新型cx5 カスタムなしでもイケるぜ!?

デビューからわずか10か月で
早くも商品改良、

1年半ほどでエンジンバリエーション
を追加、安全装備のさらなる充実、

ダンバーの仕様変更まで
行われたCX-5”進化の速さ”
異例中の異例ともいえるほど。

さらにそれから、
1年ちょっとで3度目の進化を
果たしたというから、驚きを隠せません。

 

そうした素早い商品強化の背景に
なるのが、

中間商品対策(IPM)と呼ばれる
マツダ流の品質向上プログラム。

それは、

モデルライフの途中で一般的に
行うリフレッシュのための変更ではなく、

急速に変化するユーザーの嗜好、
市場環境などのリニアに対応した

”ベスト”

を常に提供していきたいという
マツダの理想を支えるものに
他なりません。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

このプログラムにおいて、
新車開発時からの現場体制は
基本的に維持されます。

新型CX-5に様々な想いを
込めた開発者たちが、

そこに盛り込んでできた価値をさらに
高めるために育てていく過程で、

ユーザーとの絆を深めていく。

それもまた

マツダが理想とするモノづくりの
大切なカタチなんでしょうね。

だからこそ今回のCX-5の
上級SUVとしての存在感をより強く
表現するための新意匠のグリルは、

わかりやすい変化のポイント
であったと思います。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

国産車としては初のLEDアレイ方式
の防眩ハイビームを備えた
ALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)

は上質感をさりげなく、
ければ一気に高めるだけではなく、

実用的な安全・快適性能まで
大幅に引き上げているのです。

ただのファッションとして
センスアップをするのではない、

先進性、機能性そのものの
アップグレードが徹底されている、
と言えるでしょう。

>>>新型CX-5の関連記事はこちらへ!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク