カローラクロス 日本発売 価格は220万円あたりに!?2021年秋頃が熱い!

0

2020年7月にタイで発表、発売されたカローラシリーズのSUVモデルであるカローラクロスが日本にも投入されるという噂がありますが、本当なのでしょうか?というか、発売はされるのでしょうか?トヨタには同じクラスのSUVにC-HRがあるために、最近販売があまり好調ではないためC-HRに変わって投入されるということも噂されています。そしてカローラクロスの導入は2021年秋頃にも!?と言われていますが・・・。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 トヨタ カローラクロス導入の背景は

1

トヨタはカローラのSUVモデルであるコンパクトSUVのカローラクロスをラインナップすると言われています。しかも2021年9月にも登場させるのだとか。このカローラクロスは2020年7月9日にタイで世界初公開して販売を開始していますが、実は日本の特許庁にすでに「COROLLA CROSS」という商標を申請しているのです。

スタイルは切れ長のヘッドライトがカローラシリーズをイメージさせるのですが、大きなフロントグリルや膨らみを持たせたフェンダー回りなどによる力強い造形が特徴となっています。

そのボディの骨格には、カローラシリーズと同じTNGAプラットフォームが採用され、リアサスペンションは、カローラセダンなどがマルチリンクを採用するのに対して、カローラクロスはトーションビームとなりますが、柔らかいプッシュが採用され、快適な乗り心地を実現しているといいます。

パワーユニットは、1.8リッターガソリンエンジンと、1.8リッターのハイブリッドの2種類が設定されるようで、もし日本に導入される場合はハイブリッド仕様のみのラインナップになるという可能性が大のようです。

カローラシリーズは、1966年に日本で初代を発売して以来、世界150以上の国と地域で累計としては4800万台以上を販売してきているトヨタのグローバルベストカーと言えるクルマです。そのカローラから世界的に需要が高まっているSUVが新たにシリーズとして加わると言うことで、2020年7月にかなり盛り上がりました。

カローラクロスは「COROLLA MEETS SUV」をキーワードとして、車格感+ユーティリティの両立を目指して開発された新しいSUVです。

タイで発表されたカローラクロスのボディサイズは、全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mmで、ちなみに日本で販売されているカローラツーリングのボディサイズとしては、全長4495mm、全幅1745mm、全高1460で全長は少し短めですが、全幅と全高はかなり拡大しているということが特徴でしょう。ホイールベースについては2640mmで一緒となります。

エクステリアについては、カローラセダンやカローラツーリングとは異なるのですが、堂々としており力強く、台形の大型フロントグリルや、力強く張り出した前後フェンダーの造形によって、アクティブな雰囲気が演出されています。

インテリアについても、車内は見晴らしのいい空間と広く取られたヘッドクリアランスが確保されており、後部座席は子供を抱えても乗降しやすい広い間口が設定されています。ラゲッジルームはクロストップレベルの荷室容量で、床面はアクセスの良さも考慮した高さになっています。

走行性能としては、TNGAプラットフォームを採用しており、上質な走りと静粛性を実現しています。新型のトーションビームサスペンションと大型で柔らかいブッシュの採用も特徴と言える物で、全席で快適な乗り心地が味わえることでしょう。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 トヨタ カローラクロスのスペック

2

カローラクロスはSUVということもあり、どちらかというとC-HRに近いボディサイズと言えそうです。C-HRのボディサイズは全長4385mm、全幅1795mm、全高1550mmに対して、カローラクロスは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mmとなっているため、若干カローラクロスの方が大きめということになりそうです。

その他のスペックですが、

・ハイブリッド仕様

全長×全幅×全高:4460×1825×1620mm
ホイールベース:2640 mm
車両重量:1385kg
最小回転半径:5.2m
乗車定員:5名
駆動方式:FF
エンジン型式:2ZR-FXE(リダクション機構付THSII)
排気量:1798
エンジン最高出力:72kW[98ps]/5200rpm
エンジン最大トルク:142N・m[14.5kgf・m]/3,600rpm
モーター型式:1NM
モーター最高出力:53kW[72ps]
モーター最大トルク:163N・m[16.6kgf・m]
システム最高出力:90kW[122ps]
トランスミッション:電気式無段変速機
サスペンション:(フロント・マクファーソン・ストラット)(リア・トーションビーム)
ブレーキ:(フロント・ベンチレーテッドディスク)(リア・ディスク)
タイヤサイズ:215/60 R17/225/50 R18

・ガソリン仕様

全長×全幅×全高:4460×1825×1620mm
ホイールベース:2640mm
車両重量:1325kg
最小回転半径:5.2m
乗車定員:5名
駆動方式:FF
エンジン型式:2ZR-FBE
排気量:1798
エンジン最高出力:103kW[140ps]/6000rpm
エンジン最大トルク:177N・m[18.05kgf・m]/4000rpm
トランスミッション:CVT
サスペンション:(フロント・マクファーソン・ストラット)(リア・トーションビーム)
ブレーキ:(フロント・ベンチレーテッドディスク)(リア・ディスク)
タイヤサイズ:215/60 R17/225/50 R18

となっています。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 トヨタから続々と新車投入

3

2021年もトヨタのSUV攻勢はかなり続きそうで、2019年からライズ、RAV4、ハリアー、ヤリスクロスと登場させるSUV全てがヒット作として登場しています。そして2021年には大本命が登場すると言っても過言ではない、カローラクロスが国内導入を計画しているというのですから、これは期待しちゃいますよね。

その絶妙なボディサイズはコンパクトSUVであるヤリスクロス(全長4180mm、全幅1765、全高1560)とRAV4(全長4600mm、全幅1855mm、全高1685mm)の間に位置するモデルです。

カローラシリーズの中でもカローラツーリングに近いボディサイズ(全長4495mm、全幅1745mm、全高1460mm)に近いボディサイズとなります。日本で使うにはちょうどいいサイズ感となりそうですね。

タイ仕様のカローラクロスのパワートレインは、1.8リッターガソリンエンジンと1.8リッターハイブリッドの2タイプがあり、FFモデルのみの設定となっています。日本国内仕様についてもタイ仕様に準ずるということのようですが、降雪地域も多い日本では4WDの設定は必須といえるでしょうか。

◆新車情報2021 トヨタ カローラクロスの価格は?

4

カローラクロスの価格については、カローラツーリングの15万円高で、215万円から315万円ほどになるのではないかと言われています。ボディサイズ同様に、RAV4の275万円から400万円や、ヤリスクロスの180万円から280万円の間の価格設定にもなり、主なモデルは300万円以下という絶妙な売れ筋ポジションになるでしょうか。

ですが、2021年2月上旬時点ではいまだトヨタからカローラクロス日本導入に関する情報はなく、コロナ禍の中での新規車種導入に慎重になっているところもあると考えられます。

今、日本ではコンパクトSUVのカテゴリーがかなり注目されています。特にトヨタから投入されてきた2019年のライズの登場以来、導入されてきたSUVはそのほとんどが販売ランキング上位に食い込んできているほどの人気振りです。

この状況を考えると、ヤリスクロス登場をした2020年9月の1年後である2021年の9月頃には新たなコンパクトSUV登場としてカローラクロスが導入されることも大いにアリエルというものです。そして登場した暁には相当な販売台数を見込めることは間違いないでしょう。

◆新車情報2021 トヨタがカローラにかける想いとは

5

2018年6月からハッチバックモデルであるカローラスポーツが導入され、プラットフォームを新規開発したカローラスポーツは、発表当時からプレス発表資料などにも12代目のさきがけ、や新世代ベーシックなど明記されてきました。セダンやワゴンモデルの展開も暗示されていた当時、カローラスポーツ登場から1年以上が過ぎて、晴れてセダンとワゴンの2モデルが正式発表されたのです。

カローラスポーツは、主に欧州市場に向けて設計されたハッチバックの「オーリス」の後継モデルであり、ボディサイズも全幅1790mmと、高級セダンであるクラウンの車幅である1800mmに近いワイドボディです。

従来の国内向けカローラが車幅1695mmと5ナンバーー枠内に収まっていたことを考えると、少し大きいのではないかと言われてきました。

日本にジャストフィットな国内専用パッケージであることを強調した新型カローラは、新規開発された世界共通のTNGAプラットフォームを用いながらも、世界向けモデルに対して国内専用でホイールベースを縮小して車幅を抑え、ドラミラーなどにも工夫が加えられました。

その結果として小回り性能やドアミラーを畳んだ際の車幅が5ナンバーサイズの従来型とほぼ変わらないという寸法を保つことができたのです。

多くの人に愛されるクルマだからこそ、絶対にコモディティと言われるような存在にはなりたくないという、カローラに対する特別な想いがあるようです。

◆新車情報2021 トヨタ カローラは若者に響かない

6

2018年当時は最近のカローラは若い人が乗っていないというイメージがあったりしました。確かに当時はその通りであったかもしれません。ですが、新型カローラはもっと若い人に乗ってもらえるクルマだということを強く強調してきていました。カローラスポーツについては若い世代のユーザーの反響も結構あり、カローラ=年寄り、みたいなイメージは覆りかけていました。

ベンチマークと言われる欧州車、特にフォルクスワーゲンゴルフと比べると自信がないと言われるのですが、かなり強く意識したところもありますが、負けていない自信もあるという中で、カローラらしさも意識したということも言われています。

若者へのイメージを大きく変えることができたカローラですが、大本命と言われているカローラクロスです。そのカローラクロスが日本で一番人気のカテゴリーであるコンパクトSUV市場に登場となれば、さらに若者から年配の方まで、一気に人気が出てきそうな感じですね。

2020年の国産新型SUVはハリアーであったり、キックス、ヤリスクロス、RAV4 PHV、MX-30、そしてエクリプスクロスなど登場してきました。軽SUVも含めると、スズキのハスラーやダイハツのタフトも発売され、さらにミツオカからパイクカーとしてバディも登場してきました。かなり多種多様なSUVが登場してきましたね。

さらに2021年にはアウトランダーやホンダのヴェゼルの新型モデルが相次いで世界初公開されるほかに、日産からは電動SUVであるアリアも登場が予定されています。そしてSUVの雄ともいえるランドクルーザーもフルモデルチェンジが期待されていたりと、SUV市場は大きく動きそうです。

コンパクトSUVというジャンルは個人的に1リッターモデルとして登場したライズ、ロッキーあたりがまさにぴったりと思うのですが、カテゴリー的にだいぶ広く言われる使い方をされるようになってきているのが気になるところです。コンパクトカーのヤリスやフィットが1.5リッターのエンジンやハイブリッドを搭載していることもあり、これくらいの排気量を持つ車に”コンパクト”とつけるのが当たり前のような感じになっていますよね。

軽自動車としてもこれから、EV車導入ということと、それに伴うSUV市場への導入も考えられるところで、これから本格的にコンパクトSUV戦国時代が始まりそうな感じですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク