2015新型プリウス最新情報。次世代シャシー採用で40㎞/hを達成

n389

次期プリウスはクルマづくりの手法を見直して
開発されている次世代プラットフォームTNGA
(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)

の初採用車として2015年秋から冬にかけて登場します。

 

もしかすると、東京モーターショー直前での発表と
なることも!?

 

パワートレインにはTHS-Ⅱと呼ばれる新しいハイブリッド機構が
与えられて、よりシンプルな構造によってエンジンと
モーターの切り離しが可能になるようです。

 

エンジンには引き続き1.8L直4を採用。

 

搭載バッテリーはグレードによっても異なり、
リチウムイオンとニッケル水素の2タイプが用意されます。

もっとも、燃費のよい廉価&グレードはJC08モード測定値で
40㎞/hを突破。

 

外観には後下がりの流麗なシルエットが継承される一方で、

Aピラーは現行モデルよりも立てられて、モノフォルムからの
脱却が図られている感があります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

リアクォーターピラーはブラックアウトされて
スポーティな装いになり、

また、後方視界を改善すべく、2分割されている
バックウインドウが樹脂製の一体成型に変わるとの情報も。

 

インテリアではヘッドアップ・ディスプレイが用いられて
タッチパネル式スクリーンがインパネ中央に据えられるなど、

いっそう先進的なイメージがかもしだされます。

 

>>>新型プリウスの関連記事はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク