新車情報2021 軽自動車販売ランキング 2020年9月の軽自動車メーカーの販売台数が大きく変わる!

20180705-20104045-carview-003-4-view

2020年9月度の全国軽自動車販売台数が発表されました。ブランド別は次回ということで伏せておきますが(2020年10月5日22時の時点では発表されていないため)、軽自動車を販売する自動車メーカーの9月度の販売台数の発表はされていますので、ここでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 軽自動車販売ランキング(メーカー)

20190927-20105597-carview-001-1-view

2020年9月単月で一番販売をしていたのはスズキで56210台でした。2位はダイハツで51460台と5000台の差が付いています。軽自動車ブランド別で常にトップのN-BOX要するホンダは32417台となりNシリーズに頼り切っている感が否めません。それに続き日産が22933台、あとは数千台のメーカーが続きます。データとしては以下の様になっています。

*速報値

メーカー/本月/前月/前月比/前年同月/前年同月比

1位/ス ズ キ/56210/41443/135.6/54683/102.8
2位/ダイハツ/51460/38419/133.9/67584/76.1
3位/三 菱/4329/2701/160.3/7278/59.5
4位/ス バ ル/2026/1678/120.7/3841/52.7
5位/ホ ン ダ/32417/24155/134.2/37179/87.2
6位/マ ツ ダ/4104/3234/126.9/4045/101.5
7位/日 産/22933/13634/168.2/22199/103.3
8位/ト ヨ タ/2697/3334/80.9/3688/73.1
9位/そ の 他/9/9/100/6/150

合 計/176185/128607/137/200503/87.9

9月の決算時期ということもあり、ほとんどのメーカーが前月比を軒並み100%を大きく超えて販売を伸ばしてきています。前年同月比として前年を超えているのは、スズキで102.8%、マツダ101.5%、日産103.3%となっています。ちなみに、上記数値には貨物車、軽乗用車、ボンネットバン、キャブオーバーバンを含めた全ての数値となります。

ここで面白いのが、ボンネットバンのカテゴリーで、スズキが2020年9月の販売台数が378台としており、ダイハツが49台、ホンダが2435台となっているところです。これはN-VANの数値が大きく貢献していることになっているのですが、バンでも先に販売されていたスズキ、ダイハツを抜いて、ホンダが圧倒的に差を付けて着地しています。

このカテゴリーでもNシリーズを投入することでシェアを拡大していると言っていいでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダのN-VANが圧倒的人気のワケ

20180710-20104061-carview-003-1-view

さてボンネットバンというカテゴリーだけ見てみると、ホンダが独占しているように思われます。積載能力や使い勝手も自身の仕事と運転にもぴったりフィットしている方々は、アクティなどこれまでのキャブオーバータイプからN-VANに切り替えた方も多いはず。そしてかなり満足しているのではないでしょうか?

かくいうわたしも、友人が青色のN-VANに乗っているのですが、仕事用とプライベート用を兼用しているということで、かなり使い勝手がいいともっぱらの話です。それは、軽自動車としては圧倒的な積載量にあるといいます。

仕事柄どうしても荷物を多く運ばなければならないため、このN-VANの積載量を経験してしまったら、他のクルマには手が出ないというくらいだそうです。

N-VANはN-BOXベースのFFということもあり、キャブオーバータイプのアクティなど他の商用バンよりも荷室の長さで不利となります。ですが、助手席をダイブダウンさせてフラットフロアを作り出せるため、長尺物の積載にもしっかりと対応しているところが嬉しい限りです。

さらには、助手席スライドドアをタントのように、ピラーレスにしたことで大きく解放できるため、荷物の出し入れが容易になっているのです。

宅配などの個別配送などは助手席をダイブダウンさせた状態で段ボール箱などを置けば、長尺物以上に荷物は動かすこともできますし、取りやすくなります。間切りのようなものを付けるとより楽になるのかもしれませんね。

荷室はアクティよりもN-VANの方が高く、より積み上げられることになるのですが、シートバック以上に積み上げるのはやめておいた方が良さそうです。荷室と前席は仕切るのが必須ということがあり、専用のポールやパネルなど荷崩れしないようにするのがいいでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ N-VANはレジャーに使える!?

20180710-20104061-carview-006-1-view

N-VANには+スタイルファンと+スタイルクールという仕事とレジャーどちらも最適な、少しおしゃれなモデルがあります。例えば、キャンプなどアウトドア目的には最適であると思っている人も多いかもしれませんが、商用バンと乗用タイプが大きくことなるのは乗り心地です。

350kgもしっかりと積み込むことができるN-VANに対して荷室がカラの状態で乗り心地がいいのは容易に想像ができますが、フルフラットにするにも優先される後席のシートは見るからに薄っぺらい感じがするので、後席についてはしっかりと補助シートやマットがあればいいでしょう。

N-VANのスライドドアは電動ではなく、ボディサイドの意匠もちょっと安っぽい商用車テイストむき出しのもので、キャンプであればN-BOXでも十分ですから、そこにあえてN-VANを使う必要はないでしょう。一人での車中泊ならば助手席を収納してかなりのびのびできるという利点はありそうです。

やはり室内長やフロア形状などスペース的な理由でどうしてもエブリィにはかなわない部分があるようです。結局のところ、軽のキャンピングカーのベースはエブリィかアトレーの2択ということも実際にはあるようです。

ですが、軽自動車NO.1のN-BOXと同じプラットフォームを採用しているというところは魅力的なところもありますし、やっぱりN-BOXが一番なのでしょうか。

軽バンとしては異例とも言える、14000台もの初期受注を記録したN-VAN。軽自動車にまた大きな流れを作り出したのがこのN-VANでもあります。商用がメインユーザーということもあり、様々な業種のプロが満足のいく使い勝手を追求して、やっぱり本物感がただようかっこよさがあります。

仕事やアウトドアのためだけではなく、日常生活のアシとしてもN-VANを使いたいと考えているのならば少し考えてから購入してもいいのではないでしょうか。やはりN-BOXとの比較は気になるのです。

◆新車情報2021 ホンダN-VANとN-BOXの違いは

20180710-20104061-carview-001-1-view

N-VANとN-BOXの大きく異なるのはシートにあります。運転席以外の全てのスペースに効率よく荷物が住めることを追求しているN-VANでは、乗り心地や長時間のドライブでの疲れにくさなどを考えたシートを採用しているのは、運転席のみです。助手席と後席はダウブダウン機構付きで、低い位置でフルフラットにするために小さく薄いシートとなっています。

ですので、助手席や後席も座れないことはないのですが、思ったよりも背もたれは低く、アシが大きくはみ出すほど座面はコンパクトです。一応ヘッドレストはグレードのG、L以外は装備されるのですが、やや簡易的なものとなっているようです。乗り心地でも運転席とそれ以外ではまさに月とすっぽんというくらい大きく変わってしまいます。長時間のドライブは結構厳しそうですよ。

家族や友人を乗せる、とかいう使い方はやめておいた方がいいかもしれません。それであればN-BOXを選択するほうが無難というものでしょう。

N-VANのキモは荷物の積みやすさにあります。もちろんN-BOXもシートレンジがしやすく、後席をフラットにすればたくさん荷物が積み込めるのですが、N-VANの良さはバックドアだけではなく、助手席側のドアからも大きな荷物が積み下ろししやすい点にあります。

駐車スペースの関係で、どうしてもバックドアが開けられない場所があったりしますが、そんなときは助手席側のフロントドアとリアのスライドドアにある邪魔な柱をドアインピラー構造として大きく開くようにしたN-VANはかなり便利と言えそうです。開口部は幅1580mm、高さ1230mmにもなり、段ボールであったり、スーツケースであったり、自転車やサーフボードでもも楽々積み下ろしができるのです。

大きくて重たい荷物を積み降ろす場合には、N-BOXのほうが楽といえるかもしれません。N-BOXにはラゲッジから折りたためるスロープが引き出せるスロープ仕様もあったりするからです。このスロープを活用することで、重量のある電気自転車などはきっと積み込みやすいこと間違いなしでしょう。

◆新車情報2021 ホンダ N-VANの良いところ

20180710-20104061-carview-021-1-view

助手席側がセンターピラーレスとなっていることで、荷物の積み下ろし以外にもN-VANの使い方が広がったことにあります。特に移動式のカフェやお弁当屋さんは、これまで軽バンやN-BOXのようなスーパーハイトワゴンでは、それぞれに合せた改良が必要だったのです。ですが、N-VANではクルマ側の改造はほとんど必要ナシといえるほどで、商品を渡すカウンターや看板、メニューなどを作れば簡単にスタートできるので、そのような夢にトライするための敷居を低くしてくれているというのもN-VANの魅力ですね。

運転席は、背もたれが座面とフラットになるまで倒れてくれて、ベンチ状態になります。背もたれ側に人が座っても大丈夫ということから、店番もなんのその、です。昼寝にもピッタリですね。あとは、家庭菜園ができたり、フリーマーケットができたり。荷物を積んで行った先にやりたいことがあるというひとにはN-VANはピッタリなモデルなのです。

軽自動車はオートマだけでいいと思っている人も居るかもしれませんが、このN-VANはマニュアルトランスミッションも設定されています。6速MTが採用されており、これは2シーターのスポーツモデルであるS660にも採用されている6速MTを使っているということから、クルマ好きの人には少し嬉しいところではないでしょうか。FFおよび、4WD向けに改良されているので、操作感はS660と同じというわけではありませんが、6速MTは軽バンとしては初採用ということもあり、今までのMTモデルに比べると、かなり快適な走りができると思うのです。

軽自動車といえば、スズキとダイハツがシェア争いをしている中ではありますが、ホンダや日産も良い軽自動車をたくさん出してきています。ホンダについてはもはや、軽自動車メーカーではないかというくらいN-BOXが売れに売れまくっていますし、日産はデイズで少し回復傾向にあったりします。軽自動車は日本の自動車市場ではかなり重要なポジションを占めるために、軽自動車を開発できる自動車メーカーは必至のパッチで開発を急いでいることでしょう。ブランド別販売台数の9月の結果が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク