ホンダS660最新情報。3月27日にカタログ、30日に発表。

n37

ホンダS660が今月の末には発表、
という中で、

それに伴い、カタログは27日に
ディーラーにやってきます。

ネット上でもS660の発表が近づいている、

ということで、かなり賑わってきていますね。

S660のグレードは3つのタイプがあり、

・限定車
・α(アルファ)
・β(ベータ)

で、それぞれ専用の装備がついてきます。

ベースとなるのはβ(ベータ)で、

・F 15インチアルミ
・R 16インチアルミ
・LEDヘッドライト
・オートエアコン
・プッシュスタート&スマートキー
・2スピーカー
・サイドエアバッグ

 

次のグレードα(アルファ)には、

・本革シート
・本革ステアリング
・本革シフト
・アルミペダル
・クルーズコントロール
・内装加飾

が追加で標準装備がついてきます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

・限定車

限定車については、660台という
枠の中で、先日争奪戦が行われましたが、

手にする人が少ないため、
あまり現実的ではないですが、
仕様イメージを記載します。

 

s660 特別仕様車

・レッドルーフトップ
・ショーカーカラー、ドアミラー
・特別仕様アシンメトリーシート、ステアリング本革、シフトノブ
・特別仕様シリアルNOプレート
・専用FOBキー

 

限定車で一番ポイントになるのは、

上記の『特別仕様シリアルNOプレート』

シリアルNOが入る、入らないで
S660の価値が大きく変わると思います。

個人的に、
限定車は乗らずに、家に飾っておく、
くらいがいいかもしれません。

価格帯は、

β(ベータ)が198~210万、

α(アルファ)が220~230万、

限定車が240万~250万、

という設定になります。

 

初期設定で、
センターディスプレイとCTBAを
装備するかしないかで、

金額が変わってきますので、
価格に幅ができています。

S660のスペックなのですが、

最大トルク10.4kgm/2600rpm、

コペンが9.4kg/3200rpm

ですから、

走りについては、
S660の方が良いという印象を
受けますね。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

 

さらに、

S660の地上高は約12㎝。

コペンが11㎝なので、

ちょこっとだけ高め。

 

12㎝でも結構低いですけどね。

 

皆さんお待ちかねのカタログは

3月27日にディーラーへやってくる
ということです。

密かに行われていたS660のアクション。

発表、発売当日には、
なにかしら問題が起こりそうですね。

 

S660の関連記事はこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク