アテンザ マイナーチェンジ 評価は?

コンセプトカー靭(しなり)直系のスタイリング、
新世代クリーンディーゼルにMTまで設定したパワートレイン。

一瞬の溜めがキレと一体感を両立したハンドリング。

 

現行アテンザのデビューはまさに鮮烈でした。

 

デザインや装備に至る大幅な改善を断行したのが
これまでのマツダとは違うところですね。

 

アテンザのデザイン変更はCX-5よりずっと大規模で、
フロントフェイスはヘッドライトやグリルに加えて、

バンパーまで一新。

 

Lパッケージには高級感と先進性をさらに演出する

LEDシグネチャーウイングイルミネーションが
備わりました。

 

内装はマツダコネクトのコントローラーと
EPB(電動パーキングブレーキ)

を新採用したセンターコンソールだけでなく、

インパネも高さを抑えてセンターディスプレイを
独立させた新形状になっています。

 

フルモデルチェンジ以外で内装をここまで
変更したのはマツダ車では初。

マツダによれば、
現行型ユーザーの55%が購入時に輸入車も検討。

 

目に見える質感向上はそうした調査結果をタイムリーに
販売に活かせます。

 

アイ・アクティブセンスの進化や新グレード『プロアクティブ』
などはCX-5と同様です。

 

マツダ アテンザ スペック FF 6速AT
(セダン 25S Lパッケージの場合)

全長:4865mm
全幅:1840mm
全高:1450mm
ホイールベース:2830mm
車重:1470mm
エンジン:直4DOHC
排気量:2488㏄
最高出力:188ps/5700rpm
最大トルク:25.5kgm/3250rpm
タンク容量:62L(レギュラーガソリン)
JC08モード燃費:16.0km/L
価格:333万1800円

 

>>>もうすぐ発売!マツダ CX-3の関連記事はこちらへ!

 

>>>愛車を見積り!かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク