新車情報 WRX STIの新型の情報をまとめてみた。

スバルのクルマはいつも男心をくすぐるワクワクするクルマで魅力的でありますよね。きっとショールームでスバルのクルマを見ているおじさま達はみな童心にかえってみているんでしょうね。今回の新型WRXは加速が気持ちよく、これこそ内燃機関ならではの美しく伸びのある加速とサウンドといえます。これこそ今日本に必要な高揚感であり、クルマといえるでしょう。

スポンサーリンク

◆WRX STI 新型 最新情報

WRX STIの新型がついに登場するということでかなり話題になってきていますね。2021年9月の10日にスバルから新型のWRXの発表がありました。アメリカでの世界初公開となったのですが、WRXはスバルを代表するクルマで、AWD、オールホイールドライブを有するパフォーマンスカーとなります。1992年に登場したインプレッサWRXから5代目にあたるクルマとなります。このWRXの人気はかなり高く、過去いくども限定モデルが発売されていますが、瞬く間に販売が完了しているのです。注目度も高く、そして人気も高いため、競争率が高いものでもあります。その中で特に人気なのがWRX STIといわれています。

海外のメディアでも次期新型のWRX STIは話題になっており、WRXの新型は発表となりましたが、いまだWRX STIは発表されずにおります。どうやら東京オートサロン2018で公開された「スバル ヴィジヴ パフォーマンスSTI コンセプト」がベースになっているようです。

スポンサーリンク

◆WRX STI 新型 価格がかなりアッパーになりそう

2018年の東京オートサロンで公開されたコンセプトモデルであるスバルヴィジヴパフォーマンスSTIコンセプトですが、これはフロントバンパーに設置された2つのベントがブレーキの冷却だけではなく、エンジンルーム内にも冷却を行う役割を持たされているほか、ボディサイトのスカートやエキゾーストパイプにSTIを象徴する赤色のアクセントがデザインされていたりします。

過去登場したWRX STIの価格については様々ですが、2019年6月に登場したモデルで393万円、タイプSというモデルが存在しているのですが、その価格で413万円となっています。

価格を時系列でみてみると、

2019年10月24日登場/EJ20 Final edition/452万円

2019年10月24日登場/EJ20 Final edition FULL PACKAGE/485万円

2015年12月1日登場/S207/599万円

2017年10月26日登場/S208/626万円

2015年12月1日登場/S207 NBR CHALLENGE PACKAGE/631万円

2015年12月1日登場/S207 NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION/637万円

2017年10月26日登場/S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon TrunkLip/689万円

2017年10月26日登場/S208 CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wing/710万円

見ての通り、過去登場したWRX STIのモデルは登場するたびに価格が上がってきています。しかも中古車市場では新車で登場するよりも100万から200万円強高くなっているということから、コレクターとかいうよりも、転売やーの購入もある可能性が出てきています。

次期新型のWRX STIについても旧型よりか値段は高めに設定されるでしょうけれども、その価格はどれくらいになるのか、恐ろしくてしょうがいないです。まさに金持ちの道楽ですね。

スポンサーリンク

◆WRX STI 新型 2022の終り頃に登場することに?

2022年の3月あたりには登場するのでは!?といわれている次期新型のWRX STI。EJ20型エンジンの生産が終了になったことで、新たなエンジンが搭載されるといわれている次期型ですが、相当パフォーマンスをアップさせてくることが期待されています。なんといってもSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が採用されるということ、さらには新型のレヴォーグに搭載されていたフルインナーフレーム構造も採用されるということで、市場ではかなりWRXについて盛り上がっています。

ボディサイズは全長4670mm、全幅1825mm、全高1465mmと従来型よりも若干大きくなるようです。

◆WRX STI 新型 リークされた当時のこと

新型のWRXがリークされたのは2021年の3月ごろでした。この当時はまだテストカーということでカモフラージュもかなり多くなっていますが、若干薄目に施されているところがありました。新型のレヴォーグを踏襲した部分が多くみられたということで、一説にはレヴォーグがベースになっているのではないかともいわれています。

面白いことに、当時リークされた情報によると、STI専用のブレーキキャリパーやリアウイングがなく、標準モデルとして登場するものではないかといわれていました。WRX STIの新型が登場するのは、そのベースとなっているWRXの新型が登場してから約1年後に発売、というのがだいたいの筋書きとなります。

◆WRX STI 新型 発売時期について

次期型のWRX STIの発売時期は2022年に入ってからといわれています。昨今の半導体不足により納期についてはだいぶ計画からずれてくると予想されますが、当初2022年3月といわれていたところを考えると、その半年以内には登場というのがもっぱらな噂であります。

WRX STIについては2018年に東京オートサロンで公開されたヴィジヴパフォーマンスSTIコンセプトのデザインにかなり近いものになるのではと思われるのです。コンセプトカーのほうがずいぶんとアクティブ、アグレッシブな印象を受けるデザインとなっているために、このまま登場しても何の問題もなく売れるであろうと思うのですが!?

ヘッドライトの形状がグリル、台形となっているアーチモールといった特徴については似せてくるのではないでしょうか。

◆WRX STI 新型 エンジンは新開発のエンジンになる

WRX STIの新型に搭載されるといわれているエンジンは、北米で販売されている大型SUVのアセントが搭載しているFA24型の2.4直噴ターボといわれています。新型のWRXに搭載されるということがすでに決まっていますが、新開発の水平対向4気筒2.4リッターターボになるともいわれています。

そして最新の安心・安全デバイスであります、アイサイトXも標準装備されるということなので、かなり楽しみなモデルであります。

エンジンのスペックはSTI用に専用チューニングされるということでそのスペックは400ps/50.0kgmを発揮するともいわれており、もはやモンスターモデルの仲間入りを果たそうということなのでしょうか。

トランスミッションについては6速MTのみということなので、走りが大好きな人にはもってこいなモデルであります。ライバル視しているのはメルセデスAMG A45 4MATICといわれており、このクルマのエンジンスペックがかなりえげつない感じで、それが421ps/51.0kgmというまさにモンスターモデルなのであります。しかも2リッターターボです。

◆WRX STI 新型 スパイショット

リークされるスパイショットってだいたいカモフラージュされていることが多いのですが、例にもれず次期型のWRX STIもそんな感じみたいです。ですが、2021年6月に公開された新型のWRXのティザーサイトですが、力強いシルエットに、「レジェンドはより強く成長するだけだ」というキャッチコピーとともに発表されたんですよね。

WRXのワールドプレミアはオンラインライブで行われたので、見逃した方も見ることができるようです。

◆WRX STI 新型 2021年がターニングポイントに

去年、2021年は11月以降の販売の新型車に自動ブレーキを標準装備するように、と規制が入っています。アイサイトとマニュアルトランスミッションの組み合わせがまだ存在していないことから、スバルとしては売りたくても認可されないという状況があります。そこで、新型のWRX S4のCVTを改良して搭載させる計画なのだといいます。

レヴォーグにも同じエンジンが搭載されているということから、レヴォーグの評価を見てみると、それはかなり高いものでした。ワゴンタイプとセダンタイプという違いはあるにしろ、それほど大きな違いは出てこないということから、次期型のWRXの乗り心地が知りたいということであれば、まずは現行のレヴォーグに乗ってみることをお勧めします。

◆WRX STI 新型 発表を早く!

新型のWRX STIの発表は2022年に入ることになりそうです。すでにWRX S4のワールドプレミアはすんでいることから、あとは正式な発売を待つのみ。そこからだいたい1年後くらいの計算になるので、もしかしたら2022年の終盤あたりにSTIは登場するのではないかと考えられます。

WRXはインプレッサの高性能モデルであります、インプレッサWRXをルーツとしており、日本では2014年8月に発売されたモデル以降、完全に独立したモデルとしてラインナップされているのです。

超万能スポーツセダンといわれているほどで、セダン離れの激しい現代にあって、これほど売れるセダンもないくらいでしょう。と言いつつもその生産台数は少ないことから、すぐに完売してしまうところが残念ではあります。

スポーツリニアトロニックを搭載したWRX S4、そしてAWDスポーツセダンとして開発されたエンジン、超強化された6速MTでありスバルの最高峰モデルであるWRX STI。

楽しみです。

◆WRX STI 新型 価格予想はさっきも話したけど!?

上記でも記載した通りですが、過去登場したWRXシリーズはまぁいい値段のするクルマです。登場するたびに価格が上がってきていることから、2021年に登場するWRX S4、そしてWRX STIも従来型が新型で登場した価格よりもさらにアップして登場することは間違いません。

従来型の新型車を安く設定するということができるのはもはやトヨタくらいでしょう。

まず、WRX S4の価格については450万から550万円程度といわれており、これはかなりセダンにしては高めの設定ではありますね。スポーツセダンということと、スバルのWRXというブランドだからこそ、この値段になってしまうのかと考えられます。

WRX STIについてはその価格おりもだいたい100万円前後高くなってくることから、過去Sシリーズで登場した際には500万円から700万円と出すにつれてアップしていっていました。

限定モデルということもあったかもしれませんが、例えば、2017年10月26日登場/S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon TrunkLip/689万円というもクルマもあるくらいで、そうなると、限定パッケージのクルマは700万円を下らない価格になるのではないかと心配してしまいます。

たぶん、限定モデルはそれくらいになるでしょうから、限定モデルではないSTIを購入するのがまだお買い得となるかもしれません。

それでも高いので、一般人にはもう手がでない価格にはなりますよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク