シエンタ モデルチェンジの発売時期は?

n383

★シエンタ発売はズバリ、この夏、2015年6月?

トヨタの国内向け5ナンバーサイズの3列シートミニバン
「シエンタ」が2015年6月、ついにフルモデルチェンジしてのリリース予定だ。

 

2003年に初登場した「現行モデルのシエンタ」といえば、
丸目マスクに曲線基調のほんわかしたエクステリアデザインが特徴的。
DICEという角目仕様もあるものの、
フロントの顔付き以外は同じデザインとなっている。

 

発売以来、一時的に販売を休止したこともあったシエンタだが、
世間のコンパクトミニバンへの需要拡大から再販を開始し今に至っている。

 

途中、シエンタのライバル車として2008年にホンダから登場した
フリードにはハイブリッドモデルも用意されたため、
その人気をすくわれることになるが、
そんな良きライバルの好調っぷりを尻目に、
約10年以上ものあいだ、その基本構造を変えることも無く
販売され続けてきた、歴代トヨタ車の中でも実に珍しい、
息の長ーいモデルと言える。

 

そして、いよいよ時代の流れに乗り、
トヨタお得意の3列シート兄弟の末っ子クラスとして、
さらにアクアで鍛えたエンジンを用いたハイブリッドモデルを用意して、
この6月、フルモデルチェンジとして新に投入されると噂されているわけだ。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

★価格は200万円超え!

気になるハイブリッド シエンタの価格について推考してみよう。

 

現行シエンタ(ガソリンエンジン)の価格が約170万円なので、
ハイブリッド化と装備を考えると、200万円は超えてくるだろう。

 

比較対象となりそうなプリウスαの価格が250万円、
宿敵であるホンダ フリード ハイブリッドの価格が220万円なので、

 

新型シエンタのハイブリッドモデルの価格は220~240万円?ぐらいになると予想されている。

 

 

★発売時期 ライバルの時期

 

同じく3列シートのコンパクトミニバンとなる日産キューブや
ホンダフリードなどのモデルチェンジが控えている中、
先行して打って出る形となるシエンタ。
その時期的アドバンテージをどれだけ生かせるか、

2016年6月の登場に期待したい!

 

いよいよ、5ナンバー3列シート市場の熾烈な戦いの火ぶたが、

シエンタにより切って落とされようとしている!

 

>>>新型シエンタの関連記事はこちらから

>>>【申込23秒で完了】売りたい車はまず査定!かんたん車査定ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク