新車情報2021 トヨタ ヤリスクロスのオススメの購入方法を考える

ヤリスクロスのパワートレインは、1.5リッター直列3気筒ガソリンと1.5リッター直3+モーターのハイブリッドです。駆動方式は前輪駆動と4WDを用意しています。ハイブリッドの4WDは、後輪をモーターで駆動させるE-fourになります。各グレードの装備や機能の違いを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ヤリスクロスのグレード選び

12

グレード構成は、ガソリンエンジン、ハイブリッドともに、ベーシックなX、中級のG、上級のZを設定しています。ガソリンエンジン車には、レンタカーなどの需要を狙った「X”Bパッケージ」もありますが、衝突被害軽減ブレーキを含んだトヨタセーフティセンスなどの安全装備と、運転支援機能の全車速追従機能付きのクルーズコントロールなどの搭載がありません。

そういった事情のがあるX”B”パッケージはとりあえず置いておいて、最も手頃な価格となるXでも実用姓は十分なレベルと考えられます。7インチのディスプレイオーディオであったり、専用の通信機なども標準装着されており、トヨタセーフティセンスも標準装備されています。

中級のGでは、16インチのホイールがXのスチールからアルミに上級化されています。ディスプレイオーディオも8インチに拡大されて、シート表皮には上級ファブリックが使われており、そのほかにも、バックガイドモニターや4対2対4の分割可倒式リヤシートなども加わり、見た目も実用性もワンランクアップします。

上級のZではヘッドランプやリヤコンビネーションランプがフルLEDとなり、アルミホイールが18インチに拡大されます。メーターはオプティトロンとなっており、カラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイも4.2インチから7インチに拡大されます。

運転席には電動調節機能が加わり、シート表皮は合成皮革+ツィード調ファブリックです。

メーカーオプション装備も豊富に揃っており、X”B”パッケージを除く全グレードに車両の周囲を上空からみたような映像としてモニター画面に表示できるパノラミックビューモニターが用意されています。また、G系、Z系には後側方から迫る車を検知してドライバーへ注意を促すブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキも設定されており、標準装備のトヨタセーフティセンスと合せれば、より安全性を高められるために、装着については検討してもよいと思われます。

2

その他、G系とZ系を対象に、ハンズフリーパワーバックドアやステアリングヒーター、ルーフレールを用意。Z系にはハイビーム状態を保ちながら対向車や先行車の幻惑を自動的に防ぐアダプティブハイビームを設定しています。さらに、ハイブリッド車のみを対象としたトヨタチームメイトやアクセサリーコンセプトなど、グレードやパワートレインごとにオプションが用意されているのも車選びの上で悩ましいポイントになるでしょう。ちなみにZ系に標準装備されているフルLEDヘッドランプはXとGでもオプションで装着が可能です。

ボディカラーは8種類のモノトーンに加えて、ダークブルーマイカメタリックを除き、ツートン仕様も選べます。ですが、ツートンはG系とZ系のみであるためXを購入する方はツートンを選ぶことができないことは考えておきましょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ヤリスクロス オススメ購入方法1

10

ハイブリッドは燃費よりも走りの質やオプションを踏まえて検討してもいいかもしれません。ヤリスクロスで最も推奨度の高いグレードというと、ガソリンエンジンとハイブリッドともに、中間のGではないかと思われます。GはXと比べて12万4000円高く、ハイブリッド車は11万円高、16インチアルミホイール、スーパーUV&IRカットガラスなどニーズの高い装備が加わります。

また、メーカーオプションも充実しており、Xに設定されていないハンズフリーバックドア、ルーフレールなどの実用性を高めるアイテムをGは装着できるというところが魅力でしょう。

安全装備を充実させるベストな選び方としては、GにメーカーオプションのフルLEDヘッドランプ、ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ、パノラミックビューモニターを加えることでしょう。ガソリンエンジンのGもこのやり方をしてみると、220万円は超えない設定になります。

そうした中で18インチアルミホールやフルLEDヘッドランプが欲しいということであればZを検討してみるのもいいかと思います。このふたつの装備はGにもオプション装着できるのですが、合計では15万5100円の上乗せになります。それであれば、19万円高い、Zにした方が割安という感じがします。3万4000円の差額で、運転席の電動調節機能ですとか、オプティトロンメーター、シートヒーターなどが加わるからです。

また、Zではアダプティブハイビームシステムを装着した場合には、カラーヘッドアップディスプレイも装着されます。

・装備の次はパワートレインを選ぶ

必要となる装備が決まった、ということであれば、次はパワートレインを選択してみてはどうでしょうか?ハイブリッドの価格はGとZの場合でガソリンエンジンよりも37万4000円高く、この差額については、ヤリスと同額という設定です。ハイブリッドは購入時に収める3年分の自動車重量税と環境性能割が非課税のため、実質の差額は約30万円というところでしょう。

レギュラーガソリン価格が1リッターあたり130円ほどの設定で、実用燃費WLTCモード燃費で計算すると、GとハイブリッドGを比べた場合には、30万円の実質差額を取り戻そうと思った場合、13万キロほど走ったらもとがとれそうです。ガソリンエンジンの燃費数値もかなり優れているといえるので、ハイブリッドと比べた時の燃料代の差額があまり開きません。

それでも、ハイブリッドは、モーターの駆動の併用で加速が滑らかになり、ノイズも小さく、経済性以外の価値もあるために、購入時にはハイブリッドとガソリンエンジンの両方を試してみて、走行距離や運転感覚、予算などを総合して最終的に決断してみてもいいでしょう。

ガソリンとハイブリッドではオプションのトヨタチームメイトを装着するかなども決めてになるかもしれませんね。メモリ機能によって白線のない駐車枠への駐車もアシストしてくれるのですが、これは、ハイブリッド車専用のオプションとなっています。

X、G、Zのいずれもハイブリッド化によって機能や質感が劇的に変わるというわけではありません。デジタルメーターがハイブリッド専用となるほかに、EVドライブモードが追加される程度留まります。ですが、ハイブリッドXのみエアコンがマニュアルからオートに変わっています。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ヤリスクロス オススメ購入方法2

10

駆動方式は用途に応じて選択すればいいのですが、ガソリンエンジンを搭載した4WDには、マルチテレインセレクトが採用されています。舗装路や雨天で幅広く使えるNORMALモードに加えて、滑りやすい路面に適したマッド&サンド、大きな凸凹の走破に適したロック&ダートも選べます。

走行モードを切り替えると、前後輪に駆動力を配分する多板クラッチの締結状態や、空転を防ぐ四輪独立ブレーキの作動状態や、エンジン出力などが最適に制御され、NORMALモード以上に空転が生じにくく安定性も高まります。

今は横滑り防止装置などが性能を高めており、各種のセンサーや制御も向上しています。これらを利用して四輪を従来以上に緻密にコントロールすることが可能になったのです。滑りやすい路面では、即座に4WDになって空転しにくく、また四輪の緻密な制御は峠道などを走る時の安定性も向上させます。4WDはスポーティな走りにも適しているといえます。

4WDは前輪駆動に比べて23万1000円高いのですが、妥当な金額と言えるでしょう。WLTCモード燃費による悪化率をGグレードで見てみるとガソリンエンジンは8%、ハイブリッドは7%に収まっています。4WDの燃費効率が優秀ということもこのヤリスクロスの特徴です。

ダウンヒルアシストコントロールやTRAILモードとスノウモードといった機構も備えており、このカテゴリーのSUVの中では悪路走破性への拘りはかなり強いため、アウトドアレジャーでの活動も期待できそうですね。

◆新車情報2021 ヤリスクロスとライバルの比較

ヤリスクロスに挑むカテゴリーにはいずれも強大なライバルが存在しています。見た目こそSUVですが、それぞれに主張するキャラクターが揃っているので今一度チェックしておきたいと思います。

まずは日産のキックスですが、100%モーター駆動のe-パワーに加えてプロパイロットなど先進的な機能が魅力です。特にモーター駆動による滑らかな加速と瞬発力は見事なもので、キックスの価格としてはXで275万9900円でヤリスクロスのハイブリッドZの258万4000円に比べるとかなり割高な印象です。

ホンダのヴェゼルは燃料タンクを前席の下に搭載していることによる空間効率の高さが魅力で、後席はもちろんですが、荷室の床も低く積載性に優れています。ですが、登場から6年経過しているということで、加速の滑らかさや操舵感、乗り心地については若干古さを感じてしまいます。Xホンダセンシングが220万5093円ですので、ヤリスクロスのGは約19万円ほど安いということになります。ハイブリッドも同様に19万円ほどヤリスクロスの方が安いという感じですね。

そしてマツダのCX-3は実用姓よりも質感へのこだわりが強く、後席は狭いのですが、素材や仕立てに拘っている内装に囲まれて運転できるというのは妙に満足感があります。1.5リッターガソリンを積む15Sツーリングは199万1000円で、同等の装備を採用するヤリスクロスのG(202万円)に近い価格帯です。

価格やサイズは近いと言えるこの4つのモデルですが、中身、装備ではずいぶんと違いが出てきますので、要チェックが必要と思われます。ヤリスクロスは4つのモデルの中では、一番あとから出ているモデルなだけに、装備の充実度など他を凌駕するものもあります。先半年以内にはホンダのヴェゼルがフルモデルチェンジしそうな感じもありますので、ヤリスクロスは決算期を狙って購入するか、新型のヴェゼルが登場してから比較してみるか、などしてもよいかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク