N-VAN人気が過熱している。その理由は”脱商用車”だから!?納期も判明。

今、N-VANの人気が過熱しているようです。N-VANというとホンダから登場した商用バンなのですが、それがなぜ人気沸騰しているのか気になりますよね。現在新型車は納期がだいぶ遅れるということで、中古車人気も過熱しています。その中でもN-VANは価格的にも抑えられる、そして何よりもアウトドアでも活用できるということで、注目されているのではないかと考えられるのです。N-VANとはどんなクルマなのか、今一度確認しておきたいと思います。

スポンサーリンク

◆N-VAN人気の加速はキャンプにある!?

N-VANの使い勝手というと、商用車というところからイメージすると、乗り心地が悪いな、使い勝手が悪いのかな!?なんて思ってしまいますが、その考えは間違い、といえるかもしれません。現在N-VANほど使い勝手のいい車はないというほど、人気が過熱しているのです。キャンパー(キャンプをする人)から見ると車中泊ができるN-VANの使い勝手というのは、シートアレンジをはじめ、荷室の段差や寸法、快適な寝心地を実現するためにテクニックを駆使すると、普通車や少し大型のSUVなどとも引けを取らないくらいの存在だといいます。

N-VANをチェックしてここはいいな、と思えるところをご紹介したいと思います。

・N-VANの室内は広い

N-VANは商用車ということもあり、スペースが広くとられているのがポイントです。そのため、無駄がないくらい荷室が広々と使われているところがよいのかもしれません。

例えば、室内の広さは、助手席を倒して後部座席もフラットにした場合、助手席から荷室までは約233㎜と2メートルを超える長さをほこります。運転席から荷室までであれば、約140㎜と運転席はあまり倒して使うことはないため、ここまでの広さですが、これでも軽自動車としてはトップクラスの広さを誇ります。室内幅は約55㎜というところから、助手席を倒して後部座席をフラットにすると、本当に広くなるのがN-VANなのです。

車中泊をする場合には、助手席と後部座席を収納させて、助手席&荷室をフラットにすることで、2mくらい背のある人でもしっかりと足を伸ばして、のびのびと寝そべることができます。素晴らしい広さです。

助手席はダイブダウン機構により収納はレバーの操作だけという簡単さ。その簡単な操作で車内を驚くほど広く使うことができて、しかもフラットにシートアレンジが可能となるんです。助手席側のフラット面の長さは約230㎜ということもあり、横になっても頭や足元が十分スペースが取れて、一人用でもだいぶストレスフリーな快適な車中泊空間になります。

・二人でも車中泊はできる

一人用の場合であれば、上記のような使い方になりますが、2人でキャンプや車中泊を楽しむためにはどのようにすればよいでしょうか?その場合は純正のアクセサリーであるマルチボードがその性能を発揮させます。これは運転席と助手席を倒して、というかたちになるのですが、荷室と後席の助手席側にマルチボードを設置して、助手席はテーブルモードにアレンジをします。そして運転席を倒せば、大人2人が横になれるくらい広々としたスペースを得ることができのです。

純正のマルチボード、いわゆる硬いシートのようなものですが、これがいいんですよね。これを使うことで、シートがフラットに使うことがで、それだけだと体が痛くなるので、マルチボードにプラスして寝心地の良いマットレスを活用することでさらに寝心地のよい空間が生まれるのです。

マルチボードを使うと後部座席の荷室側に少しスペースができますので、そのあたりに荷物をまとめたりできます。助手席から見ると、簡単なレバー操作だけでフラットになるため車中泊でも難なくできるようになるN-VAN。買い出しでも少し多めの量、長尺物などがあっても何の問題もなく積載することができるので、安心、簡単でまさにマルチなクルマといえます。

スポンサーリンク

◆N-VANがマイナーチェンジしたときに変わったもの

2021年の2月にマイナーチェンジしたN-VANなのですが、その時に変わったものをご紹介したいと思います。商品を改良したことでオーディオレス仕様となり、特に注目なのが安全装備を充実させたことが売りでしょうか。そのために若干ですが、プライスダウンしています。クルマはだいたいマイナーチェンジすると価格は上がるものですが、N-VANに至っては少し価格が安くなっているのがうれしいですよね。

N-VANは2018年の7月にNシリーズ初の商用車として誕生しました。2019年には4万5230台、2020年でも3万2391台と商用車の中でも断トツで売れているのがN-VANです。

2021年2月はN-VANが初めてのマイナーチェンジということで、そのトピックはホンダセンシング→先進安全装備、先進運転支援システムが全グレードに標準装備されたこと、そしてグレードの中にロールーフであった+スタイルクールというものがあったのですが、それがなくなったということでしょう。

装備としては従来モデルにはAM、FMラジオもしくはUSBオーディオのいずれかが装備されていたのですが、基本的にオーディオレスになりました。

そしてインパネのデザインとして2DINスペースが用意されているN-VANなのでナビゲーションシステムをディーラーオプションとして取り付けるということが可能です。そのためにナビ装着スペシャルパッケージが廉価グレード以外に標準装備されるといったものに変更されているのもトピックではないでしょうか。

そしてG、Lのグレードにはオートライト、オートハイビームを追加するなどして安全性が向上しています。といいつつもオートハイビームって個人的にはそれほど活用しないのですけど、いちいち手動で設定をする人にとってはうれしい装備なのかもしれませんよね。

廉価グレード以外にはナビ装着用スペシャルパッケージが装備されたことにより価格も2万5000円から3万6000円の価格アップになっているのですが、廉価グレードであるGについてはAM、FMラジオが廃止になってナビ用パッケージが非着用となり、この廉価グレードであるGのみ価格がダウンしたという結果になります。価格は税込みで127万6000円です。

この価格では、エンジンはDOHC、マニュアルトランスミッションは6速、そしてオートエアコンも装備されていたり、もちろんですが、ホンダセンシングは標準装備。そうなると結構魅力的な価格設定になっているのではないかと思うのです。127万円で予防安全装備が標準装備されている、というだけもで、よくこんな価格設定にしたよな、と思わせるくらいの価格設定です。

スポンサーリンク

◆N-VANの安全性能は普通車とそん色なく

6MTの場合、誤発進抑制機能、アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システム、後方誤発進抑制機能といった先進運転支援システムが装備されていますが、夜間の歩行者もしっかりと検知してくれる衝突被害軽減ブレーキがついているんので、その価格は業界では”バーゲンプライス”といわれるほどです。

基本的には商用車ということもあり、普通車、軽自動車に比べると静粛性や走行性能には差があるのかもしれません。そのあたりは期待できないかもしれませんが、なんといってもN-VANの魅力は最大積載用にあります。荷物の出し入れがしやすいように助手席が他のBピラーがないとかありますがね。

今回のマイナーチェンジではハイルーフボディのホビーユーザー向けのグレードである、+STYLE FANにフレームレッド、そしてサーフブルーの2色が追加とされています。

商用車でこのようなボディカラーが登場することは、うれしい限りです。普通、商用車というと、白一色!みたいなところもありますが、N-VANの良さはボディカラーが全部で8色もあること、それも商用車としては設定されないであろうボディカラーを用意してくれています。そのボディカラーは

・プレミアムイエロー・パールⅡ

・ガーディアングリーン・メタリック

・フレームレッド

・サーフブルー

・フレンチブルー・パール

・プラチナホワイト・パール

・アドミラルグレー・メタリック

・ナイトホークブラック・パール

以上の8色がN-VANのボディカラーとなります。

N-VANのボディカラー8種類の中でも特に人気なのが、クリスタルブラック・パールで、その次にプレミアムホワイト・パールⅡ、プレミアムイエロー・パールⅡなどが続きます。

◆N-VAN購入における最大のポイントは!?

人気の理由はやっぱり室内の広さにある!?

N-VANは商用として登場しただけに、使い方も商用的な使い方が多くなされるようです。

1.助手席側のセンターピラーとテールゲートの大開口によって積み下ろしのしやすさが抜群

2.低床フロアであるため助手席のダイブダウン機構活用で室内に空間が広く取れる

3.ホンダセンシング全車標準装備

4.クラストップレベルの燃費性能

とポイントをまとめてみましたが、商用的な使い方というのは1つくらいで、結局のところ、商用車でも普通車での使い方とあまり変わらないのかな?という感じはします。2018年に登場した際には、まさにNシリーズから商用車が登場するということで、N-BOXと同じ性能なのかな、なんて思われたりしましたが、商用車はもちろんのこと、自家用車としての活用も多くされているといいます。結構幅広いユーザーから支持されていますよね。

どちらかというと、価格を見てみるとはじめは割高感があったため、登場してからの販売台数はどうなるのかと思われたのですが、ふたを開けてみると何の問題もなかった、といえるのではないでしょうか。それなりにパッケージングが仕上がっており、N-BOXにはない機能であるピラーレスやマニュアルモデル、シートフラットなどの機能がN-BOXとは違う魅力となっています。

◆N-VANは商用車の中でも別格な存在になりつつあるのか?

女性のキャンパーには人気がでそうなハイゼットカーゴのライトローズマイカメタリック

はじめにN-VANは今人気が過熱していまよ、って話をしたと思うのですが、実際に人気としてはどれくらいなのかということを見ていきたいと思います。商用車といってもダイハツからスズキ、トヨタ、マツダからも出ていますが、その販売台数は、というと

ダイハツ・ハイゼットカーゴ/1万7725台

スズキ・エブリィ/1万6634台

日産NV100クリッパー/9210台

ホンダN-VAN/8949台

トヨタ・ピクシスバン/2295台

マツダ・スクラムバン/1543台

三菱ミニキャブバン/1364台

スバル サンバーバン/1140台

三菱ミニキャブミーブ/651台

これは2021年の第一四半期に販売された台数です。

軽バン市場に投入してきたというN-VANですが、ダイハツ、スズキにはダブルスコアくらいの開きがあります。以前ホンダではアクティバンを発売していましたが、それに比べると売れているといえるのかもしれませんが、軽自動車専売のダイハツ、スズキにはまだまだ届かない状況のようです。

一番売れているハイゼットカーゴ、そしてエブリィですが、荷室のスペックを見てみるとその違いがわかってきます。

車名/荷室長・荷室幅・荷室高

エブリィ/1910㎜・1385㎜、1240㎜

ハイゼットカーゴ/1860㎜・1375㎜・1235㎜

N-VAN/1510㎜・1390㎜・1585㎜

このように見てみるとエブリィはハイゼットカーゴに対して、どの項目でも優っていることがわかります。それに対してN-VANは荷室高は荷室幅、荷室高がこの2台に対して上回っていることがわかります。

N-VANは商用車の中でも第3位くらいの位置づけにあるのですが、今過熱している理由としては、広さだけではなく、FFベースであること、ホンダセンシングが標準装備されていることから、アウトドアや車中泊のレジャーユースとして人気も高まっているわけです。レジャーシーンでの活躍も期待できることから、N-VAN人気が過熱しているというわけです。

もちろん、エブリィやハイゼットカーゴにも衝突被害軽減ブレーキは設定されていますし、ボディカラーにしてもハイゼットカーゴは全7色、エブリィでも全5色が設定されています。もちろんその中にはパーソナルユースとして使えるようなボディカラーもラインナップされているのです。

ですが・・・、遊びのクルマとして選択するということであれば第一の候補としてはやっぱりN-VANなんだと思います。エブリィやハイゼットカーゴはそのイメージがもう”THE 商用車”というものなので、後発ではありますが、N-BOXの遺伝子を受け継いでいるN-VANは選択肢としても筆頭になるのかもしれませんね。

エブリィやハイゼットカーゴに販売台数では負けている、とはいいつつも月に3000台以上の販売をされているので、やはり大ヒットしているといえるのかもしれません。特にキャンパー、アウトドア、レジャーとしての使い方が過熱している今、今後はもっと売れていくかもしれませんね。

◆N-VANの納期は5か月

さて、その人気が過熱しているN-VANですが、納期はなんと5か月ほどといわれています。これはどの自動車メーカーもそうなのですが、半導体供給不足による影響に加えて、海外におけるコロナウイルス感染症に伴うロックダウンの影響を受けて、ということになります。そのために当初計画していた生産稼働率について2021年10月でやっと7割くらいの稼働になるようです。

海外のロックダウンの影響がモロにでているということが言えますが、こればっかりは、致し方ないところがありますよね。早くワクチン接種が普及して、早く元通りになることを願うばかりです。

そのためN-VANの納期は約5か月となっており、人気もあるため、余計に納期が遅れる事態になっていると考えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク