シエンタ モデルチェンジ 最新情報。アクアベースの3列シート。

n509

≪スポンサーリンク≫


シエンタは、2003年に
デビューしたトヨタの最小サイズの
3列シート7人乗りミニバンです。

一度もモデルチェンジしないまま
2010年に生産が終了となり、

翌年にマイナーチェンジというかたち
で復活するという数奇な運命を
持っているクルマ。

そのシエンタが6月、販売不振の
乗用タイプミニバンの
ウィッシュ、アイシスと
統合して新たに生まれ変わります。

コンパクトなボディに両側
スライドドアを備え、

ファミリー層の根強い人気に
支えられていただけに、

そのコンセプトはしっかりと踏襲。

最近のトレンドである
ハイブリッドを設定して新たな需要
の掘り起しを目指します。

 

スタイリングも自慢!?

ベースとなるのはアクア。

プラットフォームや
ハイブリッドユニットを流用します。

もちろん、

3列シートに合わせて全長を
アクアより205mm延ばして
4200mm、

同じくホイールベースは150mm
延ばして2700mmとして、

居住性を確保します。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ハイブリッドユニットは、
アクアで定評のある
1.5L+モーターのシステム。

当然ながら重量が重くなるので、
アクアの燃費37.0㎞/Lには
及ばないものの、

30.0㎞/Lは超えてくるはず・・・?

ライバルとなるフリードハイブリッドが、

次期モデルで燃費を大きく
向上させてくることが予想
されるだけに

トヨタも意地を見せたいところ。

新型車のスタイリングにも
注目で、

アクアを前後に延ばしたように
見えるのですが、

流れるような面構成で質感が
高くなっています。

 

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

 

バンパーとフェンダーの間の
モールがアクセントになって、

なかなかおしゃれなデザインに
なっています。

1.5Lのガソリン車も設定され、

アイドリングストップがついて、
こちらも25.0㎞/L超えと
好燃費になりそうです。

[icon image=”finger1-b”] ポイント!

・ウィッシュ、アイシスと統合したハイブリッドミニバン

・アクアのプラットフォーム、HVシステム車の設定

・女性ドライバーを意識した運転のしやすさと両側スライドドア採用

・スタイリッシュなデザイン

・全長4.2mに延長し居住性アップ

 

シエンタ後継HV スペック予想

全長:4200mm
全幅:1695mm
全高:1620mm
ホイールベース:2700mm
車重:1300kg
パワーユニット:直4、1.5L+モーター
システム出力:100ps
ミッション:CVT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:32.0㎞/L
価格:220万円~

発売時期:2015年6月!

 

トヨタ新型アクアミニバン≒シエンタ ? モデルチェンジ 2015に登場。画像も。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク