新型ヴェゼルに弟分の1リッタークラスSUVの登場が現実味を帯びてきた

新型ヴェゼルが話題になっていますが、そのヴェゼルに弟分が存在しているということが囁かれています。コンパクトSUVのトヨタはライズの対抗馬として考えられているようですが、1リッタークラスのモデルがホンダから登場すれば、対抗馬になることは間違いなさそうです。しかも100万円台で登場となると!?

スポンサーリンク

◆コンパクトSUVではライズが単独首位

3

2020年度の販売ランキングではヤリスシリーズが年間で20万台を超える販売をするということで、今猛烈に売れていると言えるのがヤリスクロスです。ですが、単体で売れているのは、コンパクトSUVのライズで、12万台を超える販売でした。ヤリスクロス単体で計算をしてみても、ひょっとするとライズを超えている可能性も!?

全長が4.0mを超えるものであれば、C-HRやヴェゼル、マツダのCX-3などありますが、このクラスは近年の傾向としてコンパクトSUVと言えるカテゴリーではなくなりつつあります。

4

さらに扱い安いとされる、これらよりもワンランク小型のSUVが今注目され始めているのです。リーズナブルな車両価格であったり、市場ニーズに合っている、ということから、トヨタのライズが販売好調と言えるのかもしれませんね。

全長が4.0mを消えると積載性や使い勝手が犠牲になってくると考えられるのですが、それでも、後席を使っている状態でラゲッジルームでも約370Lという大容量のスペースを確保するなど、コンパクトながらもアウトドアやレジャーに適した設計をしていることも特徴として挙げられます。

3

その中で、ホンダがライズの対抗馬として開発しているコンパクトSUVがあるといいます。それが、新型ヴェゼルの弟分にあたるコンパクトSUVなのですが、噂によるとすでに開発が進んでいるといいます。新型のヴェゼルでは新プラットフォームの採用かと思われたのですが、フィットのプラットフォームを用いて誕生したコンパクトSUVとなります。

・新型ヴェゼルの弟分とは

5

新型ヴェゼルの弟分となるコンパクトSUVは、3ナンバーサイズのヴェゼルに対して、全幅1700mm未満の5ナンバーサイズになるようです。すでに、ホンダの海外モデルに搭載されている1.0リッター直3、VTECターボエンジンを搭載し、CVTが組み合わされるようです。エンジンのスペックとしては、最高出力が126ps、最大トルクは18.4kgmほどといいます。

ヴェゼルの兄弟車といえば、2019年のバンコクモーターショーが開催された際に、ホンダブースに登場したのがBR-Vでした。タイやインドネシア、インドなどのアジア市場で販売をされており、車格はヴェゼル以上、CR-V以下で、2+3+2の3列シート7人乗りになっています。ファミリーユーザーをメインターゲットとして開発されており、外観の特徴としては、無塗装樹脂製フェンダーであったり、ルーフレールなどのSUV的な加飾や、実際に最低地上高はFF仕様で201mm確保されています。ヴェゼルは185mmということを考えると、SUV寄りに造られていると考えられます。

6

さらに比較的悪路の多い新興国向けであることから、走破性も都市型SUVとは一線を画しています。

内装においてはフィットと同じ2列目チップアップ機構を搭載していますが、フィットが座面を背もたれ側に押し上げるタイプなのに対して、このBR-Vは前へ転がすようにたたむタイプとなっています。3列眼シートは50:50でたたむことができますが、ラゲッジフロアとの間に少し段差ができてしまいます。

7

全長は4456mm、全幅は1735mm、全高は1666mm、ホイールベースは2662mm、車重は1222kgです。最高出力は119ps/6600rpm、最大トルクは14.8kgmです。ですが、こちらのBR-Vはヴェゼルよりも少し車格が上ということもあり、弟分とは言いがたい存在です。

・フィットベースの新型小型SUV

8

フィットベースの新型小型SUVでWR-VというコンパクトSUVが販売されています。このWR-Vは新型のヴェゼルよりも一回り小さいボディサイズとなっています。このWR-Vは2017年にデビューしたばかりのモデルということで、気になる車ではありますね。

主に南米市場向けのコンパクトSUVで、2016年秋のサンパウロ国際モーターショーで初公開されて、2017年の3月に発売となりました。世界的なSUV人気が続いている中で、南米での需要を考えての登場となっています。世界中どこでもSUVの人気は止まらず、それにならっての登場と言えるでしょうか。

9

地域のニーズに合わせた開発をするために、販売地域であるブラジルとインド、それぞれのホンダのデザイン会社が別々に開発しています。そのためにグレード体系やボディカラーや使用燃料、搭載されているエンジン、トランスミッションは全く別々となっています。

外観上の特徴はフィットをベースに樹脂製フェンダーやシルバーのスキッドプレート、ルーフレールなどの加飾が施されている点で、SUVの雰囲気を纏っています。フィットがベースとなっているために2列目シートのチップアップが可能で、ホンダはこれを「マジックシート」と呼んでいるのですが、この名称は日本のステップワゴンの3列目シート格納機構に対しても使われています。

・WR-Vの南米仕様

南米でもSUV市場が拡大していることから、ホンダはCR-V、HR-Vに続く新たなコンパクトSUVの投入を急いでおり、ラインナップの拡充を図りました。南米仕様車の大きな特徴はフレックス燃料車であることで、ガソリンとエタノール2種類の燃料を使うことができます。トランスミッションはCVTのみで、グレードはEX、とEXLの2種類です。

上級グレードであるEXLには電動格納ミラーやカーテンエアバッグ、タッチスクリーンのインパネ、GPSナビ、レザーシートなどが装備されています。

・WRーVのインド仕様

インド仕様には1.2リッターと1.5リッターディーゼルの2種類のエンジンがラインナップされています。トランスミッションは5MTのガソリン車と6MTのディーゼル車です。グレードはS、V、VXの3種類となっており、Vのグレードはディーゼルエンジンのみの搭載です。SグレードやVXグレードはガソリンとディーゼルの両方がエンジンラインナップとして設定されています。

Sのグレードは廉価版となっており、他のグレードと比べると室内装備が少しちんけな感じです。

・WR-Vのスペック

ヴェゼルよりもコンパクトサイズのSUVということでボディサイズなどはどれくらいになるのか調べてみました。

全長:4068mm
全幅:1734mm
全高:1599mm
ホイールベース:2555mm
車重:1138kg
総重量:1590kg
タンク容量:45.3L
ラゲッジ容量:363L
最大容量:1045L

現行型のヴェゼルのボディサイズが全長4330mm、全幅1770mm、全高1605mmということから、全長でも30センチほど短いサイズになっています。幅、高さは同じくらいということから、SUVとしての性能はそのまま引き継いでいる感じでしょうか。

この大きさはトヨタのライズと比較してみると以下の通りになります。

ライズ/WR-V

全長3995mm/4068mm
全幅1695mm/1734mm
全高1620mm/1599mm
ホイールベース:2525mm/2555mm

全体的にWR-Vの方がややボディサイズが大きいとしながらも、ほとんど大差ない感じです。ラゲッジルームも比較してみると、ライズは369リッター、WR-Vは363リッターということで、わずか6リッターの差しかありません。

あとはどのようなエンジンが搭載されるのかということですが、ライズは1000ccの3気筒ターボが搭載されていますが、WR-Vがもし日本仕様として登場した場合は、同じく1000ccのターボエンジン搭載になるだろうと言われています。

10

ホンダの1000ccターボエンジン搭載の話は結構前から言われていました。欧州のシビックに搭載されている3気筒、1リッターのVTECターボが採用されるとかで、そのスペックは129ps/18.4kgmの性能を誇ります。当時(2019年以前)の販売予想価格は190万円あたりということで、なんとか100万円台で登場させるような感じで話がされていました。

2015年にもこの1リッターの話がでていたのですが、実はその2年前から開発はされているようでした。

・ホンダ1リッターターボエンジン

1リッターターボエンジンの最高出力は130psほどで、テストも行われてきたみたいです。排気量が1リッターということもあり、POWERの上限は限られてきますが、それでも他の1リッターエンジンと比較するとPOWERは大いにあると考えることができます。ライズでも98psですしね。

振動や騒音レベルは極めて低く抑えられており、フル加速でも3気筒を意識させないようなスペックだといいます。

1リッターターボとしては、ダイハツのロッキー、トヨタのライズ、ヤリス、フォルクスワーゲンのTクロス、ルノーのトゥインゴ、アウディのA1スポーツバックやフォードのフェイスタが思い浮かぶところでしょうか。

4

ですが、最高出力として130psという性能は自動車メーカーの中でも最高ランクに位置づけられるということで、この1リッター、VTECターボが登場したら相当話題になることは間違いないでしょう。

・最有力候補のZR-Vという車

1 2

ホンダはさらにインドでは新型のコンパクト・クロスオーバーSUVの開発が急がれているようです。その車名は「ZR-V」と言うモデルで、ボディサイズとしては、ヴェゼルよりも下に位置するモデルで、全長4000mmを切るくらいのものだと言います。現地の価格で100万円台ということでの価格設定になりそうですね。

もちろん搭載されるエンジンは1リッター、チョ暮れて素3気筒のVTECターボエンジンでインドのみならず、日本市場への投入も計画されています。

・管理人の感想

新型の1リッターターボエンジンの最高熱効率は37%ほどあり、自然吸気エンジンとしてはトップに君臨するほどではないでしょうか。低負荷時の内部摩擦損失やポンピングロスの小ささを考えれば、燃費の点でも既存の自然吸気エンジンに置き換えることが十分にできそうです。

もちろん組み合わされるトランスミッションはMTとCVTというところで、登場したとしてもひょっとするとMTの搭載はないかもしれませんね。SUVですし。

1リッターエンジン搭載のコンパクトSUVは2022年登場とも言われており、そうなるとライズ、ロッキーのマイナーチェンジの時期にも入ってきますね。どうなるのか楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク