ヴィッツフルモデルチェンジはいつ?

n504

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

ちょっと気になる・・・
ヴィッツのフルモデルチェンジ
いつになるのか?

2014年4月にヴィッツは
ビッグマイナーチェンジを受けました。

まずは、キーンルックと呼ばれる
新しいフロントマスクが
与えられ、

非常にアグレッシブな雰囲気に。

また、

1.3Lエンジンに大幅な燃費改善を
図った1NR-FKE型を搭載したことが

大きなポイントになっていますよね。

特にこの新型のエンジンは、

ハイブリッドカーに
搭載される

アトキンソンサイクルの採用など
により、

熱効率を格段に高めています。

パワーがあまり出ないという
弱点があるものの、

99ps/12.3kgmと、

1.3Lクラスとしては標準的な
動力性能を確保しつつ、

燃費性能は
従来モデルを3.2㎞/L上回る、

25.0㎞/Lを達成しています。

この大幅な改良を受けて、

現行型ヴィッツは
ライバルのフィットなどを
追撃する態勢となっているのです。

しかしながら、

フィットは

2015年秋にも新開発の

1Lターボを搭載し、

一段上の性能を目指すことになります。

ホンダ新型フィットにダウンサイジング1.0Lターボ登場か?

となれば、次期ヴィッツも
ライバルたちに負けない内容が
求められてきますよね。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ただし、

2014年に大きく改良したばかりのヴィッツ。

ニューモデルの登場は、

当初見込んでいた2015年秋から
少しずれて、

2017年以降になりそうです。

内容としては、

現行ラインアップする、

1.0L、1.3L、1.5Lの

3種類のエンジンが整理され、

1Lターボを主力としたものになる、
という可能性があります。

そろそろ出てくる予定の
オーリス1.2Lターボのデキしだい?

というところでしょうか?

次期ヴィッツ スペック予想

全長:3890mm
全幅:1695mm
全高:1495mm
ホイールベース:2500mm
車重:1350kg
エンジン:直3、1L+ターボ
最高出力:105ps
最大トルク:16.0kgm
ミッション:CVT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:27.0㎞/L
価格:160万円~
発売時期 :2017年 春ごろ?

 

各メーカーの新車情報はこちらから。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク