新車情報2021 ホンダ 新型ヴェゼルは期待大!現行型の口コミが気になる。

pict_02

2021年1月18日にホンダの新型ヴェゼルに関する情報を先行公開。2月18日にもフルモデルチェンジする予定で、車両の公開もされました。2021年最初のビッグなニュースとなる新型ヴェゼルとはどんなモデルになるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ 新型ヴェゼルのチラ見せ

3

もっと見せてくれたらいいのに、と思ったくらいチラ見せの新型ヴェゼル。しかもボディがうっすらと映っているものしか掲載されていないとか、まじないわ(笑)。2021年の2月18日に正式に発表を控えている新型のヴェゼルですが、現行型の初代ヴェゼルは2013年12月に登場しました。

コンパクトSUVというカテゴリーに分類されている通り、運転操作もしやすく、取り回しやボディの大きさも扱いやすいスタイルになっていますよね。流麗なクーペフォルムで上位クラスにも劣らない使い勝手とボディからは想像できない広い室内空間をもつSUVです。

当初、1.5リッターガソリンモデルと、1モーター式のハイブリッドであるスポーツハイブリッドi-DCDモデルの2タイプがラインナップされていました。2019年には1.5リッターガソリン直噴ターボモデルも追加されており、ラインナップが拡充したため、その年はSUVとしては新車販売ランキングでNO.1になるなど、ホンダが自慢するほどの人気のSUVです。そのヴェゼルが7年を経過した今、ついにフルもセルチェンジされるのです。

今回のホンダ新型ヴェゼルは、リヤの部分のカット画像と、一部の内部写真のみですが、かなり期待させるような出し方をしてきました。特にリアには新型フィットから搭載されているe:HEVが搭載されていることがわかるエンブレムも装備されていることから、同じ最新の2モーター式ハイブリッドの設定があるということがわかります。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ新型ヴェゼルは北京モーターショーで発表された”あれ”なのか?

5

北京モーター2020で公開されたホンダSUVeコンセプトなのかということですが、結論からいうと違うでしょう。ですが、コンセプトモデルのいくつかは引用されている感じがします。リアゲートを横から撮っている画像が公開されていますが、2020年の中国北京モーターショーに出展されたEVのコンセプトカーである、ホンダ SUV eコンセプトのリアの部分とひているデザインになっています。SUV eコンセプト発表当時から噂が絶えなかった、「これが新型ヴェゼルのデザインコンセプトなのか」ということも言われてきましたが、似て非なるものというところでしょう。

ヴェゼル独特の流麗なフォルムは健在で、一般的なSUVとは少し雰囲気の違ったクーペスタイルになるのではないかと思われます。

・びっくりした!大型のガラスルーフが採用

今回掲載されている新型のヴェゼル。ルーフには大型のガラスルーフが採用されているのがわかります。また、2020年2月から登場している新型のフィットには実は採用されていなかったアップルカープレイとの連携も行えるようにしているという情報も入っています。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 ホンダ新型ヴェゼルはかなり力が入っている

新型ヴェゼルの力の入れようなかなりなもんだと思いました。今回採用されているアンバサダー14人がかかなり豪華なんですよね。

この新プロジェクトには、玉城ティナ、よしあきミチ、あさぎーにょ、井浦新、モーリー・ロバートソン、アントニー、布川敏和、クララ・ブラン、エバンズ・マラカイ、ロイ、Licaxxx、る鹿、RIKUとGAKU(たまねぎ)、ホンダヴェゼル広報担当というかなり豪華な顔ぶれです。プードルが2匹いることも忘れてはいけません。

この新型ヴェゼルの魅力を伝えてくれるアンバサダーとして、さまざまな国籍や年齢、バックボーンを持つ各界の第一線で活躍するメンバーで構成されている【GOOD GROOVER】がホンダと一緒になってこの新型ヴェゼルの魅力を伝えていくプロジェクトです。

◆新車情報2021 ホンダ ヴェゼルの口コミ

1

管理人も乗っている新型のヴェゼル。ヴェゼルを購入するとは思っていなかったのですが、ディーラーに行った際、展示してあるヴェゼルに気づき、乗ってみたところ、その広さに感激しました。ちょうどクルマを買い替えようとしていたところだったので、速攻でヴェゼルに変えたのを覚えています。2017年のことです。

管理人個人的には、運転席のシートを結構前にスライドさせるので、Aピラーが結構太いのでそれが邪魔で、右斜め前がかなり見えにくいということが気になります。新型フィットみたいな感じだったらいいなと、新型には期待しています。

管理人のほかにも多くの人がヴェゼルに乗っているので、その口コミや感想をご紹介したいと思います。

見た目がかっこいいので、ドライブする際にモチベーションが上がります。小さすぎず、大きすぎずというボディサイズなので、駐車時にもあまり困りません。後部座席の居住性もよく、ファミリーカーとしても使えることがうれしい限りです。一人で出かける際には、荷台をフラットにして寝ることもでき、遠出にも役立ちます。ホンダセンシングもしっかりと機能してくれるので、かなり使いやすです。

車内のスペースがとても広く快適ですぅ。育ちざかりの子供がいても、多少動き回ることは問題ありません。日用品などの買い物の量が多くても満足できる広さで、家族でキャンプなどのアウトドアも好きな人は、その用途にもしっかりと適応してくれるので、あまり不満はありません。乗り心地も十分で、及第点は取れるクルマと思います。

全体的には良いクルマと思うのですが、気になる点もあります。一番気になるのは、ハイブリッドにしては燃費がよくないところです。クルマが大きめ!?ということもあるのかもしれませんが、アクアなどのコンパクトカーに比べるとかなり燃費が落ちるので、そのあたりのカテゴリーのクルマと比較すると、痛い目を見るのではないかと思います。

外装が立体的でカッコよく、内装も見た目よりもゆとりがあったり、結構質感の高いものになっています。長距離移動などでも負担は軽減されますし、ハンドリングが比較的軽いということもあるので、小回りはよくききます。特に狭い住宅街などでも慣れてしまえばまったく問題ないと思いますし、乗り心地も全体的に安定しているので、かなり快適な運転ができます。

燃費は20000㎞走って平均的なところでいうと17㎞/Lというところでしょうか。日常生活で居住エリアを毎日走るような乗り方であれば、だいたいこれくらいになるのかと思います。ミニバンからの乗り換えだと、結構荷物が入らないというイメージを持ってしまうので、よくよく見てから購入を検討するべきだと思います。

さまざまな自動車メーカーがこのあたりのクラスのSUVを出してきていますが、中でもホンダのSUVに至ってはデザインや走行性能の面では一番いいのではないかと思います。車体がやや小さいような感じがして居住性に不安もあったのですが、中は思ったよりも広くて居住性も悪くないと思いました。走りの面ではハイブリッドということもあり、燃費もそこそこで、案外パワフルなんだと感じます。

インテリアも以外と凝っている感じがして、操作に戸惑いがあったりしました。慣れてくれば問題はないと思いますが、もう少し改善してもらえればと思ったところです。ハイブリッドの制御は少し雑な部分があり、アクセルを踏んでから加速するときにモーターのアシストにタイムラグがあるように感じます。逆に制動の時のブレーキが結構きつめに設定されていたので、利きはよかったです。

ヴェゼルのいいところは、高速道路走行時にその本領を発揮してくれることでしょう。高速ドライブを楽しませてくれる点もあり、ドライブウェイなどでは、ハンドリングの適度な重さと操作性の良さで、爽快に運転をすることができます。一般道でも、なめらかに走行してくれるので、気がづけばそこそこのスピードが出てきいる、ということがよくあります。ターボのパワーは文句はありません。

ですが、若干足回りが硬く感じられるところがあります。あとは燃費がもう少し伸びればというところでしょうか。街乗りではガソリン車では一桁とかになったり、高速道路では10㎞/L少々といったところもありますので、このクラスであれば燃費性能をもう少し伸ばしてもらいたいと思ってしまいます。内装はピアノブラックになっているために、埃が多少気になります。

なんといっても走りやすさは他のSUVよりも一段とびぬけている感じがします。軽いステアリングや思ったよりも小回りが利くところは結構優秀だな、と思わせるのです。今はやっているキャンプなどのアウトドアにも最適で、オフロードで乗っていても下部からの突き上げをほとんど感じず、車内も静かな状態ですので、家族の会話も聞き取りやすいです。

このようにヴェゼルに関しては、意外といいところが多いのにはびっくりです。管理人も納得の満足感です。ユーザーによってはさまざま感じるところはあると思うのですが、管理人はこのほかにも、アクセルを踏み込んだ際、少しタイムラグがあるのが気になります。コンマ何秒という差ではあると思うのですが、踏み込んだと同時にトルクがついてこないこともあり、もう少しパワーがあればなと思っています。

内装についてはあまり不満はなく、室内が広いので、シートを倒してゆっくりと寝ることもできますし、センターコンソールもオプションで少し色を付けることができたので、長く乗っていたいという人には、少しカスタマイズしてもいいのではないかと思われるクルマです。。センターコンソールを含めてドリンクホルダーが前に5つ、後ろに2つあることから、5人乗ってもそれぞれがペットボトルをちゃんと置くことができる仕様になっていたりします。新型ヴェゼルもこの使い勝手や、室内の広さはぜひ踏襲してもらい、今よりも燃費がいいことや、レスポンスよく反応してくれるアクセル操作であってもらいたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク