新型ステップワゴン 2015 社外秘がリーク?

n391

新型のステップワゴン。
発売が少し延期になるという噂もありますが、
着実に開発が進んでいることは間違いないようです。

>>>新型ステップワゴン最新情報!スクープ写真発見!開発は最終段階へ

 

すでに公用テストも行われています。

広い居住空間を確保するべく、
外観にはスクエア・フォルムが継承され、
広々感を訴求するウインドウ・グラフィックスも
受け継がれています。

 

フロントマスクにはフィットゆずりの
ソリッドウイング・マスクが与えられ、

キリっと引き締まった表情を創出します。

 

対するリアではコンビランプが2代目まで使われていた
縦長のピラー内臓タイプに戻され、

左右非対称のバックウインドウとともに
個性を発揮します。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

このウインドウが左側で下がっているのは
右方向に開く”わくわくゲート”
ハンドルが埋め込まれているから、ということで、

左側のクォーターウインドウも同様に下がっていて
流れるようなラインでつながっています。

 

なお、わくわくゲート非装着車も用意される、
ということですが、デザインについては共通なようです。

フロントノーズにはホンダが鋭意開発を進めてきた
ダウンサイジングターボが初めて搭載されます。

 

排気量は1.5L。

 

このノーズ部分をモジュール生産するという新しい
組立手法にもチャレンジしています。

 

次期ステップワゴンの予定発表次期は、
2015年春までずれ込んでいますが、

『年度末商戦にはなんとか間に合わせてほしい』と
ディーラー側からの強い要望で、

3月発売を死守することになっています。

 

>>>その他、新型ステップワゴンの関連記事はこちらへ!

 

 

こぼれ話。

社外秘の情報はステップワゴンに関してはまだ
出ていませんでした。

ダイハツのウェイクや、マツダCX3、
トヨタのアルファード/ヴェルファイアなどは

社員教育用の動画などが出回っていましたが、

ホンダは慎重にことを進めている感があります。

タカタのエアバッグ騒動があったためか、
これ以上、チョンボはできないんでしょうね。

>>>ステップワゴン モデルチェンジは2015年4月16日。

スポンサーリンク
スポンサーリンク