ビート後継車はFF?いやいやMRですよ。S660来るぜ!?

ホンダが1991年にデビューさせたビートは、
間違いなく名車でした。

NAながら軽の自主規制いっぱいの64psを発生する
エンジンをミドに積み、

スズキのカプチーノ、
マツダのAZ-1と

ライバル関係を築いて、クルマ好きを大いに喜ばせたものです。

そのビートの後継モデルがついに、3月デビューするのです。

S660のボディサイズは

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1180mm

軽規格に収まるため、東京モーターショーに
出展されたコンセプトモデルに比べ、

フェンダーこそおとなしくなったものの、

ほぼコンセプトモデルそのままの雰囲気を維持しています。

 

長らく不明であった、ルーフについても、
ロータス エリーゼのように帆を左右から巻き取る方式に。

 

巻き取ったルーフはフロントのトランク部に
収納できるなど、ホンダらしい工夫が見て取れます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

本命はMT?

初代同様、ミドに積まれるエンジンは、
N-WGNに搭載されるものと同じ、

S07A直3ターボで、発生出力は64ps/10.6kgm。

 

そのエンジンに組み合わされるミッションは
6速MTとCVTを用意。

JC08モード燃費はCVTが24.2km/L、
MTが21.2㎞/L。

燃費でいえばCVTが有利ですが、

やっぱりこのクルマはMTで楽しんでこそ

 

ストロークが短く小気味いいと評判のシフトを
コキコキ操作して楽しみたいですね。

 

S660のポイント

・モーターショーに出展されたコンセプトモデルの雰囲気を色濃く残した外観

・ルーフはマテリアルキャンバス

・エンジン出力は64ps/10.6kgm

・ミッションは6速MTとCVT

・JC08モード燃費はMT=21.2㎞/L、CVT=24.2㎞/L。

・660台が限定で先行発売。

 

>>>ホンダ S660の関連記事はこちらから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク