トヨタ新型オーリス 発売日が決定!4月6日に1.2Lターボ初搭載!

オーリスが初めてマイナーチェンジを受けます。
トヨタにとって2番目のダウンサイジングターボ8NR-FTS
搭載される点に注目です。

 

日本ではなかなか販売台数が伸びないオーリス。
2014年の販売台数は8900台ほどとなり、欧州でのライバル、
フォルクスワーゲンのゴルフの日本国内での販売台数の
3万台以上と比べると、約4分の1というところ。

 

そのオーリスが4月初旬にビッグマイナーチェンジを受けます。

エクステリアはライトやグリルの変更で、
かなりイケメンになります。

 

そして、新グレード120Tに8NR-FTSという型式の
直噴4気筒1.2Lターボエンジンを搭載することが
大きな話題です。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

8NR-FTSは1.2Lながら最大トルクは2L級の18.9kgmで
1500回転から4000かいてんまで最大トルクを発生し続けることが特徴。

 

組み合わされるのはDCTではなくCVTですが、
0~100㎞/h加速は10秒台半ばと結構早いです。

 

最高出力は116ps、最大トルク18.9kgmのスペックは、

最高出力105ps、最大トルク17.8kgm
1.2L TSIのフォルクスワーゲン、ゴルフと比べても

力強さでは負けていない印象です。

 

ただ気になるのは燃費で、

ゴルフは1.2LがJC08モード燃費で21.0㎞/Lに対して、
オーリスの120Tは19.4㎞/L

少し負けています。

 

装備ではトヨタセーフティセンスCという自動ブレーキや
オートマチックハイビーム、
レーンディパーチャーアラートが

セットになった予防安全パッケージが装着できることも魅力です。

 

従来からあった1.5L、1.8Lともにラインナップには残ります。

 

今回オーリスに採用される1.2Lターボエンジンは、
ヴィッツをはじめとしたトヨタのコンパクトモデル各車への
展開が期待されています。

 

新型オーリス スペック

全長:4330mm
全幅:1760mm
全高:1480mm
ホイールベース:2600mm
車重:1300kg
エンジン:直4DOHCターボ
排気量:1197㏄
最高出力:116ps/5200rpm
最大トルク:18.9kgm/4000rpm
ミッション:CVT
JC08モード燃費:19.4㎞/L
価格:220万円

 

>>>新型オーリスの関連記事はこちらから!

 

>>>新型オーリスを安く購入するためには?

スポンサーリンク
スポンサーリンク