マツダ MPVモデルチェンジでるか?スカイアクティブ搭載

n334

絶好調中のマツダ。
スカイアクティブ技術で快進撃を遂げて業績回復を
現実のものとしました。

加えて、
『輸入車の購入を検討しているユーザーが店頭を訪れるケースも』
というほど、ブランドイメージは向上しています。

 

スカイアクティブ技術が織り込まれた最初のクルマ、
CX-5は割安な価格設定が功をそうして
SUVながら国内で大ヒット。

 

日本カーオブザイヤーにも選ばれました。

その後、アテンザ、アクセラ、でもと続き、
この後も新商品はどんどん投入されていきます。

 

話はかわりますが、
今日の新車マーケットは、そのほとんどが
軽自動車とミニバンと言われています。

 

マツダも遅れを取らないように、
プレマシーとビアンテに新開発のエンジンを搭載して、

”セミ・スカイアクティブ”車に仕立てました。

フル・スカイアクティブ化にはもうしばらく
時間がかかるかもしれませんね。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

マツダのミニバンといえばMPV

まだこのMPVにはスカイアクティブ技術は
投入されておらず、旧世代のエンジンのまま
継続発売されています。

 

噂では、このまま生産が打ち切られて販売が
終了する、なんて声も・・・。

 

大型ミニバンの代表である
アルファード/ヴェルファイアと違い、
現行MPVは全高を低めに設定して、居住性よりも走りの良さを重視
しています。

 

スカイアクティブ戦略が打ち出される前のクルマとはいえ、
いかにもマツダらしいキャラクターの持ち主と
いえるものです。

 

この独自性を受け継ぎながら、スカイアクティブ技術を
見に付ければ、ミニバン市場で異彩を放つ1台、となるのでは?

しかしながら、マツダではこのMPVを商品ラインナップから
外す結論にたどり着いたと言われています。

 

実にもったいない話ですが、

低速域から太いトルクが得られるディーゼルエンジンこそ、
SUVと並んで総重量が重くなるミニバンには最適で、

実用燃費の改善による、ランニング・コスト
低減も期待できるはず。

 

MPVがラインナップから外れる、となると
ミニバンでは、プレマシー、ビアンテと
いうことになるのですが、

全高を低めにした、
走るミニバン、というのをぜひ開発してもらいと
思います。

その時は、フル・スカイアクティブ技術搭載の
ミニバンとして!

 

>>>新車情報のまとめページはこちらから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク