新車情報2021 ホンダ 新型シビックタイプRがついに登場。限定200台のリミテッドエディションも。

8

2020年10月9日の発表でホンダはシビックタイプRのマイナーチェンジモデルを発表しました。前後バンパーをよりスポーティに際立たせ、エンジンの冷却性能を向上させた内容になっています。さらに安全運転支援システムのホンダセンシングも装備しています。日本市場では200台限定のリミテッドエディションが登場しました。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 シビックタイプRがマイナーチェンジ

2

もっと好戦的に、レーシングスポーツを体験できたり、軽さを研ぎ澄ましたり、タイプRの性能が新たになり新世代モデルが登場しました。

国内200台限定モデルのリミテッドエディションについては10月10日時点ではシリアルナンバー11から200まではすでに販売が完了しており、1から10までは商談権の申し込みがされているのですが、これも早々に終わることでしょう。

リミテッドエディションについてはサンライトイエローⅡが設定されており、シビックのレーシーさを際立たせるボディカラーになっていますよね。発売は2020年11月30日を予定しています。

シビックタイプRは3年目を迎え5代目のFK8型へと改良されました。今回のマイナーチェンジでは進化を続けるという想いのもとに、前後のバンパーをよりスポーティにしたデザインと、エンジンの冷却性能を向上させるなど、サーキット走行性能をさらに追及しています。

もちろん先進の安全運転支援システムであるホンダセンシングを装備して、操る喜びと安心してどこまでも走り続けたくなる性能を両立させており、より高い次元へと改良されました。

先にも記載しましたが、今回軽さと速さをさらに研ぎ澄ましたシビックタイプRリミテッドエディションが発表されています。これは標準モデルにくらべて約20㎏の車体の軽量化や専用の装備によってピュアスポーツの性能をさらに追及したモデルです。このシビックタイプRリミテッドエディションは世界限定で1000台、国内限定で200台とされています。

価格としてはシビックタイプR標準モデルが475万2000円、リミテッドエディションが550万円となっています。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ シビックタイプRの改良ポイント

3

新型のシビックタイプRは一体どこが変わったのでしょうか。エクステリアでは、フロントグリルの開口面積を従来のモデルから拡大したことで、冷却性能が向上したことと、フロントバンパースポイラーの形状変更など従来モデル以上のダウンフォースをレベルアップさせています。

また、2ピースフローティングディスクブレーキを採用しており、サーキット走行時のブレーキフィールが向上しています。これによって安定したブレーキフィールを得ることができ、バネ下の重量低減にも貢献しているといいます。

アダプティブダンパーシステムの制御やサスペンションブッシュ・ボールジョイントなどのきめ細かいサスペンションのアップデートを行ったことによって、コーナーアプローチからコーナーを抜けるまでの一連のハンドリング性能や荒れた路面における接地性、制振性がアップしました。

街乗りや高速での移動、ワインディング、サーキット走行まであらゆる走行シーンで、今まで以上の一体感とダイレクト感が実現しているとしています。

インテリアでは、ステアリング表皮にアルカンターラを採用しており、握りの質感とフィット感を向上させて、車両の挙動をよりダイレクトに感じられるように改良しています。また、シフトノブをティアドロップ形状に変更し、ノブの傾きの優れた認識性と操作精度を実現。ドライバーと車両の一体感をさらに進化させています。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ シビックタイプRリミテッドエディション

8

1998年モデルにインテグラのタイプRなどに設定されていたサンライトイエローを想起させるサンライトイエローⅡをボディカラーとした世界1000台、日本市場には200台の限定数のシビックタイプRリミテッドエディションが登場しました。

このシビックタイプRリミテッドエディションは1本あたり2.5㎏軽量化されたリミテッドエディション専用のBBS鍛造アルミホイールを装着しており、タイヤはオリジナルのコンチネンタルスポーツコンタクト6に代えて、ミシュランパイロットスポーツカップ2が装備されています。

専用ホイールとタイヤに対応したアダプティブダンパーシステムと電動パワーステアリングをリミテッドエディション専用にセッティングもしています。このシビックタイプRの最大の特徴としては軽量化にあるといいます。車体側では遮音材の省略などによって13㎏軽量化して合計約20㎏の軽量化を実現しました。

すでに190台のリミテッドエディションが完売している中で、シリアルナンバー1から10についてはウェブでの抽選になるといいます。190台に入ることができなかったユーザーの方はまだチャンスは残されているので、あきらめずトライしてみることをおすすめします。

◆新車情報2021 ホンダ シビックタイプRリミテッドエディションの商談

4

残り10台のシビックタイプRリミテッドエディションの申し込み期間は2020年10月8日から始まっており、2020年11月9日の23:59までで一人一回限りとしています。もし複数の申し込みがあった場合は2回目以降の申し込みは無効となりますので、ご注意ください。ちなみにシリアルナンバーを選ぶことはできません。

申し込みの資格についてですが、

・日本国内在住、かつ連絡先が日本国内の方
・申し込みに関する注意事項を遵守できる方
・普通自動車が運転可能な免許を持っている方
・車庫証明を取得できる方
・購入意思が明確で、車両購入代金や諸費用の支払いが可能の方
・商談期間内に商談可能な方

となっています。当選については11月23日19時よりYouTubeにてライブ配信をするとともに、11月24日にはサイト上に、当選者の都道府県とハンドルネームを発表するということです。

さらに当選された方は運営事務局よりメールと電話連絡があり、当選メール受信から1週間以内に商談のの意思を確認した上で商談権を獲得、となります。

◆新車情報2021 ホンダ シビックタイプRの性能

5

今回は専用の全域高性能タイプR専用の2.0リッターVTECターボエンジンが搭載されます。最高出力は320ps/最大トルクは40.8kgmを発揮し、ドライバーを駆り立てるタイプRの最高の動力性能を目指して搭載されました。高出力・高レスポンスの2.0リッターVTECターボエンジンは、アクセルを踏んだ瞬間に、シートに背中を押し付けられるような加速Gが立ち上がり、低回転からピークまで驚くほどの吹け上がりを体感できます。

低慣性モノスクロール・ターボチャージャーに加えて、多段噴射インジェクターによる直噴システム・フレキシブルな過給圧制御が可能な電動ウェイストゲートを採用しており、過給レスポンスを高めるとともに燃費性能も追及しています。

そして今回のシビックタイプRは出力とレスポンスをともに高めてくれるVTC&VTECテクノロジーが採用されました。これは出力とレスポンスを押し上げるために、排気側にVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)を採用、吸排気双方にVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を採用しました。バルブオーバーラップ量を広範囲かつ緻密に制御することで、低回転域での高トルク、ハイレスポンス、全開領域での高出力化を達成しています。

そして徹底した軽量化を施しており、回転・往復運動部品では、超軽量クランクトレーンの採用など徹底しています。コンロッド棹部は熱間鍛造と冷間鍛造を組み合わせるホンダの特許技術によって高強度化しています。さらに軽量アルミ製ピストンを採用し、カウンターウェイトを軽量化することで、鋭いレスポンスで吹け上がる高回転エンジンを実現したのです。

限界領域で安定した走りを実現するために冷却性能も進化しました。高負荷・高回転時においても安定したパフォーマンスを発揮するためには、高度な冷却技術も欠かすことはできません。新採用された大開口グリルや、放熱効果に優れた細かいフィンピッチのラジエターが効率的にエンジンを冷却してくれて、内部に環状の冷却油路を設けて高負荷時のピストン温度を下げるクーリングチャンネル付ピストン、名トリム封入エキゾーストバルブ、水冷エキゾーストマニホールドなどによって、効果的にエンジンの各部を冷却。燃焼効率と耐ノッキング性能を高めています。

◆新車情報2021 ホンダ シビックタイプRのエンジン

6

・マニュアルトランスミッション

圧倒的な加速性能を引き出す6速マニュアルトランスミッションを装備する新型シビックタイプR。エンジンのポテンシャルを余すことなく活かしきるために、6速マニュアルトランスミッションは1速から6速で専用クロスレシオを設定。ファイナルギア比をローレシオ化し、全域で圧倒的な加速性能を引き出しています。

また軽量シングルマス、フライホイールの採用によって、抜群のアクセルレスポンスを獲得しました。アルミ削り出しのシフトノブは握りやすいティアドロップ型で、中央に内蔵されたスチール製のカウンターウエイトを含めて、シフトノブに90gのウエイトを付加することで抜群のシフトフィールを誇ります。シフトストロークは40mmとしており、シフトチェンジが小気味よく決まる滑らかな操作感を実現しています。

・レブマチックシステム

そして回転数を自動シンクロするレブマチックシステムを採用しました。変速操作に合せて、まるでヒール&トゥを決めたかのようなエンジン回転数を自動でシンクロさせるレブマチックシステムをホンダとしては初の採用としています。マニュアル車の初心者でも操る歓びを満喫でき、エキスパートはより精緻なハンドル操作やブレーキングに注力したドライビングが可能となります。

・3つのドライブモード

【+R】

タイムを競うサーキットで極限の走りに集中できるモードで、レスポンシブな変速とダイレクトなハンドリング、そして卓越したロードホールディング性を発揮します。高揚感と集中力をさらに高めるレーシーなメーターデザインも印象的です。

【SPORT】

スタートボタンを押した瞬間から(THIS IS TYPE R)の世界が始まるデフォルトモードで、レッドを効かせたスポーティなメーター演出とともに、街中からワインディングロードまで、フラットな乗り味とリニアなハンドリングで心高ぶる走りを堪能できます。

【COMFORT】

街中やロングドライブなどの日常シーンでスポーティな走りを満喫できるモードで、リラックスして運転できる滑らかな操縦感覚と、一緒にドライブを楽しむ同乗者たちも快適な乗り心地を実現しています。メーター照明は落ち着いたホワイトを基調としてます。

7
スポンサーリンク
スポンサーリンク