新車情報2021 日産 新型ノートが期待以上のデキ。危ぶまれるヤリスとフィット。

16

新型ノートの登場で、ホンダのフィットが危ぶまれています。フルモデルチェンジが発表されたノートですが、フロントマスクは魅力的ですが、その他はすべて凡庸なデザインアプローチにも見えるノート。日本専用のプラットフォームがあれば、何も問題ないと思われますが、欧州のデザインに到達したレベルではないともいわれています。今までのⅤモーショングリルは個人的に受け入れられないというユーザーも多かったそうですが、これならば大丈夫と思う方も多いでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 日産 新型ノート 欧州モデルに匹敵するデザイン

12

日産との関係では当然のごとくルノーっぽいところもあるかもしれませんが、パッとみた感じでは欧州車にも勝るとも劣らない、そんな感じのデザインに仕上がっていると思われます。その分価格も従来型よりアップしそうと思われるのですが、実際はそうではないみたいですね。

そして、新型ノートのボディサイズですが、従来モデルよりも若干小さくなっているところがポイントなのかもしれません。全長4045mm、全幅1695mm、全高1520mm、ホイールベースが2580mm。

基本的に日産としてコンセプトを統一してきたことが影響しているのかもしれません。

今回の新型ノートはタイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズムという言葉を強調したモデルです。これは日産の次世代電動化技術の象徴であり、日産ブランド全体をこれから牽引するであろう「アリア」と一貫性をもった新しい日産のデザインなのです。

どうやら日産の関係者も、先代は少し大きすぎたという言葉も出ていたようです。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 日産 新型ノートは何が変わったのか

13

新型ノートは日産の次世代モデルということですが、一体何が変わったのでしょうか?室内については明らかに車内の雰囲気が変わっており、洗練されたデザインから引き締まった感じの印象を受けます。ボディサイズでは全長が従来モデルよりも5.5センチ短くなったとはいえ、ノートそのものをプラットフォームから完全に作り直すうえで、ボディサイズが短くなるということはどうしても必要であったといえるのかもしれません。

それは、コンパクトカー市場でのライバルたちも関係しているようです。ノートは日本専用のコンパクトカーであり、当然そのライバルはトヨタのヤリス、ホンダのフィット、マツダのマツダ2、スズキのスイフトなど挙がってくるでしょうけれども、ハイブリッド車ということを考えるとヤリスやフィット、アクアがライバルとしてラインナップされてくると考えられます。

それを考えると、先代のノートは4100mmという全長の中、ヤリスは3940mm、フィットは3995mm、アクアは4050mmということで、いささか大きかったということは否めません。コンパクトカーというと4000mmからプラスマイナス5センチ程度が十分といえるのでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 日産 新型ノートはe-POWERのみのワケ

4

現在、世界中でガソリン車やディーゼル車の販売禁止が検討されています。特に欧州や北米、中国などでは、2030年から2040年にかけて電気自動車や燃料電池車以外の車については販売ができないという方針まで出てきました。

そのためか、各自動車メーカーは電気自動車のラインナップが急務とされており、日産があらたに発売するコンパクトカーである新型ノートでもガソリン車が廃止となり、全車でe-POWERのみの搭載となりました。

日本では2050年に販売されるすべての車をEVやハイブリッド車などのモーターを使った電動車とする目標も掲げられています。

日本は海外とは異なり、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車の販売は可能となるとされています。

ワールドワイドで見てみると、各地域で条件はことなるものの、電動車、電気自動車が急速に普及されていくのは確実といえます。2020年、今の時代ではガソリン車の需要が高くあるのも日本市場としては否定できません。

過去から遡ると、ハイブリッド車の比率は確かに増えてきました。それでもガソリン車の方が車両価格が安いということや、近場がメインとなる移動などを考えると軽自動車やコンパクトカーでは、ガソリン車の方が支持されているのが現状です。

新型ノートはガソリンエンジンとモーターを融合した電動のパワートレインです。ガソリンを燃料にエンジンが発電機を回して電気をつくり、大きな出力モーターのみで100%駆動させます。これは、電気自動車であるリーフ並みのなめらかな走りを楽しむことができるくらいです。

日産のe-POWERは2016年に2代目ノートから初採用され、その後2018年にはセレナ、2020年にキックスと搭載されています。先代のノートや現行のセレナでは、ガソリン車とハイブリッド車の設定がありますが、実際にはその購入者の7割がe-POWERを選択しているといいます。

キックスについては、海外向けにいくつかガソリンモデルの設定もあるのですが、日本市場では新型ノートと同じくe-POWERのみという設定です。

この新型ノートですが、日本市場では好調な売れ行きの中e-POWERのみの販売となったことについて考えていきたいと思います。

◆新車情報2021 日産 新型ノートに第2世代のe-POWER

6

今回新型ノートに搭載されるのは、第2世代のe-POWERとなります。パワートレインのハードウェアとその制御を刷新し、より力強く上質な走りと効率化を高い次元で両立しており、スムーズで思い通りの加速やなめらかな減速の制御であったり、電動パワートレインならではの静粛性を今まで以上に向上させています。

第2世代のe-POWERについては、先代のノートやセレナ、キックスに第一世代のe-POWERが搭載されてきましたが、新型ノートでは主要コンポーネントやそれらの制御技術の設計をすべて見直し、よりEVに近い力強く上質な走りを実現しているといいます。

その具体的な中身は、モーターとインバーターを刷新し、モーターは先代ノートに比べて、トルクを10%、出力を6%向上。よりパワフルで気持ちの良い発進加速と、中高速からの追い越しでは力強い加速感を実現しました。

先代ノートや現行のセレナやキックスとは異なるe-POWERが搭載されており、この第2世代のe-POWERを搭載することは新型ノートが初めてとなります。

日産は事業構造改革である「NISSAN NEXT」の中で、ホームマーケットとなる日本の再強化、2023年度末までにEVを2車種、e-POWERを4車種投入する、モデルの若返りを図り、車齢平均を4年以下にする、新技術は日本から投入する、などを明らかにしています。そのため、新型ノートに搭載された第2世代のe-POWERを搭載したノートは世界中の日産車において、最も注目されるモデルになっている、といいます。

◆新車情報2021 日産 新型ノートは復活のカギ!?

1

新型ノートに搭載された第2世代のe-POWER。これは日産が復活するために選ばれたモデルであるということは間違いありません。販売面ではガソリン車の設定も期待されているのですが、それでもe-POWERのみとなります。

ガソリン車であった方がたくさん売れるのは間違いありませんが、日産としてはゼロ・エミッションの社会が日産をリードしていく、作っていくという会社のビジョンがあり、日産が進めている電動化に集中させていくということを決めています。

それに則って新型ノートという日産を代表するモデルに搭載することになったのです。今まで日本市場をほったらかしにしてきたとまでいわれてきた日産ですが、NISSAN NEXTで掲げられているように、主戦場はこの日本市場から始まっていきます。ライバルとなるヤリスやフィットがガソリン車、ハイブリッド車を設定する中で、第2世代のe-POWERのみの搭載となった新型ノートがどこまで販売を伸ばしていくのか、見どころだと思います。

◆新車情報2021 日産 新型ノートの感想

2

インフラもろくに整っていない新興国で、電気自動車を100%にするのが本当にエコだと思ってやっているのかわからないですが、日本の目標が一番まともで現実的と思われます。

2040年以降はハイブリッド車の販売も認めない国もあるみたいですが、そんなことをしたらバッテリー上がりで立ち往生する車と、充電スポットに列をなすEVがたくさん溢れかえりそうです。バッテリー問題の解決と、充電インフラの整備がそれまでになんとかなるとは思えないですが、ハイブリッド車を認める日本の選択は正しいといえるでしょう。

e-POWERだろうがハイブリッドだろうが、ガソリンは使っているのだからガソリン車全廃ということにはならないでしょう。モーターの発電のみに使ってガソリン消費量を極端に落とすやり方もいいとは思います。

もともと、トヨタのアクアとかハイブリッド専用のコンパクトカーはあるのだから、ノートがハイブリッド専用車となっても違和感はありません。しかし日産は他のコンパクトカーがほとんど売れていないことを真剣に考えるべきで、割高なハイブリッド車だけで利益を上げるのは経営的に心配となります。今の日産には軽自動車と高級車の中間を埋める車があまりにも少ないのです。

今回の新型ノートについて、多くの方はかなり好感触を持っているようです。それは限られた年代の層ではなく多くの年齢層に見受けられます。

ノートは大衆車だと思っていましたが、ガソリン車をなくしてオール200万円以上ということに驚きを隠せません。フルオプションにすると300万円を超えるようですが、確かにいい車と思いますが、大衆車というイメージはなくなりつつあるのかもしれません。

ですが、これは非常に楽しみな一台になりそうです。新型ノートの4WDモデルは、リヤに三菱アウトランダーPHEVのリヤモーターを搭載するようで、いろいろとすごい車になるのでは!?

新型ノートを見た多くの方は期待と不安みたいなものが入り混じっている感じではありますが、今一番売れていると思われるヤリスクロスや、ヤリス、ライズなどと比べてみる必要がありそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク