を心がけていきましょう。

・ボディカラー

モノトーンは全部8色あります。2トーンは全部で7種類です。

ブラスゴールドメタリック
センシュアルレッドマイカ(メーカーオプション)
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック(メーカーオプション)
ダークブルーマイカメタリック
グレイッシュブルー
ベージュ
ブラックマイカ

ブラックマイカ/ブラスゴールドメタリック
ブラックマイカ/センシュアルレッドマイカ
ブラックマイカ/ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラックマイカ/グレイッシュブルー
ブラックマイカ/ベージュ
ブラックマイカ/シルバーメタリック

以上の2トーンはルーフとドアミラーの色がブラックマイカとなり、ボディカラーはそれぞれのカラーとなります。

唯一、ルーフ/ドアミラーがブラスゴールドメタリック、ボディカラーがブラックマイカの設定もあります。

・グレード

1.5リッターガソリン車に上のクラスからZ、G、Xの設定があり、それぞれに2WD、4WDがあります。

1.5リッターハイブリッド車には、上のグレードからZ、G、Zにそれぞれ2WD、4WD(E-FOUR)が設定されています。

◆ヤリスクロス 登場で大激戦市場となるSUV

トヨタが取り扱うSUVは2020年9月発売のヤリスクロスが加わった場合、8種類となります。コンパクトSUVのC-HRやライズ、新型のハリアー、RAV4、ランクル、プラド、ハイラックスなどそのキャラクターはさまざまあります。その中でも最も歴史の長いモデルはランクルです。やはりトヨタにとってランクルは特別な存在といえるのかもしれませんね。

一番の人気は価格の安いコンパクトSUVであるライズなのですが、次にハリアー、RAV4、など毎月の自動車ランキングにはSUVが軒並み上位にランクインされています。7月の販売台数だけを見てみると、トヨタの他のSUVと比べてみた場合は突出してトヨタSUVの販売台数が多くなっています。

ランクルもランクインされているのですが、多くの車種が季節変動やモデルチェンジなどによって、販売台数の大きな乱高下がある中で、ランドクルーザーについては、その振れ幅が非常に小さいのはご存知でしょうか?

毎月の販売ランキングを見てみた場合、全体としては30位あたりに位置しているのですが、毎月、1500から2000台を安定している車なのです。ランクルシリーズの販売は指名買いが多いといわれています。ランクルを求めるユーザーはマジでランクルしか買わないということがいえるのでしょう。

指名買いでの販売については簡単に売れるような気もしますが、実はそうではなく、ユーザーの期待値が最も高く、購入後のユーザーの対応が難しいともいわれます。長年にわたって上級車種としての指名買いも行われてきたランクルだけに、優遇される点も多いのでしょう。

販売員がブランドを守る気概があるのがトヨタの強みともいえ、それが買う側にも安心感を与えてくれます。

ですが、2020年の5月に入ってからは全系列店、全車種販売ができるようになり、殿様商売のような販売をしてきた店舗にとっては、ユーザーからは見透かされた感じになりそうなのか必定ですね。

各店の対応にも相当へだたりがあるようですから、一度各店に見積もりなどを出してもらったほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク