N-VANは中古車市場でも手に入りにくい車になっているワケ

スポンサーリンク

◆N-VAN ホンダはこんな車

ホンダのN-VANの人気が止まりません。商用車として登場したN-VANですが、人気の理由としては商用車らしからぬ車であることや、ホンダの超人気シリーズであるNシリーズの一員であることが挙げられます。価格としても新車で購入した場合には、127.6万円からとかなり安めの設定になっています。その上、N-BOXと同じプラットフォームで作成されているということを考えると、”商用車でもN-BOX”みたいな感じが人気を呼んでいるに”違いありません”。

タイプとして+STYLE FUNと+STYLE FUN ターボ、G、Lのグレードが設定されています。廉価グレードとしてはGグレードとなり上級グレードでは+STYLE FUN・ターボとなります。購入しやすいのはGグレードになりますが、もともと価格が低く設定されているためにLグレードから+STYLE FUNでもまだ余裕をもって購入できるのかもしれませんね。残念ながらハイブリッドの設定はありません。

・Gグレードの価格

Gグレードの価格は以下の通りです。

FF/CVT/1,276,000円

FF/6MT/1,276,000円

4WD/CVT/1,387,100円

4WD/6MT/1,387,100円

・Lグレードの価格

FF/CVT/1,405,800円

FF/6MT/1,405,800円

4WD/CVT/1,516,900円

4WD/6MT/1,516,900円

・+STYLE FUNの価格

FF/CVT/1,629,100円

FF/6MT/1,629,100円

4WD/CVT/1,762,200円

4WD/6MT/1,762,200円

・+STYLE FUN・ターボ

FF/CVT/1,739,100円

4WD/CVT/1,872,200円

ホンダのN-VANの特徴としては+STYLE FUN・ターボ以外はCVTとMTで価格が同じということでしょうか。2WD、4WDでは価格の違いが出ていますが、わかりやすい価格のため購入予算も組みやすい感じです。

商用車ということもあり、この価格にはスペアタイヤや標準工具、ジャッキ分も含まれています。ですが、オプション価格および取り付け費は価格に含まれていないのでご注意ください。

スポンサーリンク

◆N-VAN 中古車市場でも大人気

今ホンダのN-VANが人気の理由は中古車にあります。それはN-VANの納期が約5か月かかることと、アウトドア、キャンプが人気ということに由来します。

まずは納期ですがコロナウイルスの影響により海外ではロックダウンが継続して行われている都市があります。そのため、部品の精製ができない、半導体が入ってこないということがいわれています。日本の工場でもこのような対応を順に行っているということですが、それでも精製できる数が少ないため、どうしても納期に影響がでてくるということのようです。

そこで注目されているのが中古車です。中古車であればすでに市場に出回っているので、中古車を扱っている店舗にいけばすぐにでも手に入れることができるでしょう。

・N-VANの中古車価格は高騰している

そこで、N-VANの中古車の価格を調べてみました。ネット大手中古車ディーラーでは価格は68万から309万円とずいぶん開きがあるようです。ですが、平均的なところでみるとだいたい160万円から180万円の価格帯が多くなっている感じです。

中古車の中でも特に出回っている台数の多いものはGグレードで、これは一般的には廉価グレードに設定されています。いわゆる新古品も存在しているようで、走行距離では5㎞とか10㎞とか、まさに検査をするためだけに走行させたモデルを存在しています。

ねらい目はこの辺りのモデルではないかと思います。ですが、新古品はすでに完成されたものを購入することになるので、最初から自分の好きな感じにカスタマイズすることができません。そのあたりが残念なところといえるでしょうけれども、新古車は新車と変わらないくらいきれいにされているので、そこから自分の好きなようにカスタマイズするのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

◆N-VAN カスタムをしてこそ

ホンダのN-VANを購入する最大の目的は商用的用途ではなく、カスタマイズすることにあるようです。

た問えば、フロントバンパーにステッカーを張ってみたり、クロキャリパーに紫、建設用シルバーペンで塗装したり、ハンドルについてもN-VAN専用のステアリングに替えてみたりと、ユーザーによってカスタム具合はさまざまなようです。

面白いのが、凝った人ではレトロ風カスタムをされる方もいるようですね。N-VANはかなり個性的な車といえるので、それを考えて、現行車をベースとしてレトロ風なルックスに仕上げるという感じになります。

私がネットを調べていた「これは面白な」と思ったのが、N-VANを使ってポケットバンみたいな感じにカスタムさせているものです。ホンダではステップワゴンという車が登場していたのですが、それは昭和の47年から49年に生産された360ccの軽自動車として登場していました。その当時の軽自動車規格を最大限に活かして開発された、当時としてはかなり画期的な見た目であったりしたようですね。

マニアにはたまらない一品でしょうか。ボンネットなんかは小ぶりなカバーを使ってみたり、フェイスは少し小柄ですが、何か力強さを感じさせます。ボディは小さめですが、インナービレットグリルが程よく主張してきたり、四角い黒枠にすっぽりと収まっている丸めのライト、ウインカーがその丸めのライトの上に設置されているので、丸めに太く短い眉毛みたいな感じになっているのが可愛いらしいです。

このようにレトロな雰囲気を楽しむユーザーも少なくないようですよ。

◆N-VANはキャンピングカーで楽しむ

ですが、N-VANといえがやっぱりキャンピングカーとして利用できるところでしょうか。先にご紹介したレトロ風にカスタムするのもとてもいい感じですが、商用車として最大の利点はその室内空間にありますので、それを利用して軽自動車ながら、キャンピングカーに仕上げることができる、というカスタマイズを楽しむ人もいます。

まさにN-VANをベースにキャンピングカーに仕上げるというものも存在します。

この車のコンセプトは、「秘密基地」ということがテーマになっており、ここにお気に入りのものを隠したり、大事な友人をここに招待したり。まさに自由気ままに過ごす夢の空間となっています。

こちらの大きな特徴としているのは助手席側の大開口部やフラットな床であり、さらにアレンジもできたりします。サイドオーニングを取り付けてドアを全開にした場合には、立派なテラスが出来上がったり。開放的なベースキャンプで、もちろん遊んだり、昼寝をしたり、料理をしたり、さらには流星群がきたときな室内に寝ころびながら車中泊、なんてこともできそうですね。

◆N-VAN 車中泊は絶対するべき

N-VANは室内が広いので車中泊をすることはもちろんですが、先に紹介したN-VANをベースとしたキャンピングカーは、車中泊ではなく、車のすぐそばにテントを張ったりして楽しめるものも存在します。上で紹介したモデルは架装の自由度が高い軽の商用車がベースとなっている利点を活かしてシンクや電子レンジといった家具も備えているのです。

車体の後部やルーフ周辺に収納部分を配置して、軽キャリパーのリアゲートは乗り降りのハッチとしても利用されてきましたが、助手席側のセンターピラーを廃止しているN-VANだからこその広さを活かして、メインの乗り降りはサイトとしても、リアゲート面を壁とすることで家具類やサイドテーブルを設置しています。

こんな装備もあったり、簡易テントではありますが、しっかりとプライバシーが守られるようなものもあります。これで一部屋追加でき、車中泊をする際には、車の中はすっきり、ゆっくりと寝ることができますよね。

◆N-VAN 燃費

N-VANの燃費性能はどれほどなのでしょうか?商用車ということで、意外と燃費がいいのかなと思われたのですが、実はそうでもないようです。先にグレードの説明をしたのですが、そのグレード別で燃費性能も変わるようです。グレード別で燃費性能を見ていきたいと思います。燃費性能はすべてWLTCモードで表示しています。

・Gグレード

FF/CVT/1,276,000円/19.2㎞/L

FF/6MT/1,276,000円/19.8㎞/L

4WD/CVT/1,387,100円/17.4㎞/L

4WD/6MT/1,387,100円/18.0㎞/L

・Lグレードの価格

FF/CVT/1,405,800円/19.2㎞/L

FF/6MT/1,405,800円/19.8㎞/L

4WD/CVT/1,516,900円/17.4㎞/L

4WD/6MT/1,516,900円/18.0㎞/L

・+STYLE FUNの価格

FF/CVT/1,629,100円/19.2㎞/L

FF/6MT/1,629,100円・19.8㎞/L

4WD/CVT/1,762,200円/17.4㎞/L

4WD/6MT/1,762,200円/18.0㎞/L

・+STYLE FUN・ターボ

FF/CVT/1,739,100円/18.8㎞/L

4WD/CVT/1,872,200円/17.0㎞/L

通常、軽自動車でいうとだいたいWLTCモードで28㎞/Lくらいの燃費性能を発揮します。ちなみにN-BOXでは20.0㎞/Lほど、、ダイハツのタントでも同じくらいの性能となっています。

軽商用バンではダイハツのハイゼットカーゴ、スズキのエブリィが主な軽商用バンとなりますが、ダイハツのハイゼットカーゴで燃費性能はWLTCモードで15.0㎞/L、スズキのエブリィで17.0㎞/Lということですので、ホンダのN-VANは相当優秀といえそうです。

価格も〇、燃費性能も〇というホンダのN-VANは庶民の味方ということですね。

◆N-VAN ホイールは結構細かく設定されている

ホンダのN-VANのタイヤサイズは12インチです。12インチのスチールホイール+スチールラジアルタイヤを標準装備しており、グレードによってはセンターキャップ、フルホイールキャップ、フルホイールキャップの2トーンを装備したりしています。

カスタマイズする場合、このホイールにもこだわっている方もいることでしょう。N-VANの標準装着ホイールとオプション装着ホイールのホイール各部の規格サイズ(リム径、穴数、ホイールオフセット、PCD、リム幅、ハブ径)を年式、グレード、車両型式別に紹介をしているサイトがありました。

ホイールが気になる方はぜひそちらのサイトを参考にされてみてはいかがでしょうか。N-VANはグレードが4つありますが、それぞれに2WD、4WDの設定があったりしてそのモデルに合致したホイールを紹介してくれたりします。

ホンダN-VANのホイール情報はこちらへ

◆N-VAN マイナーチェンジ

2021年2月、ホンダのN-VANはマイナーチェンジを実施しました。この時のマイナーチェンジでは全グレードにホンダセンシングを標準装備するということが行われたのですが、このホンダセンシングは2018年度、予防安全性能評価で最高ランクのASV+++を獲得しています。

10の先進機能で、走行時も停車時も安心して機能してくれます。昨今、政府からの決まりということもあり、マイナーチェンジの時には最新の安全性能を装着するということが決まりになってきています。以下ホンダN-VANに搭載されている予防安全性能をご紹介しましょう。

・衝突軽減ブレーキ

・誤発進抑制機能

・歩行者事故低減ステアリング

・路外逸脱抑制機能

・アダプティブクルーズコントロール

・オートハイビーム

・車線維持支援システム

・先行車発進お知らせ機能

・標識認識機能

・後方誤発進抑制機能

車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

  • ■衝突軽減ブレーキ(CMBS)は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある車両や歩行者に対して衝突するおそれがあるとシステムが判断したときに作動し、停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を支援します。
  • ■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行中、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだことにより、衝突するおそれがあるとシステムが判断したときに、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止します。
  • ■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~約40km/hで走行中、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測したときに、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断したとき、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。
  • ■路外逸脱抑制機能は、約60km/h以上で走行中、システムが路外への逸脱を予測したときに作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断したとき、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。
  • ■アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、約30km/h以上で走行中に作動します。先行車に接近しすぎる場合には、ブレーキペダルを踏むなどして適切な車間距離を保ってください。高速道路や自動車専用道路を運転するときに使用してください。
  • ■車線維持支援システム(LKAS)は、約65km/h以上で走行中に作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとき、また、ウインカーを作動させている場合には作動しません。高速道路や自動車専用道路を運転するときに使用してください。
  • ■先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。
  • ■標識認識機能は、最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の道路標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレーに表示します。一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で走行中に作動します。
  • ■後方誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で後退中、自車のほぼ真後ろの近距離に壁などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだことにより、衝突するおそれがあるとシステムが判断したときにエンジン出力を抑制し、急な後退を防止します。
  • ■オートハイビームは、約30km/h以上で走行中に作動します。ハイビームとロービームの自動切り替え制御には状況により限界があります。必要に応じて手動で切り替え操作を行ってください。

◆N-VAN 値引き額は最大〇〇万円

ホンダのN-VANは新車で購入するとどれくらいの値引きになるのでしょうか?購入を検討している人にとってはかなり気になるのが価格の値引きではないでしょうか。さまざま調べてみた結果、驚くべき値引き金額が出てきました。

実はN-VANの値引き金額はずっと一定で13万円となっています。軽自動車の中でも13万円の値引きというと、かなり頑張ってもらっているほうだと認識をしていただいたほうがよいでしょう。

なぜなら、管理人も昔、ダイハツのタントや、ムーヴ、ホンダのS660を乗ってきましたが、その時の値引きはだいたい5~7万円くらいだったからです。10万円も値引きをしてくれるところがあればそれはかなりの神対応ということになります。

ですが、この値引き金額も特に何もしないという場合でも3万、5万と軽自動車の割には思ったより値引きをしてくれる感じとなります。可能であれば、ダイハツのハイゼットカーゴやスズキのエブリィなどと見積りを取ってみてはどうでしょうか?

最終N-VANに決めるのですが、それまでのプロセスでずいぶんと値引き金額も変わってきそうです。

N-VANの値引きでもどのグレードを購入するかで大きく変わるみたいです。例えば。+STYLE FUNの場合だと15万円、ホンダセンシング4WDだと10万円と、それぞれに違いがあるようです。

もちろん取り扱っているディーラーによっても値引き金額は変わってきますので、いくつかディーラーをまわってみるのもいいのではないかと思います。そこまでしたくないという人であれば、1つ、2つみてみて感じのいい営業マンがいればそこで決めてもいいのではないでしょうか。

◆N-VAN MT車はあのスポーツカーと同じエンジン

N-VANにはマニュアルトランスミッションが搭載されているものもあります。今の日本でミッションのクルマを運転する人は少なくなってきているかもしれませんが、それでもオートマではなくミッションを運転したい!という人はぜひMT車を選んでみてください。

というのも、このN-VANに搭載されているエンジンはS660と同じエンジンなのです。S660というと、軽自動車でありながら、ポルシェやフェラーリにも負けず劣らずという性能を秘めている軽スポーツカーであります。

このS660にもマニュアルトランスミッションが搭載されているのですが、まさにその走行性能をN-VANでも体験できるということになります。とは言いつつもやっぱり商用車なので、本格的なスポーツモデルとして開発されているS660とは大きく違いが出てくるのはいうまでもありません。

N-VANは「走りのN-VAN」と呼ばれるくらい走行性能もよい車です。どうで購入するのならば、めいっぱい趣味に振ってもいいと思うんです。

排気量の小さいエンジンのMT仕様車では日常的にエンジンを高回転まで回す傾向があります。N-VANの場合6800rpmくらいが最高出力のポイントとなり、車速を早い段階で乗せたいということであれば6800rpmくらいまで引っ張る必要があります。

ギヤのチェンジによって次の段では4000rpmくらいまで落ちてきますが、この辺り方トルクがほどよく回ってくれるので、加速もスムーズになってきます。エンジンの効率のいいところをかなり有効に使っているところもあるので、フィーリングとしてはキレのある走りを体感することができると思います。

N-VANは実用的でありつつも高回転で回ってくれる車であり、低速の扱いやすさと中間ギヤで楽しく、そして高速巡航でも静粛性や燃費向上まで考えられている6速MTは、まさにN-VANの隠れポイントといえるかもしれません。

いろんな使い方があるN-VANですが、想像以上にさまざまな性能の高さを見せてくれるため、注目されているのだろうなとも思いました。非常に人気の高い車であるため、中古車でも早めに購入したほうが安心かと思われます。皆さんの想像以上にN-VANは人気のクルマとなっていることは間違いありません。ぜひ購入を検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク