新車情報2021 スバル 新型BRZの最大トルク発生回転数が大幅に減少!これは運転が楽しそうだ

3

2020年11月18日、スバルは北米で新型のBRZを発表しました。アメリカでは2021年の秋にも発売するということで、早くトヨタの86新型の登場が期待されます。現行の86は若いユーザーが多いみたいで、中古車の価格が下がり購入しやすくなっている傾向もあるようです。潜在的なニーズがあるにしても、購入のポイントとしてはやはり価格になるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆新車情報2021 スバル BRZの新型登場

1

先代はFRスポーツとしては手ごろな価格だったかもしれませんが、今回はどうなるでしょうか。人気の割に売れないスポーツカーはメーカーとしてもかなり度胸のいるカテゴリーであると思われます。そんな中、スバルからBRZの新型が発表されました。

スバルのBRZは2012年に初代モデルが登場し、今回は第2世代型となります。7月末には従来型のモデルは生産終了となっており、期待された新型がついに公開となったのです。新型のBRZは旧型とはどのような違いがあるのでしょうか?

・待望のアイサイト搭載

今回の新型BRZで変わったことは、一つ目はデザインです。ヘッドライトの形状が変わっており、スバルのアイデンティティであるヘキサゴングリルは、より大きくなっています。フロントフェンダーの前輪後方に追加されたエアアウトレットが、より迫力のある雰囲気を出しています。

インテリアについては、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用したことでしょう。新型モデルでは当たり前となったアップルカープレイやアンドロイドオートにも対応しているマルチメディアインフォテイメントシステムも導入されています。もちろんコネクテッドサービスも用意されています。

搭載されるエンジンは機能面でも大きく変化しています。水平対向4気筒エンジンの排気量はアップしており、出力も向上しています。エンジンは2リッターから2.4リッターへと変わり、最高出力、最大トルクともにレベルアップしています。今回はアメリカ仕様ですが、公開されたスペックは、205hpから228hp、最大トルクは156lb-ft(NMでだいたい212くらい)から184lb-ft(249NM)へと大幅にアップしています。

新型BRZに採用されるボディは、インナーフレーム構造で構造用接着剤などを採用し、先代モデルよりもフロント横剛性が約60%、ねじり剛性が約50%向上しているなど、スポーツモデルとしてはかなり戦闘力がアップしたかたちになります。剛性がアップするということはサスペンションがよく動くということ、走行性能が格段にアップしていると考えられます。

エンジンフードやルーフ、フロントフェンダーにアルミ材を採用することで、排気量アップなどの重量増も相殺されていることもあり、さらに18インチタイヤにはミシュランの高性能タイヤであるパイロットスポーツ4が採用されています。

今回大きな変更となったことが、AT仕様車に運転支援システムであるアイサイトを採用したことでしょう。プリクラッシュセーフティや全車速追従機能付きクルーズコントロールが採用されたこともあり、高水準の安全性能が搭載されました。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 スバル 新型BRZのスペック

2

イメージカットが公開されてからさまざまな憶測が飛び交っていた古典的なFRスポーツカーの楽しみ方を忘れないことが明らかだろう新型BRZ。ついに登場したといえるでしょう。

現時点では北米仕様の数値となりますが、完成度は高く、市販版のスペックとそん色ないレベルといえるでしょう。ホイールベースが同一の値であることや、ドアの形状などから基本となるプラットフォームはキャリーオーバーで、エンジンもFA20をボアアップしたFA24のD-4S版とも考えられますが、キープコンセプトで進化したスタイリング、サイドターンのできるパーキングブレーキなど。期待できるところはたくさんあります。

・新型BRZ 主要スペック

全長:167.9インチ(約4264mm)
全幅:69.9インチ(約1778mm)
全高:51.6インチ(約1310mm)
ホイールベース:101.4インチ(約2575mm)
エンジン:水平対向4気筒
排気量:2.4リッター
最高出力:228hp(約231ps)
最大トルク:184lb-ft(約25.3㎏m)

基本的なコンセプトとしては従来型より踏襲されています。スバルがBOXERと呼んでいる低重心の水平対向エンジンを搭載したFRの4座席クーペは低い位置に置くことで優れた反ぢRンぐ性能を得るという、BRZの基本的な部分はそのままになっています。

インプレッサやレヴォーグで導入されている新世代のプラットフォームであるSGP、スバルグローバルプラットフォームの採用は見送られているといわれており、初代モデルから踏襲されていると考えられます。

ボディサイズは上記の通りで、新型は変更については最小限にとどまっています。ホイールベースについてはわずかながらアップしている程度で、プラットフォームは従来型からのキャリーオーバーといえそうです。

サスペンション形式とタイヤ寸法も従来型から踏襲されており、フロントがストラット、リヤがダブルウィッシュボーンというサスペンション形式で、スポーツカーとしてはもはや定番の装備といえるでしょう。タイヤに若干の変更が加わっており、215/45R17と215/40R18というタイヤのサイズに変更はありません。

今回の変更としては、

・内外装のデザインが変更したこと。
・エンジンの排気量が変更になったこと

・ボディ剛性が大幅にアップしたこと

・デジタルメーターや最新のインフォテイメントが採用になったこと

・AT仕様車にはアイサイトが採用になったこと

といえるのではないでしょうか。

新型のBRZに期待されていたのはSGP採用による走行性能のアップやハンドリングと思われたのですが、今回SGPは見送りになっているようですので、そのあたりは残念といったところです。

車としての根幹については従来型から踏襲となり、さらにBRZとしての性能を磨き上げ、最新のインフォテイメント機能やアイサイトが搭載したことで基本性能はよりレベルアップが図られ、安全装備で付加価値を追加という感じがします。

あと気になるのは価格ですが、現在のところはまだ発表がありません。スポーツカーとしては若者に人気のあることは示されているという認識ですが、一番のネックである価格が若者の購入意識を左右するといえるのでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 新型BRZにSGP採用はなし

3

北米仕様の目標スペックとしてボディサイズが発表になりましたが、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mm、ホイールベースが2576mmで全体的に大幅なボディアップとなっていません。

公式の発表においては、新世代プラットフォームのSGPからノウハウを取り入れたということで、プラットフォームは一新されることはなく、従来モデルから大きく改良されたという認識が一般的でしょうか。

ですが、車としての性能は格段に上がっているとされており、新型のレヴォーグなどでも採用されているインナーフレーム構造や構造用接着剤を採用して、フロント横曲げ剛性で約60%、ねじり剛性で約50%のアップというのは、大きく改良された数値とみるべきでしょうか。

空力としては、フロントフェンダーに新設されたエアアウトレットがスタイリングでもアクセントになっています。ダックテールやトランクリッド、サイドシルスポイラーやリアフェンダーのスポイラー形状などもよりスポーティな印象を高めています。

このように新型BRZはボディについてはしっかりと改良されてきました。ボディをしっかりとしてきたということはその分重量がアップしているのではないかと思われるのですが、新型BRZはフロントフェンダーやエンジンフード、ルーフをアルミ製とすることで軽量化を図っています。特にルーフはアルミ化したことで重心を下げる効果もあり、それは水平対向エンジンを低く搭載するというBRZとしては基本的に性能を引き上げる役割を得たという感じになります。

スポーツカーに限らず、ほとんどの車はモデルチェンジのために大型化する傾向にあるのですが、BRZのサイズ拡大は最小限にとどまっています。特にうれしく思われるポイントが、全幅が広くなっていないことで、コンパクトなFRスポーツカーというBRZのアイデンティティは新型でもしっかりと受け継がれているのです。

現行型のエンジンはFB型をベースにボアxストロークを86mmx86mmのスクエアに改めるなど新開発されたFA型2リットル4気筒ユニットが搭載されています。燃料噴射系にポート噴射と、筒内噴射を使い和めるトヨタのD-4Sを組み合わせており、最高出力は200ps、最大トルクは20.9㎏mを達成しました。その後、吸排気効率の向上などによってMT車の最高出力は7ps、最大トルクは0.7㎏mほど高められています。

新型のBRZは2.4リッターの水平対向4気筒エンジンが搭載されており、北米ではレガシィやアセントに搭載されているFA24型ターボエンジンのNA版と思われるのですが、BRZの搭載にあたっては新たなD-4Sが組み合わされているのです。

最高出力、最大トルクのそれぞれの発生回転数ですが、最高出力は7000rpm、最大トルクは現行型の6400から6800rpmから、3700rpmとかなり下がっていることがポイントでしょうか。最高出力と最大トルクの発生回転数に差があると扱いやすいエンジンになる傾向があるといわれているだけに、ユーザーとしては新型のエンジンのほうが期待できると思ってしまいます。

・新型BRZのトランスミッション

新型BRZのトランスミッションは6速ATと6速MTが用意されており、6速ATにはスポーツ走行時の制御が進化しています。現行型の6速ATは、マニュアルモードの変速速度にこだわり、変速時間が0.2秒と世界最速を実現していました。新型の6速ATでは、新しいスポーツモードを採用しており、自動スロットルブリッピングによる素早いダウンシフトを可能にするのは現行型と同じなのですが、さらにヨーセンサーを利用して、ハードコーナリング時にローギアをキープするようにコントロールされているといわれています。

そして新型にはついにアイサイトが搭載されることになりました。プリクラッシュセーフティや全車速追従機能付きのクルーズコントロールも備わっているので、日常の移動がより安全で、快適に行えることになります。発表ではアイサイト搭載ということしかいわれていないのですが、いったいどのバージョンのアイサイトなのか気になりますね。

足回りについてはフロントはストラット、リヤがダブルウィッシュボーンという形式に変更はありませんが、新型のフロントサスには低いボンネットラインを実現しながら、ロングストロークを維持しつつ、理想的なハンドリングと乗り心地が実現できます。リヤサスは優れたバンプ吸収性を発揮し、さまざまな路面でタイヤのグリップ力を最大限に発揮するとしており、運転する際にはスポーツカーとしての性能を最大限楽しむことができそうです。

4 6 7
スポンサーリンク
スポンサーリンク