アテンザ マイナーチェンジでマツダコネクトを新採用!

乗り心地も劇的に進化!
肝心の”目に見えない質感”についても確かな改善をみています。

 

サスペンションの変更点はフロントスプリングレイアウトの
見直しを除いてCX5と同様。

 

アテンザ セダン25S Lパッケージで
新旧を乗り比べると、馬ねが硬直したような旧型に対して、

新型はしなやかにストロークし、路面への追従性
向上しています。

 

荒れた舗装路でも突き上げ感はグッとマイルドになり、
19インチタイヤの硬さも気になりません。

 

車内に伝わる騒音を、
荒れた路面で約10%、高速域で約25%低減した、という
改善策も確実に効果を発揮しています。

 

旧型はロードノイズがゴーッと容赦なく侵入してきましたが、

新型なら高速域でオーディオのボリュームをあげる
必要もないくらい。

 

乗り心地の進化は2度目の改良となるCX-5に”一日の長”が
あるように思うのですが、

 

クラスにふさわしい快適性を備えたことは間違いないです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

4wdの投入もポイント

設定はディーゼルのXD系で
システムはCX-5と同じですが、アテンザはFF同様に6速MTも選べます。

 

ワゴンについては、

初期操舵に旧型XDで感じられた重さがなく、スッキリと
上質な操舵感に仕上がっています。

 

これもフリクションを低減したサス改良の副産物
かもしれませんね。

 

マツダの新世代商品戦略が、大規模なマイナーチェンジを
含む二段構えになっているところが、

これからマツダが変わる、

と感じさせる、確信に変わるかもしれません。

センターコンソールからインパネ上部にかけてデザインを一新

見事なまでに印象を変えています。
機能面では、マツダコネクトを新採用しており、
ナビソフトは海外製から日本製のものに切り替わり、
使い勝手が大幅に向上しました。

 

またガソリン車には、走行モードを切り替えられるドライブセレクション
をデミオに続き採用しています。

 

>>>マツダ新型CX-3の関連記事はこちらへ!

 

>>>あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク