ステップワゴン フルモデルチェンジを大胆予想!4WD搭載でユーザーも熱狂する。

次期型ステップワゴンの登場がそろそろ解禁になりそうです。2022年は各自動車メーカー黄金期になりそうな予感です。2021年の12月からトヨタは生産ラインを通常化させるということを発表しています。トヨタからそのような発表がなされているということは、他の自動車メーカーも追随することになるでしょう。ホンダ、日産、スバルなど各自動車メーカーも2022年に標準を合わせて新型車を登場させる予定です。

スポンサーリンク

◆ステップワゴン フルモデルチェンジ予想

2022年は各自動車メーカー黄金期になりそうな予感です。2021年の12月からトヨタは生産ラインを通常化させるということを発表しています。トヨタからそのような発表がなされているということは、他の自動車メーカーも追随することになるでしょう。ホンダ、日産、スバルなど各自動車メーカーも2022年に標準を合わせて新型車を登場させる予定です。

ホンダからも2022年に登場する新型車は多数あるといいます。その中の1つにステップワゴンがあるのですが、トヨタから次期ノアが登場する2022年初頭に対抗するために、次期型のステップワゴンはどのような仕上がりになるのか気になって仕方ありません。

・2022年にフルモデルチェンジするステップワゴン

すでに現行型のステップワゴンの受注はストップしている状態です。その理由としては、ステップワゴンを生産しているホンダの狭山向上を閉鎖し、寄居向上へと移行するようになっています。タイミングもありますが、大きく刷新して登場するといわれています。

2022年に登場する新型ノアの情報からするに、相当な改良がなされていると考えられます。その強烈なライバルに対抗するためにステップワゴンはどのような改良がおこなわれるのでしょうか。

さきほどもお話した通り、ホンダの狭山向上が閉鎖するため、オデッセイが生産を終了することになったりするのですが、実はステップワゴンについては、受注は停止するとしていても、廃止の方向ではないみたいです。引き続きほかの工場で生産されるということになりそうです。

すでに開発が進んでいるといわれているステップワゴンですが、その登場は2015年にさかのぼります。現行モデルとしては4代目になり、フルモデルチェンジのタイミングで5代目へと改良されていきます。2015年に登場したステップワゴンですが、モデルサイクルを6から7年としているため、2021年もしくは2022年にフルモデルチェンジすると考えられているのです。

ホンダのミニバンとしてはコンパクトミニバンのフリードが好調なのですが、フリードよりも少し大きめのミニバンといえば、ステップワゴンしかありません。すでにオデッセイが生産終了としているため、ミディアムクラスのミニバンはこのステップワゴンをしっかりと売り込む必要があります。そのための開発が今まさに行われているのです。

・搭載されるパワートレイン

次期型のステップワゴンは、現行型の1.5リッターVTECターボエンジンと2リッターのe:HEVハイブリッド車がラインナップされるといわれています。このe:HEVといわれているハイブリッドシステムはいわゆるシリーズハイブリッドとして、フィットやフリードにも搭載されているのです。

実はハイブリッドは3つに分けられています。1つはシリーズ式、2つ目にパラレル式、3つ目にスプリット式となります。

シリーズ式ハイブリッドはエンジンで発電した電力をバッテリーに蓄積し、その電力でモーターを駆動してクルマを動かす仕組みとなっています。エンジンはバッテリーへの蓄電のみに使われ、完全にモーターのみの駆動となるため、加速感や乗り味はいわゆるピュアEV(電気自動車)と変わらないといわれています。このシリーズ式ハイブリッドに、日産のノート、キックスなどのe-POWERが該当します。

パラレル式は、走行時はエンジンが主体となり、モーターはサポートに徹する仕組みです。エンジンに負荷がかかる発進、加速時にモーターを駆動させることによって、燃料の消費を抑えることができます。システムの重量が軽くなっており、コストも低く抑えることができるこのパラレル方式には、スバルのXV e-BOXER、ホンダのハイブリッドi-DCDが該当するといいます。

スプリット方式は走行状態によって、エンジンとモーターを適切に使い分けることから、シリーズ、パラレル方式とも呼ばれています。このスプリット方式はトヨタのプリウスに採用されて以降、今最も採用されているハイブリッドシステムということになります。

以上の3つ以外にもマイルドハイブリッド車との違いはどうなのか?といわれていますが、マイルドハイブリッドは軽自動車などに多く搭載されているのは周知の事実ではないでしょうか。シリーズ式、パラレル式、スプリット式とは明確な違いがあり、マイルドハイブリッドはモーター機能を持つ発電機で、エンジンの始動や発進をサポートし、燃費の向上を目的としたシステムとなります。

構成部品が少ないために、軽自動車をはじめとしたコンパクトカーに採用されることが多いのですが、モーターのみで走行は不可能となります。

マイルドハイブリッドのほかに、ストロングハイブリッドと呼ばれるものもあります。いわゆるシリーズ式、パラレル式、スプリット式と同等と考えてよいかと思います。大容量のバッテリーと高電圧、高出力のモーターでパワフルに駆動し、低速時にモーターのみで走行が可能というものです。

・ステップワゴンに搭載されるe:HEV技術

2モーターハイブリッドシステムであるe:HEVは、高い環境性能と走りの楽しさを実現したハイブリッドシステムで、パワフルな走りと環境性能を両立するために、駆動用と発電用の2つのモーターを搭載しています。さらに高い効率のエンジンを組み合わせることで、状況に応じてそれぞれを自由に動かせる構造としています。

発進を含む低速走行から高速走行までの全域において、モーターがタイヤに直接駆動力を伝えるレスポンスに優れた走りを基本としており、バッテリーの充電状況などに応じて、高速クルージング時には、エンジンがタイヤを直接駆動するモードに切り換えることもあります。この2つのモーターとエンジンを独立して動かせるという自由度の高いシステムによって、あらゆるシーンで高い効率を得た走りを実現してくれるというのです。

2モーターは走行用と発電用とに分けることができます。このシステムはモーターが主体となっており、従来型に対しては出力やトルクを向上させて、より小型化も実現されています。走行用モーターは高出力、高トルクを発揮して、発進直後から力強く、滑らかで、レスポンスのよい走りを実現してくれます。減速時には高い効率のエネルギー回生が行われます。

発電用のモーターはエンジン動力を受けて高効率な発電を行い、走行用モーターに電力を供給し、バッテリーへの充電も行ってくれる仕組みです。

・シンプルに作られた2モーター

駆動用モーターと発電用モーターの2つのモーターを備えた2モーターハイブリッドは、駆動用はモーターは、駆動軸と直結した構造となっており、減速時には回生を行います。その一方で発電用モーターは、エンジンと直結しており、その特徴としては、動力をミックスさせるための複雑な機構やトランスミッションが介在しない、シンプルなシステムに仕上がっています。

この仕組みによって、駆動時には複雑な機構を介したフリクションロスとは無縁の高効率でモーターの持ち味を生かしたスムーズな駆動を実現しています。エンジンを利用して発電する際も同様に、発電用モーターをダイレクトに駆動することでロスを最小限に抑えています。

スポンサーリンク

◆ステップワゴン フルモデルチェンジ情報は質感にある?

2021年に登場するといわれていたステップワゴンですが、コロナ禍における部品の供給が安定しないために、2022年に延期となってしまうといわれているステップワゴンですが、オデッセイの販売が終了しているために、上級嗜好のミニバンユーザーからの受け皿にもなります。今やホンダの看板商品となっているフリードとの差別化を図るためにも、質感の向上は新型のステップワゴンの本題ともいうところでしょう。

新型のステップワゴンの質感の向上については、ヴォクシーやセレナなどのライバル車と比べても、どうしても越えなければならないものとなります。そのために価格のアップについてはやむなしということにもなるでしょう。

上級モデルとなるオデッセイの受け皿となるために、次期型ステップワゴンは上級嗜好のユーザーも取り入れないといけないモデルになるために、新たなグレードの設定もっ期待されています。

現行のステップワゴンの売りはわくわくゲートと呼ばれるものです。これはリアゲートを立て開きと横開きのゲートなのですが、長尺物の積載性を良くしているのです。地味に人気です。

次期型のステップワゴンはこのわくわくゲートは廃止となり、通常に開閉するハッチゲートのみとし、リアデザインとしてはすっきると仕立てる案が有力になっているといいます。

いまのところ、ステップワゴンのハイブリッド車にはFFのみしか設定がなされていませんが、次期型ステップワゴンには4WD車の設定もラインナップとして登場するとも言われています。これをもってハイブリッド車の構成比を80%近くまで引き上げるということです。これはヴェゼルの構成比と同等の水準となります。

現行のステップワゴンについてはグレード、ボディカラーは限定されたものが販売されています。ということはすでに開発も最終段階に入っているとみることができるでしょう。しかもディーラーにある在庫のみの販売となってきているというのです。

例のごとく、オンラインでの発表となるのか、もしくは2022年は東京オートサロンのようなカーショーが復活するのか、見ものですが、ステップワゴンについては、すでに受注を停止しており、現行型の販売、納車を2022年1月くらいまでに済ませ、そしていよいよ、2022年の3月か4月あたりには次期型がお披露目されることになるのでしょうか。

最終段階へ入っているステップワゴンは、ライバルとなる日産のセレナ、そして次期型が登場するノアと互角に渡り合うことができるでしょうか。発表を待つばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク