GR 86とBRZ 新型がついに発表!初代のように若者に受け入れられる車になりそう?

2

2021年4月5日、新型の86が公開されました。しかも「GR86」としての発表です。スバルからは新型のBRZも発表となり、価格が分からない中ではありますが、次期モデルはエンジンが排気量アップとなり、大きく重たくなると思われたのですが、そんなことは気にならないくらいPOWERアップしているようですね。

スポンサーリンク

◆新車情報2021 トヨタ GR86を発表

6

スバルとの共同開発によって2012年に登場した初代の86は、直感ハンドリングFRがコンセプトでありました。第2世代へと改良された新型の86は、トヨタのモータースポーツ部門であるトヨタ・GAZOO Racingが開発に加わり、車名を「GR86」に変更して、TGRが展開するスポーツカーシリーズであるGRの第3弾であります。

新型のGR86については、86ファンに喜んで頂ける、86らしい持ち味の進化を追求しているということで、スポーツ性能に特化した、さらなる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走りを実現したといいます。スバルとの共同開発の体制は、従来の86以上に密にしたそうで、トヨタとスバルの両社にとって新たなチャレンジにもなったそうです。

今回のGR86はBRZととは異なるフロントグリルになっているのはもちろん、「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」と呼ばれるもので、グリル内に専用のエンブレムを装着しています。ボディサイズやリアはBRZと共通のデザインとなっています。

4

そして足回りには、マットブラックの18インチのアルミホイールを装着しており、組み合わされるミシュラン製タイヤは215/40R18で、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式となっています。

内装は、BRZとほぼ同じデザインであるのですが、ステアリングホイールやエンジンスタート/スウィッチなどにGRのロゴが入ります。シートヒーターや左右独立調整式のオートエアコン、ライト付きのバニティミラーなど快適装備は豊富に揃っています。

8

トヨタが担当したベースのデザインは初代からの正常進化と言える物で、GR86とBRZの違いについては、フロントバンパーの造形やライトの意匠などですが、かなり雰囲気の違いがあると感じられます。

搭載されるエンジンは初代から400cc排気量を拡大した新型の2.4リッター水平対向4気筒の235ps/250NMというスペックで、初代モデルからは28psアップ、トルクは38NMアップとなっており、スポーツ走行を検知して最適な制御をするなど、6速ATも大きく改良されているといいます。

・GR86&BRZ スペック

全長:4265mm
全幅:1775mm
全高:1310mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1270kg
乗員:4名
駆動方式:FR
エンジン:2.4リッター水平対向4気筒DOHC直噴+ポート噴射
最高出力:235ps/7000rpm
最大トルク:25.5kgm/3700rpm

スポンサーリンク

◆新車情報2021 スバル 新型BRZ

3

GR86とともに公開されました新型BRZ。エクステリアはホリゾンタルヘッドライトと呼ぶ新らしいLEDヘッドライトや垂直形状のテールランプなどユニークな灯火類が装備されています。

BRZは、スバルとしては初の本格的後輪駆動スポーツカーとして、2012年に初代が登場しました。9年ぶりのフルモデルチェンジによって大きく改良された第二世代も、初代に続きトヨタとの共同開発で、GR86とは兄弟車になります。

スバルとトヨタではシャシーやエンジンなどのセッティングは異なっており、車のベースを共有しながらも、それぞれの個性を引き延ばす異なる走りの味を持たせることに注力したといいます。

5

GR86の開発チームとお互いに切磋琢磨した結果、新型スバルBRZでは、誰もが愉しめる究極のFRスポーツカーを実現したといいます。

エンジンはフロントに搭載される2.4リッター水平対向4気筒ガソリンでスペックはGR86と同じ、最高出力:235ps/7000rpm、最大トルク:25.5kgm/3700rpとなっています。組み合わされるトランスミッションは6速MT、もしくは6即ATで、ATではSPORTモード時の制御が大きく改良されているといいます。

外装については、スバルを主張するヘキサゴングリルというフロントグリルをよりワイドに、そして低くすることで低重心であることを視覚的にも表現しています。力強く張り出したフェンダーによって、スポーツカーらしい走りへの期待感を高めるといいます。

リアのマフラーは左右2本だしで、全長4265mm、全幅1775mm、全高1310mmのボディサイズは、2575mmのホイールベースと組み合わされ、4人乗りとはいいつつも、リアシートのスペースはないに等しい感じです。

7

内装についてはシンプルな水平基調のインパネや低めのメーターバイザーによって、広い視界を確保しています。メーターは7インチのTFT液晶パネルが採用され、各種車両の情報をわかりやすくドライバーに知らせてくれます。

スバルといえば、アイサイトですが、この安全性能も大幅に向上されています。AT車には運転支援システムのアイサイトが標準で装備されており、衝突被害軽減ブレーキや全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールなども装備されているということでAT車ですが、やっと安全性能もここまで来たか、という感じを受けます。

・BRZの名前の由来

BRZの名前の由来は

「BOXERエンジン」
「Rear Wheel Drive」
「Zenith=究極のピュアスポーツカー」

で、今までの延長線上ではなく、さらに一段上を狙って開発した、それがスバルのエンジニアリングといいます。

高張力鋼板の採用を拡大しており、ボディを強化するとともに、各種エアバッグをはじめとする乗員保護システムを強化しています。衝突安全性能も大きく高められています。

・管理人の感想

ついに出たか、って感じですね。なんとなくですが、完全に北米向けのモデルチェンジとも見て取れます。エンジンの排気量アップも北米で挙がっていた不満に対しての反応ということで、日本ではついでに売れればいいかなって感じでしょうか。

排気量がアップしているということは間違いなく価格が上がると言わんばかりで、初代が当初目的通りにそこそこの価格で中古車市場を含めて若者に受け入れられたと考えるとと、この排気量アップなどの選択はどうでるのでしょうか。スポーツカーは上昇する価格と需要のバランスが崩れて終わるってことも多いようです。

200万円そこそこで購入できるBRZ、86は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。ターボ付きの方がいいかなって思うこともあったり、この新型ですと税金どうなるのかとも心配になったりします。

先代の登場からすでに9年ほど経っており、中古車市場でも先代の86に乗っている若者が多いのも事実です。もちろんレース車両として使われいたりと、何かと人気であることは間違いなしです。突き抜けるほどの販売がされるというわけではないでしょうけれども、スポーツカーファンがおり、少し手を伸ばして購入しようと考える人もいるかもしれませんね。

夢のある車であることは間違いないようです。

個人的にはBRZの6速ATが欲しいと思っています。MTの免許はもっていますが、シフトチェンジもめんどくさくなく、楽に運転ができるからという理由のみです。アイサイトにも興味があり、BRZ、6速AT一択となりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク